【これは酷い】NHK「ニュース7」が共謀罪の反対意見を”悪印象操作”!採決強行に走る安倍政権を全面支援!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月19日に放送されたNHK「ニュース7」で、共謀罪の強行採決に反対している国民のイメージをネガティブに捻じ曲げた上で、「共謀罪に突き進む安倍政権と賛成派の後押しをしている」ネット上で怒りの声が多く湧き起こっている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍政権が突き進む「大日本帝国の復興」を強力にサポート!NHKが前例のないほどに大胆な”洗脳報道”!

↓共謀罪の反対派が「無知蒙昧」であることを印象付けるNHKの洗脳報道。

出典:Twitter(@mas__yamazaki)

こ、これは本当に酷いですね…!!
一体この「国民の声」がどこから引用されたものか(それとも独自に創作したものか)分かりませんが、反対派の「共謀罪だかなんだか知りませんが」の頭のフレーズは、完全に視聴者に錯誤を招く目的で付け加えられた、「印象操作」による洗脳ではないかと思います。

これはまた、何ともチープかつ悪質な騙しの手口だね。
りのクンの言う通り、頭のフレーズは、あってもなくても大まかな意味は変わらない、完全なる”蛇足”だ。
しかし、NHKはこのフレーズをどうしても入れたかったのは間違いない。

なぜなら、「共謀罪がなんだかよく分からないけど、とにかく反対だ」という、反対派が「無知蒙昧の愚民の連中」だと印象付けるさせることで、「この共謀罪が国民にとって有益なものである」と視聴者に錯覚させたかったからだ。

これは、実際には完全に「真逆」であり、いまだに「共謀罪でテロを防ぐことが出来る」と勘違いしてしまっているのは、安倍政権の表層だけの主張を鵜呑みにしてしまうような情報弱者の人々であり、よく調べてみれば、自民党議員本人も「テロの防止が目的ではない」ことも認めていることなどが分かるはずだ。

さらに言えば、刑法学者や法律家、弁護士など、多くの知識と教養を持っている専門家や、日頃から情報収集を積極的に行なっている国民ほど、共謀罪に反対している人は多く、知れば知るほどに、この共謀罪に潜んでいる危険や問題点が浮かび上がって来るんだよ。

ここまでNHKが視聴者に対する大胆な騙しや印象操作を盛り込みつつ、安倍政権を徹底的にサポートするようになってしまったのは、本当に恐ろしい事態です。

自らの脳がどんどん劣化させられ、権力に騙され続ける「奴隷」に作り変えられるために、毎月高い受信料を支払うなんて…これほど馬鹿みたいなことはないだろう。
民放のテレビでは、スポンサー料を払ってもらっている企業などに都合のいい放送を流すなんてことは日常茶飯事だけど、それを極力なくすために国民から受信料を取っているNHKがこんな放送をしているんじゃ、もう末期症状だね。

会長が変わっても、NHKは相変わらず徹底的に安倍官邸に飼われている状態みたいだし、今回の洗脳の手口も安倍官邸が指示を出している可能性があるだろう。

すでに日本の政治もマスコミもメチャクチャになってきてるし、国民が大きく抵抗しない限り、このままでは、やはりこの日本は”かつて”のように、行くところまで行ってしまうだろう
とにかくも、今回の一件も徹底的に国民に周知させた上で、強くクレームをしていくのが良さそうだ。

もはやNHKですらも、私たちを騙したりミスリードすることに、なんの引け目も罪悪感も感じない人たちばかりになってきてしまっているのでしょうか…。

日本の政治のかつてない劣化とともに、社会全体のモラルや倫理観そのものが、根底から崩れかけていることを改めて強く感じさせる一件ですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket