【反撃】「エルサレムを首都に」宣言で世界から非難殺到のトランプ大統領が、歴代米大統領(クリントン、ブッシュ、オバマ)の同内容の発言を紹介!

Pocket

どんなにゅーす?

「エルサレムをイスラエルの首都として認める」と発言し、世界の首脳から非難が集まっているトランプ大統領が、クリントン、ブッシュ、オバマの歴代米大統領が同様の内容を発言しているシーンを紹介し、世界で話題になっている。

・トランプ氏は「私は公との約束を守った、しかし、他の大統領は守らなかった」とツイートし、過去の米大統領もシオニストへの賛辞をしていた事実を訴えている。

スポンサーリンク

出典:Twitter(@realDonaldTrump)

<08米大統領選挙>オバマ氏「エルサレムはイスラエルの首都」

中東・欧州を歴訪中のバラク・オバマ(Barack Obama)米上院議員は23日、イスラエル南部スデロト(Sderot)で、エルサレム(Jerusalem)はイスラエルの首都だとする立場をあらためて表明した。

オバマ氏は「わたしはエルサレムがイスラエルの首都になると言い続けている。過去にもそうした発言をしたことがあるし、今後もそうだろう」と述べる一方、最終地位問題は交渉で決められるべきだと語った。

エルサレムを「不可分の永遠の首都」とするイスラエルの主張は、米国を含む国際社会からは承認されていない。

【AFP 2008.2.24.】

スポンサーリンク

過去にあのオバマ氏も「エルサレムはイスラエルの首都だ」と公式に発言しているも、トランプだけが世界の首脳&マスコミから集中砲火を浴びている”不可解”

トランプさんが「エルサレムをイスラエルの首都に認定する」って発言したことが世界中の首脳やマスコミから多くの非難が殺到(日本だけは除く)しているのを受けて、これに強く反論する動画を投稿したわ。
確かに、この動画を観ると、歴代の大統領もトランプさんと同じような発言をしているし、上の記事のようにオバマさんによる「シオニズム礼賛発言」を報じているAFPの記事も見つかったわ。

確かに、オバマもトランプと同じように「エルサレムをイスラエルの首都に認定すべき」とはっきり言っているのに、トランプだけが集中砲火を浴び、逆にオバマは(トランプと比較しつつ)世界中で彼の”偉業”を声高に礼賛する報道が続いているというのは、実に奇妙な現象だね。

こう考えると、やはりトランプによる「シオニズム礼賛」は、その他の歴代大統領とはやや異なる質を持つものであることが予想される。

この記事でも、実質的にグローバル金融社会や中央銀行制度に基づく欧米国家(日本や韓国も)は、いにしえより通貨制度を牛耳ってきたユダヤ勢力による強い支配を受けている実情に触れたけど、つまり、クリントンやブッシュやオバマによる「ユダヤ礼賛」は、「本当の意味でのユダヤ礼賛」である可能性がある一方で、トランプによる「ユダヤ礼賛」は、やや別の目的「ユダヤを懐柔したい目的でのユダヤ礼賛(ごますり)」である可能性があるってことじゃないかな。

ってことは、クリントンやブッシュやオバマさんは、生粋のシオニストである可能性がある一方で、トランプさんは実際は「シオニストの敵」であって、彼はシオニストではない可能性が高いってことかしら。
なんだか、とってもややこしいことになってきた感じがするわね。

そもそも、シオニストやユダヤ人の定義というのも、「ユダヤ教(ないしはそこから派生したといわれる別の宗教)を信奉しているかどうか」という、外部からも非常に分かり辛く、曖昧すぎるものだからね。
さらにいえば、ユダヤの中にも正統派ユダヤ人とそうでないものがいるようで、ロスチャイルドをはじめとしたイスラエルを中心に欧米諸国で実権を握っているユダヤ勢力は、「偽ユダヤ」とも呼ばれる、1%の中の1%ともいわれる”異質”なユダヤ勢力であるとも言われている。

どちらにしても、このように過去の米大統領もシオニズム礼賛をここまで表明しているにもかかわらず、トランプだけがここまで方々から非難を浴び、尚且つトランプが過去の大統領の同様の発言を紹介してもこれを一切マスコミが取り上げないというのは、どうも色々と裏がありそうな感じだ。

トランプさんは、あえてこうした投稿をすることで、現在の(シオニストに支配された)マスコミ報道の矛盾を暗に暴いている可能性が考えられるし、トランプさんのこれらのパフォーマンスの背後には、今でもバノンさんの息がかかっているのかもしれないわね。

相変わらずトランプさんの周りには、でっち上げを含めた「トランプ失脚」の謀略が蠢いているようにも見えるし、トランプさんをとりまく動きは今後もよく見ていく必要がありそうね。

そうだね。
マスコミとトランプ陣営による「騙し合い」の様相も呈してきているように見えるので、ボクたちも事の本質をしっかりと見極めていきたいところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket