稲田防衛相が辞任の意向を固める!陸自・岡部陸上幕僚長と防衛省・黒江事務次官も辞任へ!南スーダンの日報隠蔽問題で!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年7月27日、南スーダンの自衛隊日報が組織的に隠蔽された疑惑の責任を取って、陸上自衛隊の岡部陸上幕僚長と、防衛省の黒江事務次官が辞任する意向を固めたことが報道された。

・さらに、本日19時過ぎ、稲田防衛相本人も辞任の意向を示し、隠蔽問題に関与した三者が全て引責辞任する形となった。

スポンサーリンク

陸上幕僚長、引責辞任へ 南スーダンPKO日報問題

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊が作った日報をめぐる問題で、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長は引責辞任する意向を固め、稲田朋美防衛相に伝えた。複数の政府関係者が明らかにした。

政府関係者によると、岡部氏から「情報公開請求への対応や陸自内に日報の電子データが保管されていた問題の監督責任をとって辞職したい」と申し出があり、稲田氏も認める方向で、後任の調整に入った。

陸自の日報問題をめぐっては、防衛省は28日にも特別防衛監察の結果の公表とあわせ、関係者の処分も発表する方針。調査結果には岡部氏の関与も盛り込まれる見通し。一方、岡部氏は処分内容にかかわらず、稲田氏に辞任する意向を伝えている。

【朝日新聞 2017.7.27.】

PKO日報問題 防衛事務次官と陸上幕僚長が辞任へ

破棄したとしていた南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報が実際には保管されていた問題で、防衛省の黒江事務次官と陸上自衛隊トップの岡部陸上幕僚長がともに引責辞任することが分かりました。

日報の問題を巡っては、組織的な隠蔽があったかなどを調べる特別防衛監察の結果が28日にも公表されます。防衛省の事務方トップである黒江次官と陸上自衛隊トップの岡部陸上幕僚長はこの問題の責任を取って、ともに辞任する意向を固めました。

【テレ朝news 2017.7.27.】

稲田防衛相 辞任の意向固める

稲田防衛大臣は、破棄したとしていたPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題で、28日に特別防衛監察の結果が公表されることから、みずからも監督責任を取りたいとして、防衛大臣を辞任する意向を固めました。
南スーダンのPKO部隊の日報の公開をめぐり、防衛省は当初、陸上自衛隊が破棄したと説明していたものの、実際には電子データが保管されていたことが明らかになり、ことし3月から、大臣直轄の防衛監察本部が事実関係を解明するため特別防衛監察を進めています。

稲田防衛大臣は、陸上自衛隊が保管していた事実を公表しないことを了承していたと一部で報じられたのに対し、先の記者会見で、「隠蔽を了承したことも無ければ、陸上自衛隊に保管されているという報告を受けたことも無かった」と説明しています。

これに対し野党側は、稲田大臣が先の東京都議会議員選挙の応援演説で、「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と投票を呼びかけたことなどもあって、罷免を求めていました。

【NHK NEWS WEB 2017.7.27.】

スポンサーリンク


上記のように、南スーダンの日報隠蔽問題に対して、制服組と背広組の事務方トップの辞任が報道された後、稲田大臣本人も辞任する意向を固めたとの報道がたった今入ってきました!

上のように、ツイッターでも稲田大臣の罷免を強く求める書き込みで溢れ返っており、陸自・防衛省の事務方トップがそろって辞任した中で、さすがにもうこれ以上大臣の座に居続けるのは、さらなる支持率の大幅低下に繋がることを悟ったということだろう。

安倍政権は、来週終わりごろにも内閣改造を行なう予定で、実質、今辞めた所で大した意味はないような感じもするけど…ここに来てようやく観念したものの、ほんとに長く居座っていたね

今夜のニュース番組ではこの件がかなり報道されると思われるので、マスコミの報道内容についてもよく見ていくこととしよう。
NHKの森友スクープ以後、別件でかなり大きな動きが立て続けに出てきている印象。)

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket