安倍政権が「TPP承認案」を参院本会議で強行採決!アメリカ不在の中、日本はいつでもTPPに署名できる状態に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月9日、TPP承認案が参院特別委員会に続いて参院本会議で強行的に可決され、日本においてのTPP承認手続きが全て終了した。

・その一方、次期アメリカ大統領に就任する見通しの高いトランプ氏がTPP脱退を明言していることから、発効は不透明な状況

スポンサーリンク

TPPを承認=発効は絶望的―安倍首相、米へ働き掛け継続

環太平洋連携協定(TPP)と関連法が9日の参院本会議で、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、承認、成立した。

トランプ次期米大統領が協定の枠組みからの離脱を表明、発効は絶望視されているが、安倍晋三首相はTPP実現に向け、米側への働き掛けを継続する意向だ。

TPPは、日米やニュージーランドなど太平洋を囲む12カ国が参加する広域の自由貿易協定(FTA)。首相はTPPを成長戦略の柱に位置付けている。

発効は域内の国内総生産(GDP)合計額の85%以上を占める6カ国以上の承認が条件。ただ、12カ国全体のGDPの約60%を占める米国の承認が不可欠となっている。

【Yahoo!ニュース(時事通信)2016.12.9.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「TPP断固反対」を掲げて政権を取った安倍政権が、「究極の裏切り」でついにTPP国内手続きを完了させる!

TPP断固反対

管理人「TPP断固反対」の公約を掲げて政権を取った安倍政権だけど、これが見事に大嘘をついて180度変節
本日ついに、野党の猛反対の中で参院本会議でも強行的に採決を行ない、TPP承認案が全て可決成立
これで、日本はTPPに署名する準備が整ってしまったといえる。

現時点ではトランプ氏のお陰で、TPPは暗礁に乗り上げている状況だけど、ついに安倍政権の売国はここまで来てしまったという感じだ。
そして、もしヒラリーが当選していたことを考えると…背筋が寒くなるねえ。

あおいちゃんキレ1ssa大嘘つきで、あらゆるルールや秩序を破壊しまくる安倍政権は、もう完全に狂って狂って狂いまくっているわ!!
この政権のせいで、一体どこまで日本が破壊されたのよ!?

管理人法律や憲法までも踏みにじり、ウソや裏切り、詭弁や脅しも駆使することで、社会的なモラルも破壊しつくしてきたし、まさに「デストロイヤー」というあだ名がふさわしいのが安倍政権だね。

(小泉政権もそうだったけど)こういう売国政権「のみ」が日本で強い権力が与えられ、長きに渡って国のトップに君臨するというのも、日本がいかに独立国家とは程遠い、海外の支配層に徹底支配された「傀儡国家」であるのかを、地で証明しているといえるね。

こんな重要な局面でも今日もワイドショーは相変わらず韓国一色だし、まさに長渕剛の「だまされね~ぜワイドショー」といったところだ。

 

「TPP成立は絶望的」というマスコミの報道に要注意!TPPはまだ死んでいない

あおいちゃん怒りssaそれにしても、トランプさんがTPP脱退を固く表明しているのに、どうして安倍政権はこんなに狂ったようにTPPに突き進んでいるのかしら?
こういう安倍政権を見て「一体何をやっているんだ?」と呆れた声も多いように見えるけど…。

管理人ボクは、安倍政権のこの動きを見ても、TPPはまだ死んでいないと考えている。
むしろ、まだその可能性は結構残されているものと見ている。

それを判断する上で一つのチェックポイントとなるのが、「トランプが本当に大統領に就任できるかどうか」ということだ。

アメリカでは12月19日に選挙人による投票が行なわれるけど、ここで一般投票の結果と同じ結果が出れば、トランプ大統領の実現に一歩近づくだろう。

その後も大きなトラブルなく、トランプが大統領に就任できたとしても、トランプ本人が強烈な圧力によって変節していく可能性もゼロではないし、トランプはTPP脱退に加えて「(グローバリストの大きな資金源となる)パリ協定からの脱退」「(偽旗テロだった)9.11事件の再調査」、さらには「(ロスチャイルドの私物である)FRBの解体」などを明言しており、これを実際にやろうとするとなると、暗殺を含め、世界支配層のシオニストらから相当な脅しと圧力がかかっていくことは避けられないだろう。

トランプ本人を懐柔させることを含め、グローバリストは決して自身の野望(世界統一政府)の実現のためにも、TPPをあっさり諦めることは考えられづらいし、もし、TPPが完全に息を吹き返してしまった暁には、もう日本は(今回の承認案可決・成立で)これを避ける方法がなくなってしまった

つまり、トランプが現時点でTPP破棄を声高に宣言している時点で、「TPPはもうない」と決め付けてしまうことはかなり危険ということだ。

あおいちゃんかなり困りssaた、確かに、これらをトランプさんが本当に実行するとなると、とんでもない圧力がかかっていきそうね。
本当にこんなことがトランプさん一人で実現できるかしら?

そして、こういう風に考えても…TPPが完全になくなったと考えるのは、やっぱり危険そうね。

管理人ほとんど日本では報道されていなかったけど、実質、シリアを通じてアメリカとロシアが代理戦争状態に陥っていた状況が、トランプ当選により一気にこれが鎮静化に向かってきている。
恐らくヒラリーが当選していれば、これがますます激化し、第3次世界大戦に発展する可能性が大だったけど、トランプ当選のお陰でこれがひとまず回避されたのはかなり大きい

トランプがこれらの改革に乗り出すとなると、プーチンとの協力が不可欠になるし、実際、プーチンと連携をしながらこれらの難題をどう進めていくか模索していくこととなるだろう。

まずはトランプが無事に大統領の椅子に座れるかどうかを見届けつつ、世界や日本、安倍政権がどうなっていくかを俯瞰的にウォッチしていくのが大事かと思うし、TPPについても今後も油断禁物であることは間違いないかと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

2 Comments on 安倍政権が「TPP承認案」を参院本会議で強行採決!アメリカ不在の中、日本はいつでもTPPに署名できる状態に!

  1. TPPに関しては世論調査で賛成と反対が同じぐらいなのも問題ですね
    カジノが駄目なのは誰にでもわかりますが
    TPPは討論番組を見たり自分で調べないとわからないですからね

    • 反安倍さま

      TPPについては、どう見ても、意図的に地に足が着いた詳しい報道を行なわないようにしている動きを感じます。
      これは、TPPによって大きな利益を得るグローバリスト(ロスチャイルドなどが大株主の多国籍企業)が圧力を強くかけていることが考えられ、これによって、多くの国民がいまだに「TPPって一体何なの?」という認識であることが状況を難しくしています。
      (そのため、TPPの賛否を問う世論調査では、「どちらともいえない」がかなりの数になる状況に…)

      アメリカのマスコミも似たような状況なのですが、それでもTPP反対のトランプが当選したということは、アメリカ人は日本人より積極的に自分で情報を調べ、日本ほどマスコミを信用していない…ということになるかと思います。
      (世界的にも勤勉と言われる日本人、実は意外に勤勉でもなかったということですね…^^;)

      どうか日本人も、もっと積極的に情報を収集し、自分自身で考える習慣をつけることで、「自らが世の中を変えていく」という、かつての行動力や勤勉さを取り戻してほしいものです。

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA