ロシア・マトビエンコ上院議長が長崎を訪問し、アメリカの原爆投下を強く批判!「アメリカは原爆を落とす必要は全くなかった」


どんなにゅーす?

・プーチン大統領の側近、マトビエンコ上院議長が来日し、安倍総理との会談後、長崎を訪問した。

・「犠牲者のことを思うと心が痛む」と哀悼の意を表したメッセージを記帳。

・さらに、「アメリカは軍事的な面から見ても原爆を落とす必要は全くなかった」とアメリカの原爆投下を強く批判した。

●過去関連記事:
ロシア・プーチン大統領の側近マトビエンコ氏が来日し、安倍総理と対談!「北方領土は渡すことは出来ない」

スポンサーリンク

ロシア上院議長 北朝鮮への対応で日本と連携の姿勢

ロシアのマトビエンコ上院議長は、3日、初めて長崎市を訪れ、このうち原爆資料館では中村明俊館長から原爆が投下された当時の状況などについて説明を受けました。

続いて「犠牲者のことを思うと心が痛みます」などというメッセージを記帳したあと、「軍事面からしてもアメリカは原爆を落とす必要性は全くなかった」と述べました。

マトビエンコ議長は記者団に対して、「ロシアは、日本とアメリカとともに北朝鮮の核開発をめぐる計画を批判している。計画が地域の脅威にならないよう共同で努力していきたい」と述べ、核やミサイル開発を進める北朝鮮への対応をめぐって、日本と連携していく姿勢を示しました。

今回プーチン大統領の側近、マトビエンコ議長が長崎市を訪問したのは、ロシアとしてアメリカによる原爆投下を批判するとともに、ことし5月にオバマ大統領が広島を訪問したことも踏まえ、核をめぐる議論がアメリカ主導で進まないよう、けん制する狙いもあったものと見られます。

【NHK NEWS WEB 2016.11.3.】

りのちゃん真面目ssaプーチンさんの側近であるマトビエンコさんが、予定通りに長崎を訪問し、原爆の犠牲者になった方たちに対して哀悼の意を表したのと同時に、アメリカの原爆投下に対して強い批判を行なったみたいですね。

管理人ロシアの要人が長崎を訪れたのも25年ぶりだし、プーチン大統領の伝言役とも言えるような人物が原爆犠牲者の人たちに対して哀悼の意を述べたことは、とても大きな出来事だといえるだろう。

ところが、上のNHKの記事でも見出しにこれが反映されていないし、この出来事についてあまりメディアが報じていないのが気になる。

ちなみに、マトビエンコ氏はアメリカの原爆投下に対して「アメリカの実験だったと思う」とも言ったみたいだけど、NHKでは(アメリカに対する配慮なのか)この重要な言葉が削除されてしまっている
こうした点も、注意して見ておく必要があるだろう。

(ちなみに、朝日新聞においては、下記のように、このニュースについて割かし丁寧に報じているよ。)

ロシア上院議長、原爆投下「必要なかった」 長崎訪問

マトビエンコ氏はプーチン大統領の側近で、参議院の招きで10月31日に来日し、3日に長崎入りした。資料館を15分ほど見学し、追悼平和祈念館では芳名録に「犠牲者のことを考えると心が痛む。二度とこういう悲劇が起こらないように頑張りましょう」と記帳した。

見学を終えたマトビエンコ氏は田上市長に「原爆を落とす必要性は全くなかった。一般の国民がどれほど亡くなるか想定できた。米国による実験だったと思う」と感想を述べ、「長崎を最後の被爆地にという活動を支援する」と語った。報道陣の取材には「広島、長崎のみなさんと核軍縮に向けて活動し、今後悲惨なことを起こさないように全力を尽くす」と述べた。

【朝日新聞2016.11.4.】

スポンサーリンク

オバマの広島訪問については横並びで大絶賛

管理人ちなみに、オバマ大統領が広島を訪問した際には、ご覧のように、横並びで彼を大絶賛する記事をメディア各社が出している
いくら同盟国とはいえども、大空襲と原爆投下で日本人を大量虐殺し、さらには終戦以降徹底的に日本をコントロールしてきたアメリカの「戦略的訪問」に対して、あまりにも感情的に称えてはベタ褒めし過ぎではないだろうか?

●オバマの広島訪問後に出された記事の見出しの例:

広島でオバマが見せたすごさ~参院選演説はここに注目(読売新聞)

「オバマ広島訪問」はなぜ感動を呼んだのか(プレジデントオンライン)

オバマ大統領が「広島の折り鶴」に込めた意味(東洋経済)

そして、ここまでオバマを絶賛するのなら、マトビエンコ氏の長崎訪問についても、もう少し好意的に記事を配信してもいいのではないだろうか
こうした面を見ても、日本メディアの「ゆがみ具合」がよく分かるね。

つまりは、こうした面を見ても、日本のメディアは365日、アメリカからの強い監視下に置かれているということですね。
やはり、ここまであからさまに一方向にフィルターがかかった大手メディアの記事には、一定の距離感と疑いを持ちながら見るのが良いということですね。

管理人特に、記事の見出しというのは、「どういう意図を持って伝えようとしているのか」が最も表れる部分だから、気をつけて見てみると結構色々なものが見えてくると思うよ。

どちらにしても、マトビエンコ氏の長崎訪問とこれらの発言、結構重要なものだと思うので、せめてCIAの傀儡メディアといえども、もう少し報道して欲しいものだね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA