【森友】地中深くのゴミは実際には存在しなかった!?籠池氏が設計業者と顧問弁護士とのメールを公開!8億円割引の根拠が根底から揺らぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月16日に行なわれた、民進党による森友疑獄に関するヒアリングにおいて、籠池前理事長が設計業者と顧問弁護士(当時)との過去のやり取りを記したメール資料を公開した。

・公開したメールには、設計業者が顧問弁護士に「3メートルより深い場所にはゴミは見つからなかった」ことを伝えており、これに対して顧問弁護士は「国にボーリング調査の結果を提出するのはやめましょうか?」と不利な条件を国に提出することを懸念。この他にも、「調査に関する資料は抹消した」と業者が返していることなどが新たに判明したという。

スポンサーリンク

籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開

籠池氏は16日、また新たな資料を公開しました。国有地の取得をめぐり、小学校の設計業者と籠池氏の顧問弁護士らが交わしたメールです。
「私にとってもこのメールは驚きです。真実が明らかになることを期待します」(森友学園 籠池泰典前理事長)
森友学園に対する国有地売却をめぐっては、少なくとも地下3.8メートルまでゴミがあるという前提で、その撤去費用として8億1900万円を値引きしたと説明されてきました。ところが、このメールには、地下3メートルより下には「そもそもゴミが存在しなかった」ということが記されているのです。

【TBS News 2017.5.16.】

籠池氏 国有地売却めぐる設計業者と弁護士のメール公表

森友学園の籠池前理事長は民進党の会合に出席し、大阪・豊中市の国有地の売却をめぐる、去年4月の設計業者と当時の顧問弁護士とのメールのやり取りを公表しました。

それによりますと、設計業者は「ボーリング調査では、3メートルより深いところには廃棄物がないことを証明している」としたうえで、国に調査結果の資料を提出すべきかどうか、弁護士に相談しています。

これに対し、弁護士は「提出はやめましょうか」と返信しているほか、業者は「調査に関する資料は抹消した」と記しています。

【NHK NEWS WEB 2017.5.16.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やはり地下深くの大量のゴミは「実際には存在していなかった」可能性が極限まで高まる!なぜ国による”架空のゴミ”による8億円値引きは実施された!?

こ、これ、かなりすごい情報が出てきたんじゃないの!?
やっぱり、8億円値引きの根拠になった大量のゴミは、実際には存在していなかった可能性が大なのね!

これは、今まで財務省側が繰り返し答弁してきた「適正な手続きをもって8億円の値引きが行なわれた」という話が根底から覆されるほどの、極めて重大な新資料だね!

ここまで本気で真相を究明しようとしている籠池氏と同席するのをとにかく嫌がって拒絶した財務省関係者の心情もよく分かるし、前々から言われていた「ゴミはそもそも存在していたのか?」という話が「やはり存在しなかった」という所まで辿り着くことができたといえるだろう。

なるほどね!
そういうことなら、少し前に田崎史郎さんが「実はあの土地はゴミ撤去するのに10億かかる、だから財務省は2億も得をした」って言ってた話はやっぱり大嘘だったってことになるわねっ!

一体どこからそんな話を持ってきたのか(自分自身で創り出したのか?)知らんけど、公共の電波でデマばかりを振りまいている田崎氏は一刻も早くにコメンテーターをクビにさせる必要がありそうだね。

 

財務省から籠池氏に「瑞穂の國記念小学校開校に向けご協力いただきありがとうございます」とのメールが…

さらに籠池氏は、今回のヒアリングで財務省から送られてきたメールの一部を公開したんだけど、そこには↓こんな内容が書かれていたようだ。

また、財務省側から籠池氏側に送られたとされるメールには、こんな文言がありました。

「瑞穂の國記念小学校開校に向けご協力いただきありがとうございます」(財務省の担当者)

Q.国を代表してよろしくお願いしますと言っている?

「そのように受け取れますね」(森友学園 籠池泰典前理事長)

Q.なぜこうなった?いつごろからこうなった?

「安倍昭恵夫人が私どもの小学校の名誉校長になられた後。ご意向がここまで伝わったかという感じ」(森友学園 籠池泰典前理事長)

【TBS News 2017.5.16.】

ええ!?
これ、まるで、籠池さんの小学校の開校を財務省が主導して進めていたみたいな内容じゃないのよ!?

さらに籠池氏は、「自分は地下深くから出てきたゴミは確認していない」ことを証言しており、この(8億円値引きのための)地下深くから見つかったというゴミの「偽装工作」は、設計業者や建設業者(藤原工業)と当時の森友の顧問弁護士(2017年3月に突如自ら辞任した酒井康生氏、維新と相当昵懇だったとの話も)が主導していたことが分かってきている。

つまり、地下深くのゴミの件や8億円値引きの話は、籠池氏はほとんど”蚊帳の外”の状態のまま、設計業者や建設業者、そして森友の当時の顧問弁護士だった酒井氏らと、財務省との間でトントン拍子で行なわれていった疑いが強く、籠池氏本人も驚いてしまうようなタダ同然の売却劇に至ったという内幕が徐々に見えてきた感じなんだよ。
(つまり、籠池氏は建設業者側からの「国有地の地下深くから大量のゴミが出た」という話を鵜呑みにして、開校予定が大幅にずれ込む焦りと怒りから財務省に駆け込んだということだ。)

ちょっ、ちょっと待って!
どうして、籠池さんが知らない間に、森友の小学校を作っていた建設業者や顧問弁護士らと財務省との間で、ゴミの偽装工作と8億円の割引に突っ走っていったの?

この辺の背後関係や思惑がまだ良く分からないわぁ。

籠池氏本人も「どうしてこうなったのかよく分からない」と言っているけど、今回の一件で分かったのは、「地中深くのゴミは実際には存在していなかった疑いが極限まで高まった」こと、そして「ゴミが存在していることを”偽装”した上で8億円の値引きが行なわれた疑いが強い」こと、さらには、「財務省側も、籠池氏と昭恵名誉校長による”愛国カルト小学校開校”に大いに喜んでいた様子が見られること」だろう。

今後、より究明していくべきなのは、「なぜ、建設業者や顧問弁護士が結託して8億円の割引を実現させるために、ゴミを偽装したのか?」ということと、「なぜ財務省も、実際に鑑定やゴミの確認をせずに、このゴミ撤去に関する8億もの割引を行なったのか?」ということ。
さらには、ゴミ問題の真相を知るとされている土木業者の社長が謎の死を遂げていることについても、まだ全くその背景や実態が解明されていない

まだまだ、この森友疑獄は謎や闇が深いし、解明しなきゃいけないことが山ほどあるんだよ。

た、確かにそうだわっ!
土木業者社長の謎の自殺について、メディアが全く伝えようとしていないのも奇妙だし、とにかく、籠池さんにはこれからも積極的に協力してもらって、あらゆる闇や謎を徹底的に炙り出していく必要があることは確かね!

ボクもネット上から色々と気になる新情報を集めているので、これらについても、徐々に小出しで紹介していこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket