愛媛・伊方原発が再稼動!山本太郎議員が怒りの声!福島原発事故の実態解明も反省もないまま、日本は再び原発社会へ!

Pocket

リオ・オリンピックのさ中、中央構造線上の”危険な原発”のスイッチがついに入る

スポンサーリンク

伊方原発3号機が再稼働 新基準で3か所目

愛媛県にある四国電力伊方原子力発電所3号機は、12日午前9時、原子炉を起動する操作が行われ、再稼働しました。新しい規制基準の下での再稼働は鹿児島県にある川内原発と福井県にある高浜原発に次いで、3か所目です。

【NHK NEWS WEB 2016.8.12.】

管理人正門近くで反対と怒号の声が飛びかう中、四国・愛媛県の伊方原発のスイッチがついに入れられた

この原発は、日本でも有数の巨大な断層系である「中央構造線」のすぐ近くにあることから、建設当初から強い反対運動が起こってきた日本でも有数の”危険な原発”だ。

今回の再稼動に対して、山本太郎議員もこのように怒りの声を上げているよ。(一部を引用・紹介しよう)

正気とは思えない

愛媛県の伊方原発が再稼動される。

正気とは思えない判断だ。

東電原発事故や熊本地震から一体、

何を学んだのだろうか?

~省略~

熊本地震の原因になった、

日奈久断層帯と布田川断層帯は、

国内最大級の活断層「中央構造線」の延長線上にあり、

伊方原発もその近くに立地する。

断層帯が飛び火的に動く可能性もあり、

熊本地震規模以上の地震が起こる可能性がある事は、

皆さんご存知の通り。

それに耐えられる安全対策など、できるはずもない。

熊本地震で目の当たりにした家屋の倒壊、道路などの寸断。

事故が起こった際に被曝を避ける屋内退避や、

車両による避難、バスでお迎えにあがります、

という避難の想定事体が

どれほど現実味がないか、子どもでも理解できること。

【山本太郎オフィシャルブログ2016.8.11.】

スポンサーリンク

りのちゃん困り3ssa本当に、現実のリスクを無視して強引に再稼動に突き進んでしまいましたね…。
まったく山本議員の言う通りかと思います。

管理人山本議員もこの記事の中で触れているし、先ほどの記事にも書いたけど、福島の小児甲状腺がんの多発は、もはや、疫学でも統計学でも「検査のしすぎが原因」という論拠は崩壊しつつある
それでも責任を認めるどころか、(これ以上の実態を隠蔽するためか)福島県は検査の規模を縮小することすら計画している状況だ。

福島原発事故の責任すらも誰も取ろうとしていない現実がある以上、何らかの抜本的な政策を行なわない限り、福島原発事故と同じことが永続的に繰り返されると考えるべきだ。

つまり、原発中心のエネルギー政策に逆戻りしようとしている以上、いつかはまた第二の福島原発事故が起こる可能性が高く、さらにはこれでも学ばずに、またまた新たな原発事故に向けて進み続ける可能性が高いということだ。

 

自分自身で考え、世間に流されずに適切に判断をしない以上、この国では生き残っていくことは出来ない

管理人今や日本のマスメディアは、露骨なまでに日本の権力者(上級国民)に利益誘導するための報道しか行なわない状況にまで堕落してきている。
こんなマスコミに影響を受けて、報道を鵜呑みにしていては、はっきり言ってしまうと、自らの財産どころか健康や生命までをも脅かされる状況に陥っていくだろう。

もはや、自分自身でこのような実情を知り、受け入れ、自分の頭で考えながら有益な情報を適宜取捨選択していかない限り、自分の身を守ることが難しい時代になっていると感じる。

みんなも、こんな中央構造線上に存在する原発が再稼動した現実を見つめ、日本で今何が起こっているのか、自分の頭で考え、想像しながら、この国での”生き方”を考えていってほしいと思う。

りのちゃん怒りssaこの先、大きな変化がない限りは、なし崩し的に次々と全国の原発が再稼動していきそうですね…。
私も自分自身の意見をしっかりと持って、いざと言うときの備えや身を守るための”力”を身につけていきたいと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket