【ここで?】稲田防衛大臣が真珠湾からの帰国直後に靖国神社を参拝!「どの国も理解していただけると思う」

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月29日、稲田朋美防衛相が靖国神社に大臣就任後初めて靖国神社に参拝した。

・稲田大臣は「祖国のために命をささげた方々に対して感謝と敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていただけると思う」などとコメントをしたものの、外交面や宗教的観点において、不安や批判の声も多く起こっている。

スポンサーリンク

稲田防衛相が靖国参拝 不安視する声も

1

2

靖国神社参拝に強いこだわりを持ってきた稲田氏だが、防衛相になって以降は参拝していなかった。安倍首相らとともにハワイでの真珠湾攻撃犠牲者の慰霊を終えたこのタイミングで参拝に踏み切った。

稲田防衛相「いかなる歴史観に立とうとも、いかなる敵味方であろうとも、祖国のために命をささげた方々に対して感謝と敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていただけるものだと考えております」

稲田防衛相は「防衛大臣稲田朋美」と記帳し、玉串料を私費で納めたという。稲田防衛相は毎年8月15日などに靖国神社を参拝してきたが、防衛相就任以降は参拝を見送っていた。一方、国会でそのことを追及されて涙ぐむなど強いこだわりを見せてきた。

【日テレNews24 2016.12.29.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長州明治政府礼賛=ネオコン(シオニスト・ユダヤ)軍産勢力賛辞の靖国神社に真珠湾訪問直後に参拝した稲田大臣

りのちゃん真面目ssaオバマさんと「不戦の誓い」のパフォーマンスをした直後に、稲田大臣が靖国神社に参拝したことが話題になっています。
これは、どのように見ればいいのでしょうか?

管理人このサイトでは、以前から靖国について分析してきたけど、(今までも書いてきたように)この宗教法人は、「長州クーデター勢力」にルーツを持つ、明治政府(大日本帝国)を支配していた長州と、長州に手を貸していたロスチャイルド・ロックフェラーなどの欧米軍産勢力を称え、崇拝する建物だと考えられる。

こういう観点から考えてみると、このタイミングで靖国に参拝した意味というのは、表向きには真珠湾で「不戦の誓い」を立てたものの、その一方で欧米軍産に対しても「戦争への誓い」を立てたことになり、いわゆる世界支配層の「両建て主義」を暗示したものと考えられる。

稲田大臣のこのような行動も、海の向こう(CFRなど)から指示を受けていることが考えられ、当然のごとく、(これもCFRなどからの指示で)これに対して韓国が猛反発し、またしても茶番劇が繰り広げられていくだろう。

ネット上ではお馴染み、生長の家や統一教会、幸福の科学などの、(CIAの下部組織の)カルト信者と思われる連中や自民党のネット工作員などが、早速稲田氏の参拝を称えては、これに批判する人々を叩いてるけど…「そもそも靖国は日本の戦没者を称えるために存在しているものではない」こと、「右翼・国粋主義者のシンボルでもない」という大前提を理解しておかないと、間違った方向に誘導されてしまう恐れがあるので、賛辞の声も批判の声も含めて、この点を捉えていない意見については一定程度の距離を持って捉えておいた方がいいかと思うよ。

りのちゃん怒りssaつまり、これら「靖国カルト」の宗教団体から多大な支援を受けている稲田大臣は、今回の参拝でこれらの信者を喜ばせたのと同時に、「不戦のパフォーマンス」を行なった一方で、「軍産勢力に新たな誓いを立てた」と見るのが良さそうということですね。

トランプさんが大統領になることで、これらのシオニストの軍産勢力がどのように変遷していくのかがまだよく分かりませんが、今後も日本の軍産系議員の動向を特に注意して見ていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【ここで?】稲田防衛大臣が真珠湾からの帰国直後に靖国神社を参拝!「どの国も理解していただけると思う」

  1. 阿部総理の真珠湾訪問哀悼の意を表した翌日に、稲田防衛大臣は何故靖国参拝するのか?米国、中国、韓国から批判が出るのは明らかである!この大臣は世界世論の動向がわかっていない。和平を望むのであれば鳥頭である。おかしい!辞任するべし!

    • 川崎太郎」さま

      コメントいただきありがとうございます!(^^)

      >和平を望むのであれば鳥頭である。おかしい!辞任するべし!

      全くその通りだと思います。
      つまり、元から和平を望む気はゼロか、こうした行動を外部(ネオコン軍産勢力)から指示を受けている(やらされている)ものと考えられます。

      いずれにしても、日本にとっても世界にとっても、平和や安定を望む市民にとっては有害な大臣(政権)であるのは明らかですので、一刻も早く辞任してもらいたいものです。

Comments are closed.