安倍昭恵夫人と元暴力団組長との付き合いをフライデーがスクープ!元組長の動物愛護団体「J‐Taz’s」の名誉顧問に就任!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍昭恵総理夫人と元暴力団組長との交流の実態を写真週刊誌フライデーがスクープした。

・フライデーでは、昭恵夫人と元暴力団組長である細康徳氏との集合写真を掲載しており、昭恵夫人は元組長が運営する動物愛護団体「J‐Taz’s」の名誉顧問を務めているという。

・昭恵夫人は、元暴力団関係者であることを分かった上で親密な関係を持っており、細康徳氏に「刺青見せて~」とよくせがんできたりしたという。

スポンサーリンク

出典:しあわせの青い鳥

安倍昭恵夫人「怪しげな”交流”」自称映画監督の詐欺師や動物愛護活動の元暴力団組長

森友学園問題で渦中の人になった安倍首相夫人・昭恵だが、アサヒ芸能とフライデーに詐欺師と元暴力団組長とも”交流”があったと報じられている。アサ芸が名指しするのは40代の米国人平和活動家、マット・テイラーで、2008年に車の中で練炭自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子(享年29)の最後の恋人としてメディアに取り上げられたことがある。

山口県出身者で占められている後援会「長州友の会」は昭恵が運営委員を務め、安倍首相も何度も講演に訪れている。そこに映画監督としての顔も持っマットが入り込み、広島の原爆を題材にしたドキュメンタリーを制作すると吹聴し、昭恵はそれに共鳴して「事あるごとに上映会を開いては、彼の活動のための募金箱を設置して、参加者から集金していました」(地元有力者)

なかには1度に10万円も募金した人もいるという。カネは彼が代表を務めるNPO団体「GNDF(世界核兵器解体基金)」の活動費になったそうだが、今に至るまでひとつも解体していないどころか、こうした高尚な名目を立てカネを集めるのがマット流だそうで、98年には「タイタニック引き上げ品展」をやったが、イベント運営費を払わず「収益をネコババした過去もあります」(NPO関係者)

大手芸能事務所幹部はマットが核兵器を解体する瞬間を映像に撮らせるからという条件で1000万円出資したが、出資金詐欺だと知り返還を求めたら逆に活動妨害で訴えられたそうだ。反訴してマットの詐欺行為が認定され、返金命令が出たという。

~省略~

そこに動物愛護団体「J-Taz’s」の代表と彼女が写っている写真が掲載されている。その代表は元暴力団組長だった人間で、そこが昭恵の名前を使って寄付金集めをしているという情報が流れているそうである。

フライデーの取材に、代表は昭恵の友人が渋谷で犬を保護したことがきっかけで連絡を取り合うようになったと話している。自分が元暴力団の組長で、指がなく入れ墨があるのも事実だが、昭恵の名前でカネ集めをしたことはないと否定した。飲み会のとき、酔った昭恵から「代表、入れ墨見せて」とよくせがまれたが、「こんなもん人に見せるもんやない」と断ったという。天真爛漫なのかバカなのか。「大麻容認発言」など一歩間違えれば大スキャンダルになりかねない妻の行動や発言に、夫は気が気ではないだろう。

【J-CASTニュース 2017.4.7.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍昭恵夫人の怪しげな活動実態はとどまるところを知らず!

こ、今度は元暴力団組長や自称映画監督の詐欺師と親密交流ですってぇ!?

一体どこまで昭恵夫人は、胡散臭い活動に熱心に取り組んでいたのよぉ~!!

うちのサイトでも、昭恵夫人が熱心にのめりこむ「大麻普及活動」について記事にしたことがあったけど、ホントに、唖然とするほどの実にいかがわしい交際実態だね~。

しかも、この動物愛護団体の「J‐Taz’s」(2015年に「UKC Japan」から名称変更)というのも、ちょっと怪しい組織らしく、ネット上でもあまり芳しくない声や評判が出ている感じなんだよ。

UKC JAPANって、どういう団体なんですか?

UKC JAPANって、どういう団体なんですか?
ピットブルの血統書の発行団体が、警戒区域内の犬のレスキューもやってるのですか?

補足
UKCジャパンが、UKCアメリカ本部の日本法人かと思ったら、関係ないみたいですね。

ベストアンサーに選ばれた回答

どんな団体であっても、犬猫が助かればいいではないか、
という考え方もあれば、犬猫を隠れ蓑に怪しい事をするなんて、
と考える人もいます。
少なくとも、現状で犬猫を助けているのは事実、
そして昔からしっかり保護活動に関わって来た方々の間では、
「限りなく胡散臭い団体」と信用さていないのも事実です。

~省略~

元暴力団夫婦が経営する怪しい血統書代理発行団体ですね。
しかし、UKCと上手く行かず、血統書発行も滞り…(笑)
商売(ピットブルの繁殖と販売、ピットの血統書発行の代行)が行き詰まり、
保護活動に精を出すようになりましたが、依然怪しい噂は絶えず、、
(そもそもが、自分たちが扱うピットの里親探しに迫られてが発端です)、
現実性に著しく欠けた大規模保護施設話をネタに、多額の寄付を募ったり、
政治の裏舞台にも手を延ばしてみたり、
抜け目ない自己PRを盛んにやったりもしています。
その点からも、純粋な保護団体さんとは明らかに違います。
また、この団体の代表の女房が衝動買いしてすぐ飽きたスタンプーを
「保護犬」と称して保護施設に送り込んだという内部告発の噂?も…。

そもそもUKCの存在意義自体が、ワケありなんです。
アメリカ最大の血統書発行団体AKCでは、闘犬種であるピットブルは、
認められていないために血統書を発行して貰えません。
その受け皿として存在しているのがUKCなわけで。
ちなみに、ピットブルはJKCも認めていません。
なので、この団体が自分たちが犬の販売の助けになる、
UKCの血統書の発行代理業も始めたわけです。
ピットブルはヨーロッパでは多くの国で飼育禁止、
アメリカでも州によって厳しい規制があります。
今はどうかは知りませんが、昔のこのUKC japanのピット販売サイト、
真にこの犬種の幸せを祈るならあり得ない安直な犬種礼賛オンリー、
躾の重要性にはほとんど触れず、まして世界で発生している、
家庭に飼われたピットが引き起こした凄惨な事故には触れず。
ラブラドールを売るのと同じ気分の、何だかな〜なHPでした。

質問した人からのコメント

シェルター建設の資金集めに、安倍総理の奥さんを広告塔にして、力があるというアピールですかね

【Yahoo!知恵袋】

上の知恵袋は2013年にやり取りされたものだけど、その他のアンサーでもネガティブな答えが寄せられていたし、少なからずこの世界では評判が良くない団体みたいだ。
おまけにこの元組長が昭恵夫人の名前で寄付金を集めていたという話も出ているので、やはり、昭恵夫人の一連の行動に大きな問題があるというのは間違いないだろう。

どちらにしても、昭恵夫人は、ほとんど後先考えずに自分が気に入ったものにのめり込んで、総理夫人の肩書きをフルに利用しては、権力を笠に着ながらかなり好き勝手に動き回っていた実態が浮かび上がって来ているわね!

そして、時には気に入った人に国のお金を横流ししたりすることで、好きな人から感謝されたり喜ばれるのが気持ちが良くて仕方なかったんだろうね。

こんな昭恵夫人の暴走を止めずに、好き放題にやらせてしまっている安倍総理も情けないことこの上ないし、これらの昭恵夫人の問題行動は総理の責任問題にも繋がる

「刺青見せて~♪」のチャラさと脈絡の無さはまさしく閉口ものだし、国家を私物化して暴走しまくっては、いざとなればそそくさと逃げ隠れてしまう昭恵夫人を、何としても証人喚問に呼ばなければならないだろう。

とにかく、森友疑獄ともども、今後もあらゆる件で徹底的に安倍政権の責任を追及していく必要がありそうだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket