【加計】告発会見に臨んだ前川前事務次官を安倍政権が徹底攻撃!菅官房長官「天下りを隠蔽し、恋々とその地位にしがみついていた」

Pocket

どんなにゅーす?

・加計疑獄について、「安倍総理からの強い圧力があった」ことを記者会見で詳細に語った文科省前川前事務次官に対して、安倍政権が表立って激しい攻撃を開始している。

・菅官房長官は、「文書は全て本物」と明言した前川氏に対して、「内閣府はそういうことを言った事実はないと報告を受けている」と否定。さらには、「省内の天下りを隠蔽し、恋々とその地位にしがみついていたが、世論からの極めて厳しい批判にさらされて、最終的に辞任したと承知している」などと、最上級の人格攻撃を展開している。

スポンサーリンク

【加計学園】菅官房長官が前川前文科次官を非難「地位にしがみついていた」 “総理のご意向”文書で

学校法人「加計学園」が「国家戦略特区」での獣医学部の新設を認められた経緯をめぐり、内閣府が文部科学省に対し「総理のご意向だと聞いている」などと伝えたとする文書について、菅義偉官房長官は5月25日午前の会見で、文書の存在を改めて否定した。

この文書について、前文部科学事務次官の前川喜平氏は23日に朝日新聞の取材に対し、「自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と、存在を認める証言をしている。

菅氏は17日午後の記者会見で、文書の存在について「怪文書みたいな文書じゃないか。出どころも明確になっていない」と不快感を表明。記録文書の信頼性自体を否定していたが、25日午前の会見でも、菅氏は「内閣府と文科省に確認したところ、『総理のご意向』はなかったと報告を受けている」と従来の見解を繰り返した。

■菅官房長官「前川氏は地位に恋々としがみついていた」

菅氏は、前川氏が朝日新聞デジタル(5月25日)のインタビューに対し、文科省の違法な「天下り」問題を受けて「引責辞任は自分の考えで申し出た」「官邸からも大臣からも『辞めろ』とは言われていない」と述べたことに言及。「私の認識とまったく異なっている。前川氏は天下り問題については、再就職等監視委員会の調査に対して、問題を隠蔽した文科省の事務方の責任者で、かつ本人もOB再就職のあっせんに直接関与していた」と批判した。

その上で、「そうした状況にもかかわらず、当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた。その後、天下り問題に対する世論からの極めて厳しい批判にさらされて、最終的に辞任された方と承知している」と、前川氏を強い口調で非難した。

加計学園の獣医学部新設をめぐっては、前川氏は「行政がゆがめられた」と安倍政権を批判している。

【ハフポスト 2017.5.25.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

菅官房長官による前川氏への前代未聞の”個人攻撃”が展開されるも、前川氏の証言と大きな食い違いが…

出典:Twitter(@ichida_t)

加計学園疑獄がいよいよ大きな展開を見せ始めてきました。

まさに加計学園の案件を担当していた当時の文科省の事務方のトップ、前川前事務次官が表立って記者会見に臨み、安倍政権が「怪文書」扱いしていた内部文書を全て「本物である」と断言した上で、安倍政権による「ルール違反」を次々強要してくる独裁的なやり方を強く批判しました。

ボクも、報道ステーションやNEWS23の特集を観させてもらったけど、相当緊張していた様子ながらも、ここまで堂々と会見を開き、一つ一つを真面目に語った前川氏にかなり好印象を持ったよ。

そして、事前に記者に「質問制限」を設けることなく、読売新聞のスクープの件など、自分にとって都合の悪い質問についても逃げずにきちんと答えていたこともとても良かったと思う。

政治家だろうと教育者であろうと、自分で稼いだポケットマネーで風俗に行ったり出会い系のお店に行くことは個人の自由であり、これを批判の材料にして叩くのはおかしいし、これは加計学園の件とも天下りの件とも全く関係がないはずだ。

その時点で、読売新聞の例のスクープはどこからどう見ても、安倍政権が繰り出した「人格攻撃そのもの」としか思えないし(そもそも安倍政権側も、これは前川氏に対する脅しと周りへの見せしめだったことを認めている)、これに加えて、菅官房長官が展開した前川氏への個人攻撃も本当に酷いものだ。
前川氏自身も持っていた文書をいまだに「怪文書扱い」し続けているのも呆れるけど、そもそも、菅氏は「地位に恋々としがみついていた」と言っているけど、これも前川氏は「松野文科大臣が慰留してくださった」と話していて、内容が完全に食い違っているんだよ。

加計学園
前川氏会見詳報(4) 官邸最高レベルは首相か官房長官

経緯を申し上げれば、1月5日だったと思いますが、松野文科大臣にこの監視委員会の調査状況、文科省の対応などをご報告した際に「かなり多くの処分が不可避です。こういった事態に到ったことについては、私が責任を取らざるを得ないと思います」と。従って「責任を取る形で辞任するということにさせてもらいたい」と申し出た記憶がございます。事務次官の辞職というのは勝手にできない。辞職を承認するという辞令をいただかないといけませんので。承認していただきたいと、私の方から大臣に申し上げたんです。大臣は慰留してくださいました。しかし、私はこれは辞めるしかないと考えているということで、官邸と相談したいということで、大臣のお許しを得て相談に参りました。

相談相手は杉田官房副長官でした。副長官に、これから起こるであろう文科省職員への処分がどのようなものになるかということを説明しながら、私自身の引責辞任についてもお許しをいただきたいと申し上げ、「それがいいだろう」との了承を得て、それを持ち帰って大臣に官邸の方からもご了解いただきました。ということで、事実上、私の辞職がそこで決まったということです。

【毎日新聞 2017.5.25.】

前川さんの話はかなり具体的ですし、ご自身の出来事なので詳細に記憶していることが予想されます。
やはり、菅官房長官が(森友疑惑で、籠池さんに対する悪印象を必死に国民に刷り込んでいたのと同じように…)前川さんを徹底的に貶める目的で、このようなウソも交えた人格攻撃を展開していると見るのが良さそうですね。

ああ。これも毎度お馴染みの、安倍政権お得意の悪質な”ペテン手法”と考えるのが良さそうだ。
「私が関与していたら責任を取る」と森友でも加計でも強弁していた”誰かさん”の方が、よほど恋々と総理の座にしがみついているように見えるのはボクだけかな?)

しかしまあ、菅氏もついに、今まで作ってきた”キャラ”が崩壊して、ここまで凶暴性を露わにするようになってきてしまったか
「政権」という国家の組織が、一人の官僚をここまでよってたかって攻撃するというのも”異常”としかいえないし、これを「イジメ」といわずして何と言うのだろうか

すでに安倍政権は屋台骨もズタボロ状態だし、支持率さえもっと低ければ間違いなく完全終了している状況だろう。

本当に私も、すでに内部基盤から激しく煙が上がって、あちこちで火がついてきている状況だと思うのですが、なぜこれでも政権が続いているのかが本当に不思議で…。
あらゆる部分で前代未聞の異常事態が展開されている最中のように思えます。

とにかくも、現在の官僚の中にも前川氏のように、安倍政権によるルール無視&横暴三昧のデタラメのやり方に怒り心頭に発していた人がいたことが分かったのは良かったよ。
恐らく、前川氏と同じように安倍政権に強い不満を募らせている人たちは他にもいるように思えるので、彼の勇敢な告発に続いていく官僚が出てくるのを強く願っているよ。

そして、心ある人達が次々と声を上げ大きく動くことで、一日も早くにヤクザ同然の凶暴さと陰湿さを併せ持つ「反社会政権」が倒れる日が来るのを祈るばかりだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket