■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

WHO、既存の新型コロナワクチンの度重なる追加接種は「有効な戦略ではない」!「新たなワクチン開発が必要」との見解!→日本国内では「3回目のブースター」が進められている中で…

WHO、既存の新型コロナワクチンの度重なる追加接種は「有効な戦略ではない」!「新たなワクチン開発が必要」との見解!→日本国内では「3回目のブースター」が進められている中で…
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月11日、WHOの専門家グループは、既存の新型コロナワクチンの度重なる追加接種は「有効な戦略ではない」との見解を明らかにした。

・そのうえで、WHOは「新たなワクチン開発が必要」と強調。グローバル製薬会社に「最新の変異株に対応するワクチン」を開発するよう、暗に呼びかけた。

追加接種の繰り返し「持続可能でない」 WHO

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)の専門家グループは11日、新型コロナウイルスの既存のワクチンの追加接種を繰り返すことは新たな変異株に対する有効な戦略ではないとし、感染予防効果の高い新たなワクチン開発が必要だと訴えた。

新型ウイルスの変異株に対するワクチンの効能を評価するWHOの技術諮問グループは、変異株が出現するたびに既存のワクチンを接種し直す戦略は「適切でも持続可能でもないと思われる」と指摘。

~省略~

【MSN 2022.1.12.】

日本では「3回目のブースター」が加速している中、今頃になってWHOが「既存のコロナワクチンのブースターは有効な戦略ではない」と発表!

出典:WHO

当サイトでは、新型コロナワクチンの「度重なるブースター接種」に非常に強い懸念を示してまいりましたが、今頃になってWHOが「有効な戦略ではない」との見解を明らかにしました。
相変わらず、動きが非常に遅いですし、すでに4回目のブースターが行なわれている国もある中で、すでに手遅れの感も否めません

前にも述べたけど、「より強い効果を求めて闇雲に薬物を大量摂取すると、思っていたような効果がほとんど得られない上に思わぬ健康被害が出る場合が多い」なんていうことは、専門家でなくとも誰でも分かると思うんだけどね…。
どれだけ既存のワクチンをブースター接種しても、オミクロン株の感染予防に全くと言っていいほど効果が無いことが確定的になっているし、「重症化を抑える上ではいくらか有効」といった理由で、さらなるブースター接種を行なうべきなのかどうか、本来であれば「メリットとデメリット」とを秤にかけて慎重に考えなければならない
しかし、今日もワイドショーでは、グローバリズムにすっかり毒されてしまっている思考力ゼロの無能なコメンテーターや、製薬企業からギャラをもらっている悪徳御用医師が、(壊れたテープレコーダーのように)3回目のブースターを一刻も早く進めていくようしきりに訴えている有様だし、今回のWHOの発表に対して、彼らは一体どうするつもりなのだろうか。

とにかくも、「治験(人体実験)状態」の新型コロナワクチンの「タガが外れたブースター」をストップさせるべきですし、WHOが「新たなワクチン開発が必要」と明言し始めた以上、「バージョンアップしたデジタル奴隷監視ワクチン」のローンチについても警戒する必要がありそうですね。

世界のワクチン界を牽引してきたビル・ゲイツやその関係組織は、ワクチンそのものに個人の接種歴などのデータをインプット・参照できる「ナノチップ入りワクチン」の特許をすでに取得しているし、「最新の変異ウイルスの登場に合わせて、(デジタル奴隷監視)ワクチンもどんどんバージョンアップさせていく」流れが出来つつある状況だ。
ボクたちが予想していた通りに事が進んできているし、今後も、WHOやグローバル組織の動きに最大級の警戒感を持ちながら、国内外の流れをウォッチしていく必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事