【座布団10枚】辻元清美議員「”もりそば”と”かけそば”だけだと思っていたら、”スパゲッティ”まで出てきた。”もり・かけ・スパ”だ!」

Pocket

どんなにゅーす?

・立憲民主党の辻元清美国対委員長が、森友・加計疑獄に加えて、アベトモ山口敬之氏や政界・官僚などの関与などが疑われているスパコン詐欺事件についても追及していく姿勢を見せた。

・その中で辻元議員は「もりそばと、かけそばだけだと思っていたら、スパゲッティまで出てきた。”もり・かけ・スパ”だ」と語り、ネット上で様々な反応が起きている。

「もり・かけ・スパ」追及=辻元氏

立憲民主党の辻元清美国対委員長は8日午前、森友・加計学園問題に加え、スーパーコンピューター開発会社による詐欺事件についても政府を追及していく考えを記者団に示した。辻元氏は「もりそばと、かけそばだけだと思っていたら、スパゲティまで出てきた。もり・かけ・スパだ」と語った。

【時事通信 2017.12.8.】

 

にゃは~!!辻元議員しゃんが面白いことを言ってるにゃあ!
安倍政権を取り巻く疑獄事件は、見事に麺類ばっかりだにゃ!

相変わらずTwitter上には、ネット工作員が総動員で「生コンがどうのこうの」と辻元議員へのデマや妄想に基づいた誹謗中傷で溢れかえっているけど、スパコン詐欺事件を詳しく調査しようとしている野党に対して、「また野党はどうでもいいことを追及しようとするな!」と騒ぐ連中が続出している。

このネット上の現象(世論誘導の動き)は当初の森友・加計疑獄ともそっくりだし、逮捕された斉藤社長は山口敬之氏のみならず、様々な永田町での人脈を持っていたそうなので、スパコン詐欺も、他の疑獄事件同様にかなり深い闇がありそうな予感がしているよ。

すでに表に出ている情報を見ても不可解な点が多いし、是非とも野党は「もり・かけ」に加えて「スパ」についても、気概のあるメディアとともに情報収集と調査を進めていって欲しいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket