【庶民いじめ】社会保障費の自然増必要額6400億円から1400億円を削減する方針!

Pocket

海外ばら撒きや公務員の給与アップはどんどん行なう一方で、庶民には容赦しない安倍政権

スポンサーリンク

<厚労省概算要求>社会保障上限超す 1400億円削減必要

厚生労働省の2017年度予算の概算要求は、過去最大規模の31兆1217億円と、30兆円台の要求は5年連続となった。高齢化が進むことによる社会保障費の自然増は6400億円と見込むが、財務省からは最終的な増加額を5000億円程度に抑えることが求められている。今後の予算編成での調整に注目が集まる。

~省略~

「目安ではなく実質的な上限だ」(与党厚労族議員)との指摘もあり、単純に割り算すると、各年度5000億円ずつに抑える必要がある。財務省が減額を求める根拠になっている。昨年の概算要求では約6700億円だった自然増の見込みが、最終的に4997億円に絞り込まれた。医療の公定価格である診療報酬改定率が、年末の塩崎恭久厚労相と麻生太郎財務相の交渉で、マイナス1・03%で決着したことが大きく寄与した結果だ。

来年度予算では診療報酬改定など大きな制度改正がない。「目安」を超える1400億円を、どのように削減するのか。現在、社会保障審議会で介護保険法改正に向けた議論が進む。買い物などの生活援助サービスを保険対象から外すことや収入が高い大企業のサラリーマンなどの保険料負担を増やす「総報酬割り」の導入など、介護サービス抑制や負担増などで財源を捻出する可能性もある。

ただし、厚労省幹部は「削減できなかった額が18年度に持ち越されることも想定している」と話す。その場合、18年度に予定されている診療報酬と介護報酬の同時改定や生活保護法改正などで、報酬切り下げや生活保護基準の見直しが選択肢として浮上し、いずれも国民へのしわ寄せが不可避となる。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞)2016.9.4.】

管理人この記事によると、財務省が厚労省に対し、高齢化に伴う社会補償費の必要額の自然増加をどうにか抑えるように強く要求しているようで、2017年度の予算においても1400億円もの社会保障費の削減を行なう方針になっているようだ。

この削減額にも結構驚かされるけど、これを見る限り、いよいよ安倍政権の”国民いじめ”が本格化していくことになりそうだ。

あおいちゃんキレ1ssaはあ!?なんなのこれは!
だって、安倍総理はあんなに海外には大盤振る舞いをして散々ばら撒きまくっているし、おまけに国家公務員の給料もアップさせることを決めてるっていうじゃない。

それなのに、ここまで国民が頼りにしている社会保障費をこんなに容赦なく削るって、いくらなんでもあんまりなんじゃないの!?

管理人そもそも消費税を8%に上げた時も、「増税分は全額社会保障に使われます」って宣言してたはずなんだけど、これも実際には正しくなかったみたいだね。
増税しても、海外ばら撒きや公務員の賃金アップなどなど、どんどんと別のところにお金を使っちゃうから、これじゃあ、いつまでたっても社会保障に回すお金がないのは当然だよね。

消費税増税分は「全額社会保障に回す」というのはウソ

社会保障充実は1割のみ

5%から8%に引き上げられた消費税の増収分約5兆円は全額、社会保障の財源にする。だが、社会保障の充実に使えるのは1割にとどまる。大半は赤字の穴埋めなどに消え、施策の新たな充実に振り向ける余地は少ない。

【産経新聞2014.4.1.】

スポンサーリンク

少子高齢化対策を真剣に行なってこなかった”ツケ”がこの先いよいよ襲い掛かってくる

あおいちゃんかなり困りssaだって、年金にしても、若い人が減っている上に、仕事が不安定でお金がない人が増えているから、年金保険料をアップしたとしても、賃金が上がらない限りは年金が払えない人がますます増えていくってことよね。

その一方でお年寄りはどんどん増えていくはずだから…こうやって考えると、この先いよいよとんでもないことになっていく予感がしちゃうんだけど…。

管理人あおいちゃんの言うとおりだな。
しかも、生活保護を受ける人も過去最高を更新し続けているので、若者が大きく増えて、なおかつ賃金が大きく増えない限りは、ますます社会保障費はこの先圧倒的に不足していくはずだ。

つまり、海外ばら撒きとか、公務員給与アップとかにお金を使っている余裕なんて全くなく、国民全体の賃金アップと少子高齢化対策に全精力を傾けないと、社会保障制度はこの先完全に破綻してしまう可能性が高いということだろう。

まさに、これらの対策を怠ってきたツケがいよいよ本格的に回ってくるということであり、どうにか抜本的に対策を行なわない限り、国民全体が「超・貧乏化まっしぐら」ということになると、ボクは見ている。

ネットを見る限り、現在年金を受け取ったり、生活保護を受けている高齢者を「邪魔なもの」として叩いたり、「自分で努力しないで稼いでいないヤツが悪い」みたいな論調を作り出して、なんとか安倍政権に国民の怒りの矛先が向かわないように操作しているみたいだけど…

こんな調子じゃ、いよいよどうにもならなくなってきたその時には、高齢者の「尊厳死」やら、しまいには「安楽死」なんて話も出てきそうで、ちょっと怖い気もしているよ。
(すでに、自民支持者らしきネットユーザーが尊厳死を主張しているのは見かけたぞ。)

うわぁ・・・どっちにしても、この先、少子高齢化と社会保障の大幅削減で、とんでもない事態が起こっていく可能性が高いってことね。
確かに安倍政権なら、自分たちの失政を隠すために手段を選ばなさそうな予感もするわ。

こういうニュースを見ても、いかに安倍政権が血が通っていない非情な思想を持っているかがよく分かるわね。

管理人しかしまあ、野党もご覧のような状態だけど、これで安倍政権の支持率60%超えというんだから、かなわんなあ…。

とにかく、ネット上は別の件でかなり盛り上がっているみたいだけど、もっとこういう問題を真剣に考えて、安倍政権に対するけん制と批判を強めていった方がいいと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA