【辞任せよ】稲田防衛相、森友学園の顧問弁護士としての出廷記録が出てきて一転訂正&謝罪!「記憶に基づいて答弁してしまった」

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園の顧問弁護士をしていた疑惑が出ていたものの、「全くの虚偽」とこれを全面否定していた稲田朋美防衛大臣が、2004年12月に森友学園の裁判に出廷していた記録が出てきたことで、一転、今までの発言を訂正し、謝罪した。

・稲田大臣は「一度も森友の顧問弁護士などを務めたことはなく、全くの虚偽だ」としていた前日の答弁について、「記憶に基づいて答弁してしまった」として謝罪。今後も大臣を続けることを強調しているものの、野党側は「虚偽答弁を行なった」として稲田大臣の辞任を強く求めていく方針

スポンサーリンク

森友訴訟
稲田氏出廷か…本人答弁と相違 裁判所記録

稲田朋美防衛相が2004年12月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが13日、関係者への取材で分かった。稲田氏は同日の参院予算委員会で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と述べていた。

【毎日新聞 2017.3.14.】

稲田防衛相、一転「夫の代わりに出廷したと…」森友訴訟

国有地売却問題に揺れる学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐり、稲田朋美防衛相は14日午後の衆院本会議で同法人の訴訟への関与を否定してきた一連の国会答弁について謝罪し、訂正すると述べた。稲田氏は同日午前の閣議後の記者会見でこれまでの発言は「私の記憶にもとづいた答弁」と説明したが、野党は虚偽答弁の疑いもあるとして辞任を要求する構えだ。

稲田氏は会見で、同法人が起こした民事訴訟で原告側代理人弁護士として自身が出廷した記録があるとの一部報道について、「(弁護士の)夫の代わりに出廷したのでは、と推測している」と釈明した。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2017.3.14.】

↓「委員会で突然聞かれたので間違ってしまった」と国会で釈明する稲田氏

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「かご・・・いけさん?」「名前くらいは聞いたことがある程度」と演技しつつとぼけていた稲田氏、ついに顧問弁護士としての出廷記録まで出てきて訂正&謝罪!

↓2月22日の国会。稲田大臣は籠池氏の塚本幼稚園について「聞いたことはありますけれど、その程度でございます」と答弁(11分くらい~)。

ついに稲田大臣が、言い逃れできない証拠が出てきたことで、ようやく観念して今までの答弁を訂正して謝罪したみたいね!
それでも、「記憶に基づいた答弁だったので、虚偽には当たらない」なんてふざけたこと言っているけど、こんなとんでもない理屈を当てはめたら、どんなウソを言っても虚偽にはならないじゃないのよ!

一体どこまで安倍政権の政治家たちは、ウソと開き直りとごまかしのオンパレードの根っからの詐欺集団なのよっ!?

まったく、菅官房長官はこれでも「全く問題ない」と言っているわ、ネット支持者も、前日に菅野氏が公開した書類に対して「ハンコがないからニセモノだ!」と言ったかと思えば、これが本物で稲田氏が訂正&謝罪したら、今度は話のすり替えによるマスコミ&野党批判を展開している様子だし、自民党の関係者というのは、どうしてこうも揃いも揃って、人を騙したり陥れることしか能がないゴロツキや詐欺師みたいな連中ばっかりなんだろうか

顧問弁護士として出廷までしているのであれば、たとえ過去の話だろうと「記憶から完全に消えている」というのはどう考えても有り得ないように思えるし、稲田氏は「10年前に大変に失礼なことをされたので関係を断ち切った」って言っているけど、それなら余計に籠池氏のことを記憶しているはずだし…彼女の国会答弁や現在の釈明は、終始全てにおいて整合性を欠いており、自らの都合のいいように徹底的に事実を捻じ曲げた上で、何としてでも父親の代からの籠池氏との深い付き合いを隠したくて仕方ないようだ。

白々しい演技をしてまで国会でウソを連発している時点で、大臣どころか国会議員も辞職すべきレベルだし、それぐらいに、この国民の信託を受けた国会をバカにした姿勢はあまりにも酷すぎる
国民は、稲田氏の辞任はもちろんのこと、それを全力で擁護する菅長官や安倍政権の議員全員を徹底的に追及していく必要があると思うよ。

 

お昼のワイドショーでも、揃って稲田氏の醜態をトップで放送!

さっき少しテレビを観ていたけど、ミヤネ屋などのお昼のワイドショーも、この稲田大臣のみっともない釈明の答弁を大々的に放送していたね。
岸博幸氏などの安倍政権の応援団といえるようなコメンテーターが稲田氏を痛烈に批判していたのが印象的で、須田慎一郎氏はTBSの番組で「完全虚偽答弁だ」とまで言っていた。

田崎氏みたいな100%安倍政権に忠誠を誓っているポチ以外は、どうやら徐々に空気を読みはじめて、安倍政権に見切りを突ける方向で動きはじめているような様子も見られる。

なんだかその場その場の空気を読みながらコロコロその立場を変えていくのも結構せこくてずるい気もするけど…とにかく、メディア界でも安倍政権と距離を置くような動きが出てきたってことね。

大手メディアの世論調査でも、軒並み政権支持率が下落している傾向が目立っているからね。
今後も稲田氏の一連の虚偽の疑いが非常に強い国会答弁についても強く追及していく必要があるし、今後も稲田氏の辞任も含めて、森友疑惑だけでなく加計学園などの学校利権の闇を徹底的に究明していく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket