谷査恵子総理夫人付、イタリアに赴任することが決定か!異例の優遇措置に「一人で全ての責任をかぶったご褒美」との見立ても!

Pocket

どんなにゅーす?

昭恵夫人の代理人として森友学園・籠池氏と国有地の割引に関するやり取りを行なった谷査恵子総理夫人付が、イタリアの政府系機関に赴任することが決まったという。

・非キャリアの谷氏の今回の待遇は「キャリア並みの異例の厚遇」とされており、昭恵夫人の”身代わり”となって口利きの責任を追ったことに対するご褒美と、今後余計なことをしゃべないようにするための「口封じ」の狙いがあると見られているいう。

スポンサーリンク

昭恵夫人付の谷査恵子氏 異例“海外栄転”に安倍政権の思惑

財務省への“口利き”ファクスを「総理夫人付」という立場で籠池泰典前理事長サイドに送り、一躍「森友学園問題」のキーパーソンに浮上した谷査恵子氏。安倍官邸の怒りを買い、「アフリカへ左遷」なんて噂も飛び交った。ところが実際は、欧州への異例の“栄転”が決まったという。

~省略~

「谷さんの異動先は、経済産業省が所管する独立行政法人『ジェトロ』のミラノ事務所か、ローマに事務所を開設したばかりの観光庁所管の『JNTO』でしょう。在イタリア日本大使館の可能性もあります」(霞が関関係者)

~省略~

谷氏のイタリア異動について「キャリア並みの厚遇と言えます」と指摘するのは、公務員制度に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏だ。

~省略~

谷氏の「栄転」は、口利きの責任を一人でかぶった「ご褒美」なのは明らかだ。安倍政権にとって、谷さんのイタリア赴任は、メディアの取材攻勢をかわすことと、優遇することで将来にわたって「造反」しないようにする2つの狙いがあるのだろう。

経産省に問い合わせたが、「管理職以外の職員の情報はオープンにしていない」とのことだった。

【日刊ゲンダイ 2017.4.14.】

スポンサーリンク

 

報復のリスクのある「左遷」ではなく、「買収(口封じ)作戦」で谷氏に異例の厚遇でイタリア赴任を命じた模様

出典:IWJ

一時期アフリカや南米などに左遷されるとの噂が広がっていた谷さんですが、どうやら真逆の「異例の厚遇」が決まったようです。

全ての責任をなすりつけた上に、海の向こうの遠い国に「左遷」となると、これは谷氏による報復のリスクがますます高まることに繋がり、籠池氏と並んで安倍政権にとってやっかいな存在になっていく可能性があるからね。

こうするよりも、今も沈黙を守って大人しくしてくれていることに対する「ご褒美」として、徹底的に美味しいポジションを用意させてあげるほうが、安倍政権にとっても得であると判断したのだろう。

しかも、海の向こうの遠く離れた国に飛んでくれることで、国内メディアが谷氏に取材することも難しくなってしまうからね。
毎度ながら、安倍政権はその場その場で思いつく悪知恵だけは超一流だといえるだろう。

そうですね…。
これでは、ますます森友学園の真相究明が困難になっていってしまう可能性が高そうです。

そうだね。うちも森友関係の記事にたくさんのアクセスがあったんだけど、ここ数日で急激に人が来なくなってしまっているよ…

それだけ世間の関心も急激に冷めてきているんだろうし、結果として、安倍政権の狙い通りの展開になってきているといえるだろう。
うーむ。加計学園の巨大疑獄も一向にメディアが伝える気配がないし、どうにかしていかないといけないな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket