オバマ大統領が広島訪問!オバマ大統領&安倍総理のスピーチ全文を振り返りつつ、その内側について考える

Pocket

引用:NHK NEWS WEB
スポンサーリンク

オバマ&安倍両氏のスピーチ全文はこちら

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」(ハフィントンポスト2016.5.27.)

71年前、とてもよく晴れた朝、空から死が降ってきて世界は変わりました。閃光が広がり、火の玉がこの町を破壊しました。これは人類が、自分自身を破壊する手段を手に入れたということを意味します。なぜ私たちはここにいるのでしょうか。なぜ広島に来たのでしょうか。

【以下全文はこちらから】

安倍首相の演説全文「日米が希望を生み出すともしびになる」(産経新聞2016.5.27.)

昨年、戦後70年の節目にあたり、私は米国を訪問し、米国の上下両院の合同会議において日本の内閣総理大臣としてスピーチを行いました。この戦争によって多くの米国の若者たちの夢が失われ、未来が失われました。その苛烈な歴史に改めて思いをいたし、先の戦争で倒れた米国の全ての人々の魂にとこしえの哀悼をささげました。

【以下全文はこちらから】

_1461695595.81599_970ssついに、以前から話題になりつつあったオバマ大統領の広島訪問が、この度実現したわけだ。

メディアは完全に横並びでこの出来事を特集で報道しているし、確かに、歴史的にみてみると、これはかなり大きな転換点となる出来事であることは間違いないかと思う。

りのちゃん驚きssaわたしもオバマ大統領の演説を少しみていましたけど、ここまで踏み込んだ言葉を話すとは思っていなかったです。
ニュアンス的に広島に対する謝罪と受け取れるような部分もありましたし…。

_1461695595.81599_970ss確かに、こんな言葉は今までのアメリカの大統領では一度も聞かれなかったし、そういう意味では大きな一歩といえると思うし、オバマ大統領のスピーチは一定の評価をしたいと思う。

一方、安倍総理のスピーチを見てみようと思うんだけど、こっちはちょっと気になる部分がいくつかある。
まず一つは、安倍さんはオバマさんと違って「日米同盟をより強固なものに…」とか、「かつて戦い合ったもの同士が深い信頼に結ばれた友となり…」みたいな、特に日米関係において、より深い絆を結んで忠実に尽くしていくことを宣言するような、そんなニュアンスのことを言っているようにボクには見える。

まあ、軽くそのような言葉を発するくらいにはいいかもしれないけれど、これがあまりにも話の中心になっていて、「アメリカとともに日本も心中します!」みたいな宣言のように聞こえたなあ。
これを機に、またさらに米国債を大量に買わされたり、(理不尽な)経済的支援を求められたりしないか、これがちょっと心配だね。

スポンサーリンク

センセーショナルなオバマの広島訪問によって、完全に尻すぼみになった沖縄米軍関係者の日本人女性殺人遺棄事件

_1461695595.81599_970ss・・・次に気になるのは、この出来事を機に、先の沖縄の米軍関係者による殺人遺棄事件が一気に尻すぼみになって、強引に片付けられてしまわないか…ということ。
大手メディアも、オバマ大統領の「懐の広さ」なんかを大々的に宣伝している様子だから、これで突発的にアメリカのイメージが国民の間で一気にアップすることで、先の沖縄の痛ましい事件が一気に国民の頭から抜けていく恐れがある。(もちろん、オバマ大統領もメディアもそうした狙いを持って宣伝・パフォーマンスしているはずだ。)
ここ最近、基地移設問題で日本政府からもないがしろにされ気味だった沖縄だけど、これでさらにほったらかしにされてしまう恐れがあるし、沖縄の人たちは、ある意味複雑な心境でこの出来事を見ているのではないかな?

りのちゃん困り3ssaわたしも、それはちょっと思っていました。
沖縄の「あの件」が、急速にメディアから消えて、在日米軍の基地問題や犯罪多発の問題なども一気に忘れられちゃうんじゃないかなあ…って。

_1461695595.81599_970ss・・・そして最後に、もう一つ気になる部分を記しておこう。
それはやはり安倍さんのスピーチのことなんだけど、安倍総理は今回のスピーチでこんなことを言っている。

核兵器のない世界を必ず実現する。その道のりがいかに長く、いかに困難な者であろうとも、絶え間なく努力を積み重ねていくことが今を生きる私たちの責任であります。

【産経新聞2016.5.27.】

一見とてもまともな考えのようにも見えるんだけど、安倍総理は実は過去に↓こんな発言をしているんだ。

安倍晋三「核兵器の使用は、違憲ではない。」
サンデー毎日2002年6月2日号:
「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね,憲法上は,小型であればですね」「戦術核を使うということは昭和35年(1960年)の岸(信介=故 人)総理答弁で『違憲ではない』という答弁がされています。それは違憲ではないのですが,日本人はちょっとそこを誤解しているんです」
~官房副長官安倍晋三」

【一輪の花】

こんな過去の発言を見る限り、安倍総理はバリバリの核肯定主義者で、さらには日本が核兵器を持つことさえ密かに目指しているようにも見える。
今はどう思っているのか知らないけど、こんな過去の発言と今回のスピーチは明らかに一致しないところがあるね。

りのちゃん怒りssaこ、これは…ビックリです!
確かに、これを見てしまうと、今回のスピーチが果たして本心からなのか、かなり気になってしまいますね。

_1461695595.81599_970ssまあオバマさんは大統領に就任した当初から核縮小や廃絶は言っていたから、まだ整合性はあるけど、ちょっと安倍総理のこのスピーチは、安易にその通りに受け取るのはボクには難しいなあ。果たして今も、こんな当時の考え方を継承しているのか、気になるね。

とにかく、表向きには大成功に終わったっぽいオバマ大統領の広島訪問だけど、ただ表向きな報道やパフォーマンスに囚われることなく、冷静に物事をみていくのが良さそうだ。

 

まとめ

_1461695595.81599_970ss前にも書いたけど、このような外交上の大きなパフォーマンスや出来事には、大抵「裏の目的や思惑」があったりするものだ。
ネット上でも手放しでこの出来事を喜んで、オバマ大統領を讃える声が大量に出てきているけど、こういう時こそ、一歩立ち止まって、見えない部分や見えづらい部分に目をやる必要があるとボクは思う。
(もちろん、この出来事自体はある程度の評価と歓迎をしつつも、それはそれ、これはこれという感じで、一定の距離を置く方がいいということ。)

これで安倍政権は、自らの手柄とばかりに宣伝を行なって、政権支持率も上昇していくと思うから、ここで一気に消費増税延期のパフォーマンスでガッチリ支持を固めた上で、選挙戦に突入していく算段でいることだろう。
マスメディアと並行して、ネット上でもオバマ&安倍賛辞の声を大量に流しまくって、安倍政権支持の世論が形成されていくことだろうから、我々一般国民はただそれに流されず、こうした世論形成の動きに注意をした方が良いかとボクは思う。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket