【アカン】前原新代表、山尾氏の幹事長内定を急遽撤回!背景に彼女に関する週刊誌スキャンダルか!代わりに大島敦氏が就任へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月5日、民進党の前原新代表は、幹事長就任が決まっていた山尾志桜里議員の人事を急遽撤回大島敦元総務副大臣が代わりに就任する見通しとなった。

・山尾氏については、当選2期であることに党内から異論が出ていたとの報道があるほか、一部の週刊誌が私生活に関するスキャンダルを用意しており、本人がすでに取材を受けていたとの情報が出ており、これらの事情を前原氏が重く見たことが考えられる。

スポンサーリンク

前原氏、「山尾幹事長」撤回を検討 民進党内の反発強く

民進党の前原誠司代表は4日、幹事長に内定していた山尾志桜里・前政務調査会長を大島敦・元総務副大臣に差し替える検討を始めた。大島氏は代表代行にあてる方針だったが、山尾氏の幹事長登用への党内の反発が強まり、混乱回避を迫られた。人事の承認を求める5日の両院議員総会前に最終判断するが、目玉人事を撤回すれば前原氏にとって大きな痛手になる。

前原氏は1日の代表選の翌2日、山尾氏の幹事長起用を含めた執行部の骨格人事を固め、関係者に伝えた。党勢が低迷するなか、当選2回の若手で、次世代のリーダー候補と目される山尾氏を登用することで、刷新感を打ち出すねらいがあった。

ところが、前原氏を支持した議員を中心に、「政治経験が少ない山尾氏に党務を仕切れるのか」といった不満や資質を懸念する声が続出。前原氏の側近からも「人気取りは往々にして失敗する」との指摘があったという。

【朝日新聞 2017.9.5.】

山尾氏断念 背景にスキャンダル

民進党の新しい幹事長をめぐり前原新代表が山尾志桜里氏の起用を断念した背景に、山尾氏の私生活をめぐる問題が影響していたことがテレビ東京の取材で分かりました。関係者によりますと、山尾氏はすでに一部週刊誌に私生活をめぐるスキャンダルについて取材を受けているということです。前原代表は、山尾氏について幹事長に代えて、代表代行で処遇する方向で調整していますが、党内から更なる異論が出かねない情勢です。

【テレビ東京 2017.9.5.】

スポンサーリンク

急転直下の山尾氏の幹事長就任の取り消しには、彼女に関するスキャンダルが背景にあった模様…

急転直下で起こった山尾しおり議員の幹事長就任の白紙撤回劇ですが、どうやら、この背景には彼女に関するスキャンダルを一部週刊誌が準備していることが影響したと見るのが良さそうです。

この私生活に関するスキャンダルというのが何なのかがまだよく分からないけど、結局山尾氏には何のポストも与えない方向で党内が一致したようだ。
山尾氏は前原一派に近い議員だっただけに、幹事長への抜擢そのものはそこまでインパクトがあるものではなかった感じけど、なるほど、そういう背景があったということか。

山尾議員といえば、例のガソリン問題のほかに、先日には横浜市長選で自公が推薦している林文子候補の応援に入ったことで、多くの野党支持者の失望を買っていたけど、なんだか重要なところでがっかりしてしまうパターンが目立つね。
一体どんなスキャンダルが世に出されるのか分からないので、まだコメントのしようがないけど、もしこれが本当のものであれば、民進党はますます弱体化の一途をたどって、再起不能なまでに死に体同然になってしまうかもしれないね。

そして、すでに反自民の波に上手く乗ることが出来た小池勢力からも、ますます協力をとりつけるのが難しくなってくるかもしれませんね。

国民からのアレルギーが凄かった野田氏の名前が幹部から消えたのは良かったと思うけど、果たしてどうなっているのか。
早速マスコミが今回のゴタゴタ劇を面白おかしく特集しまくっているだけに、先がかなり思いやられてしまうね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket