話題の著書「日本会議の研究」に東京地裁が出版指し止め命令!著者の菅野完氏「修正は1箇所、実際は8割方こっちの勝訴」

Pocket

どんなにゅーす?

・菅野完氏著のベストセラー「日本会議の研究」を、新興宗教「生長の家」の元幹部の男性が販売指し止めなどを求めて提訴していた問題で、2017年1月6日、東京地裁(関述之裁判長)が同著に販売指し止め命令を出した。

・関述之裁判長は著書の中の1箇所について、「裏付ける客観的な資料が存在しない」などとした上で修正を求めた上で、「修正しない限り販売をすることは認められない」などとコメントした。

・著者の菅野完氏は「修正を求められたのはたったの1行だけ」として、出版社の扶桑社とともに「ほぼこちらの主張が認められた」とし、「8割方こっちの勝訴である」ことを強調している。

スポンサーリンク

「日本会議の研究」販売差し止め 地裁が扶桑社に命令

憲法改正運動を進める「日本会議」の成り立ちなどを書いた書籍「日本会議の研究」(扶桑社)の記述で名誉を傷つけられたとして、宗教団体「生長の家」元幹部の男性が販売差し止めなどを求めた仮処分の申し立てで、東京地裁(関述之〈のぶゆき〉裁判長)は6日、同社に販売差し止めなどを命じる決定を出した。男性の代理人弁護士が明らかにした。

同書は菅野完(すがのたもつ)氏が取材・執筆し、昨年5月に出版。男性側は、男性が学生運動をしていた当時の活動などについて書かれた6カ所について、真実ではなく、男性の社会的評価を低下させた、と申し立てた。

【朝日新聞 2017.1.6.】

スポンサーリンク

修正を命じられたのは、この男性が「自殺者が出たというのに馬耳東風だった」という箇所の1行とのこと

1

出典:Amazon

せなちゃん素ssaa去年発売されて以降、特にネット上で話題になっていた「日本会議の研究」に関する裁判だけど、東京地裁が出版指し止め命令を出したことが話題になっているわ。

この関述之裁判長の判決は結構強烈だけど、その一方で、この本が問題とされた箇所があまりに些細だったことも話題を呼んでいるみたいね。

管理人毎日新聞の報道によると、修正を命じられたのは第6章の1箇所で、生長の家の男性が過去に宗教活動をしていた過程で、この男性が「自殺者が出たというのに馬耳東風(人の意見を真剣に聞かず、そのまま聞き流すこと)だった」という部分だったらしいね。

 決定によると、同書は宗教法人が1970年代に青年会機関誌の部数を拡大する運動を展開し、青年会の学生が消費者金融から借金して機関誌を買うことを余儀なくされたと記載。取り立てが激しい時代だったことから「結果、自殺者も出たという。しかし、男性は馬耳東風だった」と記述した。

決定はこの部分について「男性の社会的評価を低下させ、自殺者が出たことを裏付ける客観的資料はない。男性にも取材しておらず、真実でない蓋然(がいぜん)性がある」と判断した。男性側は他にも5カ所について名誉毀損を主張したが、いずれも退けた。

【毎日新聞 2017.1.7.】

管理人正直言って、この程度の記述くらい、有象無象の出版されている本でもあるように思えるけど…それでもここまで強い命令が出たという点で、日本会議はやはり日本国内で相当強い権力を持っていることがうかがえるね。

そして、著者の菅野氏に対して、見たところ、かなりの数の中傷や批判が寄せられているみたいなんだけど、日本の政治権力をほしいままにしている安倍政権にベッタリと張り付く日本会議とカルト宗教の実態に光を当て、赤裸々に暴いているこの本や著者に対して、どうしてここまで揚げ足取りしたり嫌がらせするコメントが多いのかな。

いわば、こういうクレーマーたちそのものが、怪しげな宗教団体の信者の連中(そして安倍政権に恩恵を受けている関係者)であると自ら申告しているようなもんだと思うんだけどね。

せなちゃん素ssaaそして、何とも皮肉なことに、この裁判の決定によってこの本にますます注文が殺到しているみたいよ。
とにかく、政治に宗教が関与することを禁じている日本でここまであからさまに宗教が入り込んでいる安倍政権は、完全に異常といってもいい状態よ。

そして、世界を見回してもそうだけど、こうした「宗教」を隠れ蓑にして、CIAエージェントなどが内部に入り込み、その国を破壊したりその国の国民を洗脳して、世界支配や戦争を繰り返している現実も忘れちゃダメね。

管理人宗教そのものはダメなものではないけれど、残念ながら、(イエズス会を含めて)世界のあらゆる宗教は、民衆同士の分断や国家の破壊、戦争や資源の乗っ取りなどに活用されてしまっているのが現状だ。

CIAやグローバリストが関与せずとも、いかがわしい商法や金儲けに使われているのが宗教の実情であり、こうした得体の知れない外部の組織や人物に心身ともに依存してしまうよりも、自分自身で考え、物事を決断する能力を身につけ、精神的に自立していくために努力していくことが大事なのではとボクは考えている。

まあ、宗教に救いを求めること自体を「ダメなこと」とは言わないけど、残念ながら世の中の99%の宗教は何らかによって汚染されているのが現実であり、多くの人が求めるような清く尊いものではないことを認識しておくのがいいかもしれないね。

せなちゃん素ssaaそして、生長の家だけでなく、統一教会やら幸福の科学やら、安倍政権が(国民が知っている以上に)、ネオコンやシオニストらと繋がっていると思われるいかがわしい宗教団体に徹底的に侵食されていることについても理解しておくのがいいと思うわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket