【マジで?】山本太郎氏が比例「最多得票」との情報!ネット「これで落選って逆にスゴイ」「衆院選が待ち遠しい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月21日投開票の参院選において、ネット上で、れいわ新選組代表の山本太郎氏が「比例史上最多得票を得た」との情報が出ている。

・山本太郎氏のれいわ新選組は、あらかじめ順位付けした候補を優先的に当選させる「特定枠」を採用。これにより、今選挙で山本氏自身が落選する可能性が高まっている事態に対し、多くの驚きの声が上がっている。

※4:23追記あり、および記事タイトルを一部修正しました。

れいわ新選組の山本太郎氏、まさかの「比例最多得票で落選」か!?

出典:れいわ新選組

出典:Twitter(@cross_natural_9)

今選挙での当選が厳しい情勢と伝えられている山本太郎氏ですが、ネット上で「比例史上最多得票数」を得たとの情報が出てきています!
これが本当であれば、これまでの歴史を塗り替えるほどに、山本太郎さんが国民から多くの支持を受けたということになります。

(政党名での投票や特定枠の制度などを考慮しつつ)現時点の概算での予想なので、はっきりとしたことは分かっていないけど、山本太郎氏のれいわ新選組がかなり多くの票を獲得したのは確実だし、少なからず、これまで例を見なかった「史上最多得票落選者」になるのは確実だろう。
そういう意味でも、どちらにしても、まさに「伝説」といってもいいような事態だね。

※4:23追記:どうやら、個人名投票のみでは史上最多得票には届かなさそうな模様。ただし、ボクの父など、山本太郎氏を支持して「れいわ」と投票した有権者も多くいるのは確実なので、これらを含めると、現時点でも最多になる可能性がある上に、今回の比例区において最多得票になるのは確実だ。

ようやくTVが選挙後に一斉に彼らのことを報じ始めたものの、こうした太郎氏やれいわ新選組の本質や実力について、彼らTV局が正しく伝えることは永久にないだろう。

太郎氏の存在がなければ、船後氏と木村氏の2人が国政に進出することも有り得なかったし、そういう意味でも、本当に特別な”価値”と”名誉”のある落選といっていいんじゃないかな。
まさに、彼による、失敗を恐れずに、一切の保身をかなぐり捨てた「大胆不敵な戦法」が、「本当の社会弱者たちの”声なき声”を国政に反映させる体制」を作り出したし、これは次の衆院選も楽しみになってきたね。

まさに、「見ている人はきちんと見ている」ことが数字に表われた今回の選挙だったと思いますし、結果そのものは(予想通りの)安倍政権の勝利となりましたが、その中でも、多くの望みや得るものが多かった選挙でもあったと思います。

詳しい総括は、改めて別の記事で述べようと思うけど、れいわ新選組の貴重な勝利と、大手テレビ局の深刻な腐敗と堕落が顕著に表われた参院選だったと思う。
ひとまず、れいわやその他野党を懸命に応援した有権者や候補者の人たちに対して、「本当にお疲れさま」と言いたいと思うよ。

Pocket