【一体何が】杉並区清水の住宅の床下から、粘着テープを巻かれ腐敗した女性の遺体!殺人事件の疑いで捜査へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月9日の午後2時ごろ、東京都杉並区清水の住宅の台所の床下から、手足や顔などに粘着テープが巻かれた女性の遺体が見つかった。

・遺体は死後3ヶ月ほど経過していると見られており、発見時には腐敗が進んでいたという。

・この家の住人である上田美恵子さん(62)と1月3日から連絡が取れなくなっており、翌2月に親族から行方不明届けが出されていたという。

スポンサーリンク

台所床下から遺体、顔や手足には粘着テープ

警視庁によると、9日午後2時半頃、杉並区清水の住宅の台所の床下から女性とみられる遺体が見つかった。遺体の顔と手足は粘着テープが巻かれていて、左胸には刺し傷があり、死後3か月ほど経過しているとみられるという。また、玄関や窓には鍵がかかっていたという。

この家の持ち主の上田美恵子さんと1月3日以降、連絡がつかなくなっていて、訪ねてきた親族が9日に遺体を発見したという。

警視庁は、遺体は上田さんとみて身元の確認を急ぐとともに、殺人事件の可能性が高いとみて捜査している。

【日テレNEWS24 2017.4.9.】

スポンサーリンク

 

ま、まさか、親族の人によって行方不明届けを出されていた女性が、彼女の自宅の床下から遺体で見つかるなんて…!

しかも、手足や顔に粘着テープを巻かれていた上に胸を刺された傷があったなんて、かなり残忍な事件に巻き込まれたとしか思えないわっ…。

その全ての状況がかなり衝撃的で、「この女性の身に一体何があったのか!?」と色々と考えてしまうね。

今後、警察がこの遺体の正確な身元と、行方不明中の上田さんの交友関係やトラブルの有無を調べていくことになるかと思うけど…現在出ている情報を見ただけでも、残虐な犯人の元に上田さんが殺害され、犯人がその遺体を床下に隠したと見るのが良さそうな感じだ。

今も現場の住宅街は多くの警察やマスコミ関係者が押しかけて騒然としているみたいだけど…ひとまず今後の続報を待つこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket