【森友急展開】2016年3月の財務省との面会の音声は籠池氏が録音!応対した田村室長も昭恵夫人から事情を聞いていた可能性!

Pocket

どんなにゅーす?

・4月25日に報道ステーションで公開された、2016年3月15日に行なわれた籠池夫妻と財務省の担当者との面会時の音声は、籠池氏本人が録音していたことが判明した。

・この面会では、財務省側の田村嘉啓・国有財産審理室長が森友学園との国有地のやり取りについて「特例である」と認めており、籠池氏は「昭恵夫人の方からも聞いてもらったことがあると思う」と発言。田村氏も「状況の報告は受けている」と、籠池氏と昭恵夫人(谷査恵子総理夫人付)とのやり取りを把握しているような受け答えをしていることが分かる。

スポンサーリンク



財務省との面会時、昭恵氏の名前挙げる 籠池氏が録音

籠池氏によると、面会相手は財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長。田村氏は2015年秋、この土地について昭恵氏付の政府職員から財務省に照会があった際、回答した幹部であることが明らかになっている。

音声データによると籠池氏はこの面会で、賃貸契約を結んでいた国有地で地中から新たなごみが見つかったと説明し、対処を求めていた。その中で、「我々にご支援いただいている議員の先生もいる」と政治家とのつながりに言及し、「昭恵夫人の方からも聞いてもらったことがあると思う」などと発言していた。

面会の中で田村氏は、売却ではなく当面は貸し付けとした土地の契約について「特例」と発言。籠池氏は「特例にしていただいたことは非常にありがたいこと」などと述べていた。籠池氏は面会の9日後、この土地を買い取ると申し入れ、昨年6月に鑑定価格の1割あまりの値段で売買契約が結ばれた。

【朝日新聞 2017.4.26.】

出典:YouTube
スポンサーリンク

スポンサーリンク

昭恵夫人による8億円値引きの”深い関与”の可能性が大きく高まった重要な音声データ

この件については前の記事でも紹介しましたが、森友疑獄の解明においてこの音声データはかなり強力な物証になりそうです!

籠池さんが「昭恵夫人の方からも聞いてもらったことがあると思う」と言いつつ、田村さんも「状況の報告は受けております」と応じていて、さらには朝日新聞によると、この田村さんという財務省の担当者は、総理夫人付からの照会に対して回答をした責任者だったということです。

よくぞ籠池氏は、この面会時に機転を利かせて音声を録音していたものだね。
確かにこれは、当時の経緯を読み解いていく上でかなり有力な物証になりえるのは間違いない。

今回の録音データを元に考えてみると、例えば、下記のような推測が可能になるだろう。

1.  2015年の秋頃、籠池氏が国有地を何とか安く手に入れられないか、昭恵夫人に頼み込んでいたところ、これが谷氏に引き継がれて財務省の田村氏に照会。

2. この財務省側からの回答が、谷氏からの「例のファックス」を通じて籠池氏に連絡。

3. 籠池氏の要望を一部でも応じようと国側が考慮していた所、新たに大量のゴミが発見。

4. これを再び埋め戻すように財務省側が要請してきたことに籠池夫妻が激怒。

5. 籠池夫妻が財務省にやってきて田村氏と面会。昭恵夫人の名前を出しながらクレームをしたところ、これをきっかけに8億円の値引きによる国有地を購入する話が突如浮上、急展開を見せた。

…この一連の展開こそが、籠池氏の言う「神風」だったのではないだろうか?

こうなりますと、いよいよ昭恵夫人の力が、大きくこの国有地売却に作用したことが浮かび上がってきますね

それが、田村氏も言っている「特例」ということなのかもしれないね。
とにかく、今回の録音データによって、昭恵夫人が深く今回の奇怪な8億円値引きの国有地売却に関与しているのは、限りなく確実に近くなったということだろう。

野党は引き続き、今回の重要な物証を元に追及を強めていき、ボクたち国民も昭恵夫人の証人喚問を強く求めていく必要があると思うよ。

なんだか昭恵夫人は、すでに森友問題が消沈気味なのをいいことに、ちゃっかりとフェイスブックを再開したみたいですが、この問題は必ず最後まで真相を究明していかなければなりません
私も、迫田氏や昭恵夫人はもちろん、そして今回明らかになった田村氏らの証人喚問を強く求めていきたいと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket