【は?】茂木経済再生相が、8月の月例経済報告で「(高度成長期の)いざなぎ景気に並んだ」とコメント→ネット上が大ブーイング!

Pocket

どんなにゅーす?

茂木経済再生&人づくり革命相が、2017年8月の月例経済報告について、景気が堅調に回復し続けているとして、「(高度経済成長期の)いざなぎ景気に並ぶ長さとなった可能性が高い」とコメント。これに対し、ネット上から多くの疑問や批判の声が寄せられている。

スポンサーリンク

8月月例経済報告「いざなぎ景気に並ぶ」

政府は、8月の月例経済報告で「景気は、緩やかな回復基調が続いている」として、3カ月連続で判断を据え置いた。
個人消費や、設備投資、輸出入などの判断を据え置いた一方、公共投資については、国の2016年度の補正予算措置により「堅調に推移している」と2カ月ぶりに上方修正した。
茂木経済再生相は「『いざなぎ景気』に並ぶ長さとなった可能性が高い」と述べた。

【Yahoo!ニュース(FNN) 2017.8.28.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大胆な嘘や情報操作を駆使し、手段を選ばずに国民騙しに奔走する安倍政権

↓ヤフーコメントもご覧の通り。

出典:Yahoo!ニュース(FNN)

茂木経済再生相のこの発言に、ネットユーザーから大ブーイングが飛んでいるみたいね!
まったく、アベノミクスによって貧富の格差が広がって、庶民の生活はむしろどんどん苦しくなっている一方だっていうのに、一体どの口がこんなふざけたことを言っているのよ!?

公選法違反やらパワハラやらセクハラやらろくでもない醜聞の絶えない茂木経済再生&人づくり革命相による、大多数のネットユーザーが「は!?」と思わず声を上げてしまうほどのトンデモ発言だ。

ちなみにいざなぎ景気とは何かというと、具体的に説明すると下記のようなものを指すよ。

いざなぎ景気(いざなぎけいき)とは、1965年(昭和40年)11月から1970年(昭和45年)7月までの57か月間続いた高度経済成長時代の好景気の通称。

概要
長らく第二次世界大戦後最長の景気拡大期間とされてきた。しかし、2002年1月を底に続いた景気回復(いわゆるいざなみ景気)が2008年2月までの73か月間続いたことにより、期間については最長記録を更新された。
いざなぎ景気という名称は、神武景気や岩戸景気を上回る好況という意味を込めて名付けられた。「いざなぎ」とは日本神話で、天つ神の命をうけ日本列島をつくったとされる男神「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」から。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)は天照大神(あまてらすおおみかみ)・素素戔嗚尊(すさのおのみこと)の父神。

【ウィキペディア(いざなぎ景気)】

いずれにしても、これも多くのネットユーザーから疑問の声が飛び交った、先日の「現在の生活に満足している人が過去最高の73.9%を記録した」という内閣府の世論調査といい、安倍政権はかなり大胆に情報操作しながら、国民からの不満の声を手段を選ばずに封じ込めようとする動きが目立ってきているように感じる。

宇宙空間を通過した北朝鮮のミサイルを「我が国に北朝鮮がミサイルを発射した」と表現した安倍総理といい、国民が溜めつつあるストレスや不祥事を軍事プロパガンダや大胆な情報操作などを用いて、今まで以上に国民を欺き、洗脳しようとしている安倍政権の強い意図を感じるね。

前から繰り返し警告してきたけど、様々な部分においていよいよ大日本帝国時の日本とそっくりの状況になってきているし、ナチスや日帝を賛美する安倍政権の「面目躍如」といった雰囲気になっているよ。

こんなに古臭くて見え透いたプロパガンダで安倍政権の支持率がまたアップしちゃったら、それこそ末期的状況だし、今まで何度も騙されてきた私たちだけど、今度こそは絶対に騙されないんだからぁ!!

インターネットをフルに活用している国民の間では、かなり意識の変化が進んでいるように見えるけど、ネットをあまり使っていない人や日本全体で見ると果たしてどういう状況なのだろうか。

とにかく、自分自身の身を守るためにも国民全員が自らの頭で考え、想像し、多角的に物事を見つめる力をつけていくことが何より必要だし、今回の政権ばかりはいよいよヤバい事態に発展していく可能性が高そうなので、もっともっと国民間での安倍政権に対する危機共有を進めていくことが必要だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket