長崎の平和祈念式典でも安倍政権の「核兵器禁止条約の不参加」に怒りの声が殺到!被爆者代表の川野さん「あなたはどこの国の総理ですか」

Pocket

どんなにゅーす?

・長崎への原爆投下から72年たった2017年8月9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が行なわれたものの、広島に続いて核兵器禁止条約の不参加を明言している安倍総理に市民から多くの怒りの声が殺到した。

・長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長の川野浩一さん(77)は、被爆者団体からの要望書を安倍総理に手渡し、「あなたはどこの国の総理ですか」「私たちをあなたは見捨てるのですか」と厳しく迫り、「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」と訴えたものの、安倍総理から明確な返答はなかったという。

スポンサーリンク

長崎原爆の日
「あなたはどこの国の総理ですか」

「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」

面談は式典後に首相らが被爆者団体から援護策などの要望を聞く場として設けられている。通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」と異例の行動に出た理由を話す。川野さんは安倍首相に「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」とも訴えたが、明確な返答はなかった。

【毎日新聞 2017.8.9.】

スポンサーリンク

広島に続き、長崎でも大量の批判を浴びた安倍総理、「あなたはどこの国の総理ですか」とこれ以上ない辛らつな言葉も

出典:Twiter(@hiromi19610226)

出典:Twitter(@antifa_osk)

広島に続いて、長崎の式典においても、核兵器禁止条約の不参加を貫く安倍総理への批判が殺到しています。
特に被爆者の人々の失望と怒りは非常に大きく、「あなたはどこの国の総理ですか」と異例の強い言葉が直接安倍総理に投げかけられました。

この被爆者の人々の怒りの声に対し、「総理がかわいそうだ」やら「反日勢力は引っ込んでろ」やらのコメントが大量に飛び交っているのを見ても、今の日本がいかに深刻な病気に罹ってしまっているかを感じずにはいられないね。

日本は特に戦後以降、徹底的なアメリカを中心とした軍産勢力(戦争ビジネス勢力)の統治下に置かれてきたけど、長年の支配のプロセスにおいて日本の政治家や官僚の「傀儡化」が完成したことや、軍産勢力の「世界戦略の変化」によって、現在は憲法改悪などを通じた、戦争が出来る国に作り変えるための「改造」が進められていると見るのが良さそうだ。

安倍総理も例外なく、いや歴代総理の中でもトップレベルの海の向こうの傀儡政治家であり、特に祖父の岸信介がCIAエージェントだったことから、特に過激な核賛辞思想を持つネオコンと深い繋がりを持つ傀儡政治家と見るのがいいだろう。

過去の発言から見ても、安倍総理本人も若い頃から核賛辞思想を刷り込まれてきた可能性があり、巷を見ても、CIAと繋がる統一教会などのカルト宗教を通じて、核兵器を賛美する思想がネット上でも大量に広げられている(布教されている)ようだ。

核兵器が登場して以降、世界の軍事情勢が劇的に(悪い方向に)変化してしまいましたし、やはり核兵器を減らし、廃絶していく方向に向かわない限り、最も大きなリスクを背負うことになるのは私たち自身です。

国連も核保有国が中心になって動いている以上、事態は非常に難しいけど、日本は戦後以降、非核や非戦を先頭に立ってアピールすることで、世界での評価を取り戻していった側面があるのは確かだ。
核兵器禁止条約推進の動きは、本来であれば、日本が新たな存在感を示せる大きなチャンスだったはずだけど、ネオコンの傀儡である安倍総理は自らそのチャンスをふいにし、「ご主人様」の利益に忠実である道を選んだ

戦争や環境破壊に反対する人々であれば、安倍総理のこの動きに対して強く怒るのは当たり前のことだし、安倍総理本人をはじめ、核フリークの連中が今の日本の目立つ場所に多く跋扈しつつある動きが見えることに対しては、ボクたちももっと警戒していく必要があるかもしれない。

どちらにしても、ボクたち一般市民は、自国が核を持つこと云々以前に、世界からまず核を廃絶することに意識を向け、世界規模の民衆レベルから強くこれを訴え続けていくことが大切なんじゃないかな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket