蓮舫議員の騒動がネット上で大騒ぎしすぎな件!産経新聞がネット民を主導!世間にはもっと叩くべきことがある!

Pocket

仮に台湾籍が残っていたとしても、法的には問題ない

スポンサーリンク

管理人巷では、蓮舫議員の「国籍」に関する騒動が大盛り上がりになっている
それを受けて、このサイトでもこのニュースを伝えてきたけど、この一連の騒ぎの中に、様々な違和感を感じることもあるのも確かだ。

(ちなみに、台湾は複雑な経緯を持っており、形としては独立した国に近いけど、形式上、日本は”中国の一部分”と見なしており、国家として承認していないよって”二重国籍”という言い方は、厳密に言うと正しくないし、日本で原則禁止されている二重国籍には当たらない見解が圧倒的に優勢であることを付け加えておこうと思う。)

よって、もう一度伝えておくと、もし仮に台湾籍が残っていたとしても、違法なことは何もなく、国会議員を続けていくことも問題ないだろう。
コメントを聞く限り、本人は台湾籍を放棄したと思っていたみたいだし、よって改めて放棄の手続きをしたのなら、それでこの件はおしまいのはずだ。

(ただし、ネット上でかつて本人が「台湾籍」と言っているようなものが出ていて「そもそも台湾籍しかないんじゃないか?」なんていう声も出始めているので(^^;…この雑誌の内容を精査し、また、本人がこれについて説明をすることはしておいた方がいいかもしれない。)

「国籍」や「血」というのは、本人にしか分からない様々な感情や、複雑な問題を含む。
ただ、蓮舫氏は母親が日本人かつ、彼女も日本生まれの日本育ちの時点で、すでに外国人ではないだろう。

ボクは、日本の国民に向けた政治さえしっかりとやってくれれば、血なんて関係ないと思っているし、アーサー・ビナード氏のように、日本を心から愛してくれるのなら、外国人でもいいとすら思っている。(国会議員は日本国籍を持った人間しかなれないので、外国人の場合は帰化の手続きが必要。)

どちらにしても、ネットの一部の人々は「蓮舫氏がウソをついた!」と鬼の首をとったように大騒ぎしているけど、ボクは、安倍総理や自民党議員のウソの方がよほど酷いものだと思っている
「TPP断固反対」とか、「消費税延期は絶対にしない」とか、「アンダーコントロール」などなど…)

蓮舫氏を「嘘つき」と叩きまくっているのなら、同じように安倍総理や自民党のウソも同じように叩くべきだし、むしろそっちこそ徹底的に批判するべきだとボクは思うよ。

りのちゃん困り2ssaつまりは…これは鳥越さんの時と同じように、蓮舫氏を何とか代表にさせないように、強烈なネガティブキャンペーンが行なわれているってことですね…。

管理人アルバイトや、自民党に忠誠を誓っている「真面目」なネット工作員を総動員してね。
さらに言うと、この件は結構前に一部の人間が握っていて、タイミングを見計らって温めていたものなのかもしれないな。

都知事選の展開を思い起こすと、これがきっかけで前原氏などが代表になってしまうケースもありそうで、ちょっと嫌な予感もするんだけどね…。
総合して考えると、やはり、あの中では(ベストとは思えないけど)蓮舫氏が一番マシだとボクは思うよ。

どちらにしても、(稲田氏筆頭の安倍政権の閣僚の白紙領収書の件とか、加藤大臣の件とか、山本大臣の件とか)世の中にはよほど、もっと意識を向けるべきものがあるってことをみんなも忘れずにいて欲しいと思うよ。

りのちゃん困り3ssa本当にそうですよね。
さらなる「燃料」が投下されてしまったことで、どのように決着するのかまだ分かりませんが…あまり神経質にならずに俯瞰的に騒動を見守っておこうと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

4 Comments on 蓮舫議員の騒動がネット上で大騒ぎしすぎな件!産経新聞がネット民を主導!世間にはもっと叩くべきことがある!

  1. ネット上で、台湾国籍を選択したといっていたという証拠は、蓮舫さんも認めている。

    また台湾国籍法によると、
    ①父が外国人であって、その父が認知した者
    ②父がしれないか又は認知しない者であって、母が外国人であるもの
    ③外国人の配偶者である者
    ④外国人の養子である者
    ⑤満20以上であって、中華民国法によって能力を有し、自ら外国国籍の取得を申請する者
    と記載されている。
    「考察」
    ①②に関しては父親が台湾人であり、認知している為適応されない。
    ③結婚したのはもっと後なので適応されない
    ④実子であるため適応されない。
    ⑤に関しては当時18歳(17歳)で、適応されない。
    従って、台湾国籍を有していると考えられる。
    しかし、台湾は独立国と日本は認めていないため二重国籍でないといえる。
    その解釈で行く場合中国籍を持っているという事になるのでそれを放棄していないと二重国籍になる。

    少なくとも、供述は二転三転しており、政治家としての責任が問われる案件であろう。

  2. 捕捉
    台湾は独立国ではない→台湾は中国のもの→中国籍保有という事。
    なので、もし台湾は独立国であるため、台湾の国籍を持っていても構わないとは言えない。
    中国籍放棄の手続きをとっていなきゃいけないわけだ。しかし、台湾の国籍を放棄する手続きをすらとっていない蓮舫氏は、中国籍を放棄する手続きをとっているのだろうか。

    日本でいうと、沖縄県で生まれたら日本の国籍有するでしょ?そういう事です。

  3. 今回の問題を許すという事は、民進党側は今後
    違法ではないが不適切に関することに意見を述べられなくなってしまいます。
    説得力がなくなる。私の家は代々民進党(旧民主党)を支持する方が多いのですが、
    議員辞職しない場合、自民党に乗り換えることを想定しています。
    http://mainichi.jp/articles/20160913/k00/00e/010/229000c
    <民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、「台湾籍が残っていた」と明らかにして謝罪した。>

    • 達也さま

      こちらの記事http://yuruneto.com/haiguusya/同様に、別人になりすまして連投するのは迷惑行為の対象ですので、今後全てのコメントを非承認および自動削除の対象とさせていただきます。
      ご了承くださいませ。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA