【酷すぎ】内閣府が年金支給開始年齢を70歳よりも後にできる制度作りの検討を開始!有識者検討会「75歳とか、もっと延ばしてもいい」

Pocket

どんなにゅーす?

公的年金の支給開始年齢を70歳よりも後にできる制度作りを目指して、内閣府が有識者検討会を開催。年内に大綱をまとめ、政府が決定する見通しだという。

・2017年7月18日の検討会では、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と述べ、「75歳とか、もっと延ばしてもいい」という意見も出たという。

スポンサーリンク

年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見

公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2017.7.19.】

↓このニュースについて、ヤフコメにも怒りの声が殺到。

出典:Yahoo!ニュース(朝日新聞)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネット上はほぼ怒りの声一辺倒!「ほとんど詐欺」「年金辞退して今まで払った分返してほしい」

いよいよ、政府間で年金の支給開始年齢の引き上げの検討が本格的に始まっているみたいです。
今すぐにこれが決定するわけではなく、また、「自由に選択できるので心配しないように」とのことですが、現在の状況を考えると、安倍政権側の”本音”や”思惑”は明確ですし、いずれ年金の支給開始年齢がどんどん上がっていくことになるのは想像に難くないことかと思います。

ネットを見ると、(一部の”奴隷的思考”に完全に嵌ってしまっている人を除いて)ほぼ怒りの声一辺倒で、「60歳になったらもらえるという話だったのに、急にこれが変えられるのなら、ほとんど契約不履行で詐欺みたいなものだ」という声や、「こうなった以上、年金を辞退して今まで払った分全額返してもらうか、今までどおり年金を支払い続けるか、どちらかを選ばせてほしい」といった声が見かけられた。

安倍政権は、アメリカにはインフラ投資として巨額の公的年金を提供したり、2017年1月の時点で、年金資金と日銀資金を日本の株式市場にあわせて19兆円分投入していることも明らかになっている。
これはいわば、日本の経済の停滞に伴う株価の下落を、日銀や年金の資金を大量に注ぎ込むことで必死に下落を抑えている状態であり、このままこれが進むと、日本の大多数の大手企業の筆頭株主が日銀GPIFになってしまうという異常事態になっていくだろう。

現在どこまで”この現象”が進んでいるのか、詳しい内情は分かっていないけど、国民全員の命を繋ぐ大切な年金がこうしたハイリスクの株式投資に大量に注ぎ込まれているというのは異常という他ないし、複数の投資家経済学者が警告している「世界規模の巨大金融危機」が発生した時、日本の公的年金もとんでもないことになってしまう可能性がある。

すでに、想像力と危機管理意識のある国民は、年金がほとんど支払われない事態を想定して、せっせとタンス預金をしているだろうし、こうした国民が増えると、今より大きく賃金が増えない限りはますます市中にお金が流れなくなり、消費がどんどん落ち込み、経済は今以上に後退局面に入っていくだろう。

安倍政権の閣僚や小泉進次郎氏らは、「元気な高齢者を応援!」「1億総活躍社会!」などと詭弁のキャッチコピーを振りまきながら宣伝(洗脳)活動に余念がないけど、やっている内容を見てみると、国民の勤労意欲や将来への希望、老後の安定などをひたすら奪っては、さらなる国民からの搾取社会保障の削減をやっているだけであり、もっと言えば、遥かに前の時点で、海外の国々に大盤振る舞いしたり、アベノミクスの”幻”を演出するための株価維持のために年金資金をつぎ込んでいる余裕なんて、1銭もないんだよ。

本当に…これから先こそ、いよいよ本当の「アベノミクスのツケ」が回ってくるような、非常に心配な事態になっていきそうです…。
アメリカの金融不安を指摘する声も日に日に増えてきている中、私たちは今まで以上に今後の「あらゆる事態」に備えておくことが大切になっていくのかもしれません。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket