【重要】安倍昭恵夫人が2015年9月4日に梶田叡一大阪私学審会長と会っていた!彼が学長を務める奈良学園大学を訪問!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍昭恵総理夫人の関与が強く疑われている森友学園疑獄について、2015年9月4日に森友学園の学校認可を担当していた梶田叡一大阪私学審会長と昭恵夫人が、(彼が学長を務める)奈良学園大学で会っていたことが発覚した。

翌9月5日に、昭恵夫人が新設小学校の名誉校長に就任し、籠池氏に100万円の寄付をしていた疑いがあることから、この二人の接点がネット上で大きな話題になっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

学校認可のキーマン、大阪私学審議会会長梶田氏と「あの時期」に昭恵夫人が会っていたことが発覚!

↓すでに削除されたという一般社団法人「重心道」のフェイスブックより。

出典:Twitter(@MahoArt)

こ、これはかなり重要な情報が出てきました!

昭恵夫人が瑞穂の国記念小学院の名誉校長に就任し、塚本幼稚園での講演会の際に100万円を籠池氏に寄付した前日に、彼女が奈良学園大学で梶田私学審会長と会っていたことが発覚しました。

ああ、学校認可における責任者と昭恵夫人が、名誉校長就任の同時期に会っていたというのは、これはかなり重大な情報だといえるだろう。

梶田氏は、3月23日の大阪府議会の参考人招致の際に、籠池氏の小学校が認可されるプロセスにおいて、「近畿財務局から『私学審で認可適当の答申が出れば、必ず森友学園に土地が渡るようにする』との確約が事前にあった」との証言をしており、学校認可も土地取引も”阿吽の呼吸”で異例の対応があったことをほのめかしている

さらには、これと時を同じくして、安倍総理も2015年9月3日に当時の迫田理財局長と異例の会談を行った後、翌4日に自民党の関係者も首を傾げる謎の大阪訪問を行なっており、ここで木造建築に関する補助金の支給が決定されたという、妙なタイミングの一致があったことは以前紹介した通りだけど、これにさらに、「昭恵夫人と梶田氏との面会」が加わったということになるね。

いよいよ、昭恵夫人本人が愛国カルト小学校の開校に向けて、学校認可や国有地割引に忙しく動き回っていた実態が浮かび上がってきているし、ますます「点」が「線」に繋がりつつあるような気がしているよ。

スポンサーリンク

梶田私学審会長も日本会議とかかわりの深い人物だったことが発覚

↓下の書籍の梶田氏との共著者はいずれも日本会議の有力者ばかり。

出典:Amazon

ボクがもう一つ注目したいのは、この私学審会長の梶田氏も、日本会議との関わりが非常に深い人物だったことが分かったことだ。

梶田氏が共著の一人として著した上の書籍だけど、渡部昇一氏八木秀次氏は言うまでもないものの、岡田幹彦氏というのも日本会議系のイベントによく登壇している人物のようだね。

『昭和天皇と大東亜戦争』 日本会議公開講座 【講師】岡田幹彦 平成27年12月13日

↓渡部氏や八木氏は天皇陛下の生前退位の有識者会議でも名を連ねている。

出典:Twitter(@mas__yamazaki)

さらに、上の本の出版元である「モラロジー研究所」というのは、日本会議に参加している公益財団法人であり、その活動実態は実質的に新興宗教団体であるとの声も多く出ている。

ネット上の情報によると、実際に一般の人を「宗教ではない」と言いながら勧誘しては、その他の日本会議系新興宗教と同じような「愛国カルト思想」を布教しているような、非常に怪しげな団体のようだ。

当事者は「宗教ではない」と称していますが、モラロジー(正式名称は「公益財団法人モラロジー研究所」)は、宗教団体です。

~省略~

モラロジーの構成員は「私たちは宗教団体ではないので安心です」と称して、勧誘を行いますし(私はキリスト教徒ですが、モラロジーから勧誘を受けたことがあります。相手は、私がキリスト教徒であることを知りませんでした)、「宗教団体ではありません」として、公的な教育活動に口を挟んだりします。

~省略~

モラロジーは、日本国憲法を解体し、戦前の封建的なイエ制度を復権させようという政治思想を持っており、右翼団体である「日本会議」の構成団体の一つでもあります。
モラロジーの創設者である廣池千九郎は天理教の信徒でしたが、天理教入信前に神道の研究者としても活動をしており、モラロジーの教義には、天皇を頂点とする国家神道の影響が色濃くあります。モラロジーは、「父性」「母性」を強調し、現代のフェミニズムを否定する、いわゆる「バックラッシュ」勢力のひとつとして積極的に活動しています。

【Yahoo!知恵袋】

な、なるほど…!
この梶田さんに関する情報はあまり多くはないですが、この情報を見るに、やはり彼も安倍政権や維新と同じく、日本会議や、それを取り巻く新興宗教と深い関わりを持っていそうですね。

ああ。つまりは、元々カルトと親和性の高かった私学審会長の梶田氏も、様々なカルトやスピ系団体とも密な交流を持っている昭恵夫人とも非常にウマが合い、以前より交流があった可能性もあるんじゃないかな?

籠池夫妻も生長の家の出身者だし、つまりは森友学園・安倍政権・昭恵夫人・維新・その他官僚や大阪府の関係者をつなげているのは、「日本会議」とそこに介在している「数々のカルト宗教」という大きな絵が徐々に浮かび上がってきているんだよ。

梶田氏に関する情報ももう少し欲しいところだし、この梶田氏と昭恵夫人とのつながりに関してももう少し掘り下げれば、よりはっきりした絵が浮かび上がってくるかもしれないね。

いよいよ森友学園疑獄は、日本の奥底に巣食って来た「大きな闇」を徐々に照らし始めてきているといえるかもしれません。

大手メディアも是非とも、この昭恵夫人と梶田氏との接点を大々的に報道して欲しいと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket