【中国包囲外交&ばら撒き】安倍総理、ベトナムに新造巡視船の提供と1200億円の円借款供与を約束!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月16日、安倍総理がハノイでベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談し、中国の海洋進出をけん制する体制を確認し合い、新造巡視船6隻の提供と1200億円(トータルで2500億円規模とも)の円借款供与や経済支援を約束した。

スポンサーリンク

安倍首相、巡視船供与を表明=南シナ海問題で結束-日越首脳会談

【ハノイ時事】安倍晋三首相は16日午後(日本時間同日夕)、ベトナムのグエン・スアン・フック首相とハノイの首相府で会談した。両首脳は、中国が軍事拠点構築を進める南シナ海の安定化に向け、結束して対処することを確認。ベトナムの海上保安能力向上のため、安倍首相は新造巡視船の供与を表明した。
両首脳の会談は4回目。安倍首相は会談の冒頭、ベトナムが今年議長を務めるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の成功に向け、全面的に支援する考えを示した。
南シナ海問題に関し、両首脳は武力による威嚇を行わず、国際法に基づき対話し、関係国が自制することが重要との認識で一致した。

~省略~

安倍首相は、気候変動対策への支援や下水道など新規のインフラ整備に約1200億円の円借款供与を約束した。

【時事通信 2017.1.16.】

日本・ベトナム首脳会談、新造巡視船6隻の供与を表明

安倍総理は新たに製造した大型巡視船6隻を、今回初めて供与することを表明しました。さらに、人工衛星による災害気候変動対策など、日本の技術力で貢献する考えを強調。今年度中の対ベトナム支援額は、2500億円規模となります。

【TBS Newsi 2017.1.16.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「中国包囲網(中国との緊張拡大)」と「軍産メーカーの利益」ためにアジアを歴訪中の安倍総理、ベトナムでも大盤振る舞い

りのちゃん怒りssa安倍総理がフィリピンに続いてベトナムでも中国包囲外交を展開したみたいです。

ベトナムとはTPPの継続や中国に対するけん制など、割と思惑が一致するような展開になったようで、フィリピンのドゥテルテさんの時のように恥を晒される展開にはならなったようですね。

管理人今回のベトナムでの会談内容を見ても、安倍総理は、中国の脅威と緊張をアジア全体に煽ることで、大量に献金を受けている兵器メーカーへの利益誘導の目的のために、歴訪している諸国に軍事関連の商品を積極的に売り込んでいると見ていいだろう。

そのように考えると、フィリピンでも地対空ミサイルか何らかの兵器を提供しようとしていた可能性は十分あるし、こうした安倍総理の「戦争ビジネス」をドゥテルテが嫌がった可能性はかなりあるかと思われる。

こういう動きを見ても、安倍総理は国内外の軍産複合体からかなり強力な支援と(死の)商人の役割を請け負っていることが考えられるし、日本国民の税金がこういう軍産勢力の利益拡大のために大量に消えていることが予測できるだろう。

どちらにしても、こんな軍産やグローバル企業を潤わすような外交や政治を許している限りは、日本国民の生活が豊かになることなど有り得ないと言っていいと思うよ。

りのちゃん怒りssaそれを示唆するように、安倍政権になってから実質賃金が激しく下がり続けているようですし、世界中に高性能の武器が拡散されていくことで、戦争の危機があちこちに植えつけられることになってしまいます

こうした世界に不幸を招くような「負のループ」を断ち切り、もっと国民に税金を還元する政治にシフトさせていかない限り、日本国内がますます疲弊し、さらには世界大戦の危機が増大していくことは避けられなさそうですね…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA