【これは酷い】江崎鉄磨沖縄北方担当相が「官僚の原稿朗読」宣言!問題発言を避けるために「しっかりとお役所の答弁書を読ませていただく!」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の内閣改造で新入閣した江崎沖縄北方担当相が、「官僚が作った原稿を朗読する」ことを宣言し、早速多くの批判が集まっている。

・2017年8月5日、江崎大臣は、愛知県での記者団との取材において、今後の国会答弁で間違いや問題発言を避けるためとして、「しっかりとお役所の原稿を読ませていただく。答弁書を朗読かな。」などと発言。実質、自身の大臣としての仕事を役所に丸投げしたと取られかねない発言として多くの批判を浴びており、その後のメディアの取材に対して「間違えたことを言ってはいけないという意味だった」などと釈明した。

スポンサーリンク

江崎沖縄北方相 答弁「役所の原稿朗読」 地元・愛知で発言入閣は「重荷」

江崎鉄磨・沖縄北方担当相(73)=愛知10区=は五日、地元の愛知県一宮市で記者団の取材に対し、今後の国会答弁で間違いを避けるためとして「役所の原稿を朗読する」などと発言した。担当閣僚としての責任を放棄したと受け取られる可能性がある。
安倍内閣では、稲田朋美元防衛相ら閣僚に不適切発言が相次ぎ内閣支持率の下落につながったことから、三日の内閣改造までに問題発言があった閣僚を軒並み交代させたばかり。それだけに改造直後に飛び出した江崎氏の不適切な発言は新内閣に打撃を与えそうだ。
江崎氏は、改造前の安倍内閣では閣僚の答弁が問題視されてきたことから、自身の対応方針を問われ「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。答弁書を朗読かな」と発言した。
北方領土問題に関しては「素人は素人。白紙で、皆さんの知恵で色をつけてもらうことが大切」などと話した。さらに、北方担当を含めた入閣そのものが「重荷だったの。はっきり言って」と心情を吐露した。
江崎氏は記者団の取材後、本紙の取材に対して、役所の原稿を朗読するとした発言の真意について「自分の思いで話すと、どこかで揚げ足を取られかねない。間違えたことを言ってはいけないという意味。答弁書を自分でチェックした上で読む」と説明した。北方領土問題に関しては「今まで専門に携わっていないということ」と釈明した。

【東京新聞 2017.8.6.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

早速飛び出した新閣僚の「世紀の放言」!「官僚の答弁書朗読宣言」によって自らが無能であることも宣言!

出典:YouTube

安倍総理が「仕事人内閣」なんて豪語していた新内閣がスタートしたけど、早速とんでもない放言が飛び出したわね~!
「お役所の原稿をしっかり読ませていただく」なんて…それじゃあそもそも大臣自体の存在が不要だし、一体この人は何のために政治家になったのよぉ!!

そもそも、「問題発言をしてはならないから」という理由でこんなことを宣言したみたいだけど、この宣言自体が「世紀の問題発言」であるという時点でもう、なんてコメントしていいかよく分からんよ…
ある意味でとても正直者だけど、これはすでに自らがかなりの無能であることを宣言したも同然であり、この時点で江崎議員は大臣不適格だろう。

しかも、沖縄や北方領土問題に関しても「素人は素人。」なんて自分でぶっちゃけちゃってるし、おまけに大臣就任そのものについても、本人は元々全く乗り気ではなく、一度入閣を断ったものの、二階氏からの説得によってしぶしぶ受けたみたいで、「重荷だったの。はっきり言って」とまでぶちまけてしまっている。

こんな人物が大臣を務めた所で、沖縄・北方領土の重大で難しい問題に向き合い、解決の道を模索していくことなど不可能だろうし、こんな内情が分かった以上、江崎氏は一刻も早くこの大臣の座から降りてもらうのを強く願うばかりだよ。

ったくもぉ、一体これのどこが「仕事人内閣」なのよぉ~っ!!
いきなりとんでもない放言と無能ぶりが露呈しちゃってるけど、この先一体どうなっていくのか、この調子じゃ「お先真っ暗」なのは間違い無さそうねっ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket