NEWS23の星浩氏が、安倍総理の国会冒頭解散について「憲法53条に違反」と指摘!「改憲したいなら今の憲法を守ってからにしてもらいたい」

Pocket

どんなにゅーす?

・TBS系「NEWS23」の中で、メインキャスターの星浩氏が、安倍総理による臨時国会冒頭の解散宣言について「憲法違反ではないのかという指摘が出ている」と解説した。

・星氏は「総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会の召集を決定しなければならない」という憲法53条を提示した上で、「憲法論議をするのなら今の憲法を守ってからにしてもらいたい」と、手段を選ばずに自らの欲望に突き進む安倍総理を批判した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

政権発足後、度重なる憲法違反を繰り返してきた「前代未聞の無法内閣」安倍政権がまたも…!

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

「NEWS23」の中で星浩キャスターが、安倍総理がやろうとしている臨時国会冒頭での解散宣言について、「憲法違反に当たる可能性がある」と強く批判しました。

ツイッターが永久凍結される前に菅野完氏も同じことを指摘していたけど、確かにこの条文を見ると、実質的に「憲法違反」なのではと感じるね。
誰がどう考えても、国民を代表する野党が求めている臨時国会での審議を一切行なわずに、その冒頭で解散を宣言することで、国民への詳しい説明も様々な疑惑の真相究明も全て放棄した上で、自らの権力固めのための選挙に全ての力を注ぎ込むなんて、国民を愚弄したあまりにも汚い手口だね。

いかにも、決められたルールや道義もとことん無視した上で、四六時中国民を騙すことしか頭にない安倍総理らしい発想だし、これに対して国民が激怒するというのならまだいいものの、なんだか最近の世論調査では真逆の動きを見せて、支持率がどんどん上がってきてしまっているみたいだから、これはかなり深刻だ。

上のツイッターでもおっしゃっている方がいらっしゃいますが、いくら憲法という権力の暴走を防ぐ「歯止め」があっても、私たち国民がそれを上手に生かさない限り、結局は現在のように憲法違反が当たり前のようにまかり通ってしまうということですね。

どんなに優れた道具があったとしても、ボクたち人間がそれを使いこなすスキルや能力が無い限り、それを生かす術はないからね。
やはり結局は、ボクたち自身が「権力の暴走を厳しく監視し、憲法に違反している権力者を徹底的に排除する」意識と行動力を持たない限り、せっかくの優れた憲法も「宝の持ち腐れ」になってしまう、ということかな。

とにかく、ここまで繰り返し決められたルールを破り、国民を徹底的に侮辱した上で日本の民主主義を破壊し、戦争が出来る国づくりに突っ走る安倍総理を、これ以上絶対に跋扈させてはならないのは確かだ。
本来であれば、まさに今こそ安倍政権に強く退場宣告をするタイミングだし、一人でも多くの国民が客観的に現状を把握してもらうことを強く祈るばかりだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket