■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【異様】「広告配信を一方的に停止」作家の如月真弘氏が抗議のためにツイッタージャパン社へ→ネットの知識も無い老年男性が終始床に跪いて”土下座”対応!

【異様】「広告配信を一方的に停止」作家の如月真弘氏が抗議のためにツイッタージャパン社へ→ネットの知識も無い老年男性が終始床に跪いて”土下座”対応!
Pocket

どんなにゅーす?

・作家の如月真弘氏が明かした、ツイッタージャパン社へ抗議に行った一連の経緯のレポートが物議を醸している。

・如月氏は、4万5千円あまりを支払って、ツイッターで有料広告(プロモツイート)のサービスを利用したものの、小説の表紙が「性的なサービスや商品に当たる」として配信が停止される事態に。返金処理もないことから、これに怒った如月氏は異議申し立てのためにツイッタージャパン社を訪問

・ところが、この際に対応した従業員がネットの知識もほとんど無い老年男性で、おまけに冷たく固い床に終始ひざまづいて対応していたことから、如月氏が座るように促したところ、「こうすることになっていますので」と返答。こうしたツイッター社の体質に強く憤慨した経緯が綴られている。

「そうすることになっています」 Twitter社員の「床にひざまずいて対応」が議論に 広告停止された作家のツイート発端

「床にひざまずいて対応」を強要するのは人権侵害ではないか――。Twitterに広告配信を停止され、Twitter Japanのオフィスビルまで直接抗議に行った作家、如月真弘(@mahirokisaragi)さんのツイートが発端となり、Twitter Japanの対応が議論を呼んでいます。ネット上ではハラスメントや人権侵害にあたるのではと疑問視する声も。編集部では如月さんおよびTwitter Japanに詳細を聞きました。

~省略~

自身の作品を一方的にポルノ認定され、広告を禁止されたことにも腹を立てていた如月さんでしたが、それ以上につらかったのが、対応にあたったTwitter Japanの社員が「ご高齢なのに私に対し終始、床に直接跪(ひざまず)いて応対された」こと。あくまで如月さんの主観ですが、対応にあたった社員は「大変なご高齢」で「明らかに定年後にクレーム係として再雇用され」たように見えたそうです。そしてソファに座る如月さんに対し、Twitter Japan社員は何十分もの間、冷たいロビーの床にひざまずいた姿勢のままで対応。如月さんが座ってほしいと頼んでも「こうすることになっています」と答えたといいます。

「姑息な作戦にお年寄りを使うTwitter社の魂胆に、私は正直、何よりも腸(はらわた)が煮えくり返りました」と如月さんはツイート。如月さんの怒りは、矢面に立たされているTwitter Japanよりもむしろ、現地スタッフに凍結解除などの権限を与えず、このような対応をさせている、米国のTwitter本社に向けられていたようでした。

~省略~

対応したのはどのような立場の人で、「床にひざまずいて対応」は誰の指示だったのか。編集部ではTwitter Japanにも直接問い合わせてみましたが、残念ながら個人の書き込みに対しTwitterとして公式にコメントを出すのは差し控えたいとのことでした。

~省略~

また、他にもネット上では、如月さんの「山本五十子の決断2」のカバーイラストが“性的に見えるかどうか”を巡って議論にも発展していましたが、Twitterによると、一般的にプロモツイートの場合、テキストや画像それぞれに専門の担当チームがおり、通常のTwitterルールよりも厳しい基準になるとのことでした。

【ねとらぼ 2018.2.15.】

安倍政権やヘイト勢力との関係も取り沙汰されてきたツイッター社の「異常な体質と実態」を垣間見る貴重な情報

出典:ねこにゅ

前からツイッター社におけるおかしな体質や怪しげな噂がちらほら上がっていたけど、この話が全て本当なのなら、この会社は相当にクレイジーなブラック企業みたいね。

今回のライトノベルは角川から出版された全年齢向けに書かれたものとのことで、これが実際に広告費も払った上でその後に一方的にポルノ扱いされ、配信が停止させられてしまったのであれば、それはクライアント側が怒ったり抗議をするのは当然のことだろう。

こうした状況を見る限り、コンテンツがポルノに当たるのかどうかを主に判定しているのは、ボットやAIなどの「人間ではないシステム」が行なっている可能性もありそうだ。
しかし、これらの「得体の知れない何者か」が下した裁定に対して、異議申し立てや詳しい理由を問い合わせる手段というのがほとんどなく「これらの”裁定”に人間がされるがまま従うのみ」という、非常に理不尽な環境がネット上にどんどん増えてきているのが現状だ。

おまけに、このツイッタージャパンの雇用体制やオフィスの中がどうなっているのかもかなり気になるし、ここのCEOが安倍礼賛系のヘイトデマサイトを愛読している実態や、安倍政権との近さを指摘する声もあるわよね。
どちらにしても、この会社は色々な意味でかなり奇妙な側面がありそうね。

安倍政権のネット工作部隊と通じているのではないかとの噂もあったり、悪質なヘイトスピーチを半ば野放しにしている中で、ヘイトに反対してきた有名人を凍結したりなど、色々な悪い評判が絶えないけど…その実態はアメリカの外資系のグローバル企業ということで、(フェイスブックなどとも同じく)CIAやNSAなどと通じながら世界市民のビッグデータを集めつつ、地球上の人々の思想や言論の動向などを監視している可能性を疑うのがいいかもしれないね。

そして、この先のインターネットの世界は、彼らが日々開発し、進化し続けているボットやAIによって人間がより強固に支配されるようになってやがてはネット上の言論・表現空間は完全にAIのコントロール下におかれることになりそうね。

現状、グーグルの広告サービスやコンテンツの内容に関しての裁定(検索順位やサイトや記事の優劣)を下すネット巡回システムも、ほぼ完全にボットによって全てが決められてしまっておりボクたち人間は為す術なくそれに従わされるのみとなってきているからね。
今後はますますAIによるネット空間の統治が進んでいくだろうし、やがてはこれがネットを超えて、リアルな生活空間にもAI(人工知能)の人類支配が本格的に及んでくることとなるね。

グローバリストが作り出した「AIよる人類支配」は私たちにとって本当に大きな脅威になりうることだし、すでに”彼ら”による表現規制や言論支配が始まっている分、私たちはもっと現在のネット空間におけるグローバル資本勢力と人工知能による支配に対して、危機感と警戒感を持つべきなんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事