リオ五輪競歩の荒井広宙選手、日本側の抗議が実り失格取り消し!二転三転の末、銅メダル確定へ!

Pocket

二転三転の展開で最後はめでたく銅メダル獲得!

出典:Google

競歩荒井今度こそ銅だ!失格で幻の銅も再抗議実った

陸上男子50キロ競歩で、荒井広宙(ひろおき、28=自衛隊)が3時間41分24秒の3着でゴールした後に妨害行為があったとして失格になった問題で、日本陸連が国際陸連に抗議した結果、異議が認められて銅メダルを獲得した。

【日刊スポーツ2016.8.20.】

管理人ちょっとこの展開は予想していなかったけど、カナダチームからの抗議で一旦は失格となってしまった競歩の荒井広宙選手だけど、日本側の抗議の結果、今度はこっちが認められて失格が取り消し
今度こそ、めでたく銅メダルを獲得だ!

みはるちゃんニコニコssaあはっ!本当に良かったです~っ!!
私も問題のシーンを観ましたけど、荒井選手が故意にぶつかっているように見えませんでしたし、これは当然の結果だと思いますぅ!

管理人まったく、それなら最初からカナダの抗議を認めずにそのまま銅メダルでいいのに、その点で審判団やシステムにちょっと疑問を感じてしまうけど…まあなんにしても本当に良かった。

名実ともに日本史上初の競歩でのメダル獲得に、心からおめでとうと言いたいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA