【騒然】トランプ大統領が「安倍総理からノーベル平和賞に推薦された」と暴露!海外メディアも大きく反応!「この話は本当なのか」との声も

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月15日、トランプ大統領がホワイトハウスでの会見の場で、「安倍総理がノーベル委員会にトランプ氏を推薦する手紙を送っていた」ことを暴露。自身の元に安倍総理による推薦状の写しが送られてきたと明らかにした。

トランプ氏は、安倍総理から「日本を代表し、あなたを平和賞に推薦する」とメッセージを受けたことを明かし、「最も美しい5ページの手紙だ」と称賛した。

・このトランプ氏の「暴露」に対し、世界中のメディアが大きく反応しており、安倍総理の対応を問題視する声が噴出。さらには、トランプ氏は韓国の文在寅大統領と間違えているのではとの声も出ており、国内外で大きな物議を醸している。

トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

~省略~

トランプ氏は同日、ホワイトハウスでの記者会見で、政権発足前は「戦争突入目前だった」対北朝鮮関係が、「現在はミサイル発射や核実験もなくなった」と外交成果を強調。そのうえで、「安倍首相から、彼がノーベル賞委員会に送ったすばらしい書簡の写しを渡された。『日本を代表しあなたを平和賞に推薦する』とのことだった」と述べた。

トランプ氏は、推薦理由を「日本上空をロケットやミサイルが飛ばなくなり、警報も鳴らなくなったからだ。日本国民は安心を感じている。私のおかげだ」と説明。「自分が受賞することはないだろう」と予想する一方、安倍首相による推薦状は「最も美しい5ページの手紙だ」と上機嫌で語った。

~省略~

【毎日新聞 2019.2.16.】

トランプ氏「ノーベル賞」発言に世界で驚きの声 安倍首相の巧妙な外交術か、文氏と間違えたのか…

~省略~

2018年のノーベル平和賞をめぐっては、米朝首脳会談の実現などにより、米共和党の下院議員らが候補としてトランプ氏を推薦、また韓国の文在寅大統領も、南北首脳会談直後に「トランプ氏が受賞するべき」との考えを示したことで知られる。しかし、安倍氏による「推薦」の存在はこれまで知られてこなかった。それだけに、トランプ氏の発言は各国のメディアで大きく報じられた。

茂木健一郎氏、皮肉っぽく「すばらしい一手」
16日16時の時点で日本政府側から、この件についての言及がないこともあり、国内ではそもそもの真偽をいぶかる声、あるいは戸惑いの声が強い。前東京都知事の舛添要一氏はツイッターで、

「トランプ大統領によると、安倍首相がノーベル委員会に書簡を送り、ノーベル平和賞に大統領を推薦したそうだ。北朝鮮との対話を評価してとのことだという。本当なのか」
と困惑気味につぶやく。一方、脳科学者の茂木健一郎氏は、

「安倍さんがトランプさんをノーベル平和賞に推薦したのは、トランプさんの気分を良くして日米関係を安定化するすばらしい一手。ノーベル賞の活用として画期的に新しい。次なる一手として、紅白歌合戦に出場していただいたらどうか。トランプさんの気分を良くするために日本ができることはまだまだある」
と、皮肉っぽくツイートした。

米国でも、さまざまな意見が出ている。一定の評価を示したのは、朝鮮半島情勢に詳しい米国の元外交官、ミンタロー・オバ氏で、「もし本当なら」と前置きしつつ、「お世辞に弱いことがたびたび証明されている人物(=トランプ氏)に対しては、非常に巧妙な手だ」。

対して、米ワシントン・ポストは、上記のように文氏が過去に「トランプ氏に平和賞を」との趣旨の発言をしていることもあり、トランプ氏が安倍氏と文氏を取り違えて発言したのではないか、との見方を紹介している。実際、トランプ氏は過去にも、発言内容の「勘違い」が何度か話題になったことがある。

~省略~

【livedoorNEWS(J-CASTニュース) 2019.2.16.】

生粋の「トランペット」安倍総理がトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦!?思いもよらぬ暴露に世界が騒然!

出典:Twitter(@kentestu)

何かと米国内や世界を「お騒がせ中」のトランプ大統領ですが、今度は何と安倍総理からノーベル平和賞に推薦されたことを”暴露”し、世界が騒然としています。
世界のメディアからも、この信憑性に疑問を唱える声が出てきていますが、これは一体どうなっているのでしょうか?

日本も含めた欧米先進国の大手マスメディアは、今もなお「トランプ批判」で一貫している状況だけど、(世界の既得権層の嫌われ者である)「こんなトランプをノーベル賞に推すなんて…」と安倍総理の対応を問題視する声も出てきているようだし、「果たしてこの話は本当なのか?」と訝しがる意見もあるみたいだね。

…ていうか、トランプは安倍総理に対して「最も美しい5ページの手紙だ」とひたすら称賛しているけど、そもそも、本当に安倍総理のことを心から大切に思っているのなら、こんな形で暴露することはしないだろう。
つまりトランプは、こういう形で”暴露”することで、安倍総理に対するネガティブイメージを世界のメディアに報じさせている上で、「本当はどうなんだ?」と、安倍総理本人への事実確認と見解を問い質すような流れを作り出したといえる。

間違いなく、この話は国会で野党が追及していくだろうし、もし安倍総理が「これは事実です」と答えれば、世界的に非常に悪いイメージが浸透していく一方で、「これは事実ではない」と言えば、今度はトランプの顔に大きく泥を塗ることになり、トランプとの関係性に一気に亀裂が入っていくことになる。
どちらにしても、トランプのこの妙な”暴露劇”のせいで、安倍総理はかなりの”ダメージ”を負うことになるのではないかな?

なるほどです…!
このように考えてみると、トランプ大統領は、自らの功績を大きくアピールするとともに、安倍総理の世界的なイメージを大きく毀損させるような”仕掛け”を施したともいえそうですし、日本側がこれに対してどのように出てくるか、その反応を見極めようとしているのかもしれませんね。

恐らく、安倍総理は「本当のところはどうなのか?」との追及に対して、「コメントは差し控える」などのお茶を濁す対応をするのではと思われるけど、この両者は一見「蜜月」のように見えつつも、トランプが容赦なく安倍総理をどんどんいびっては、日本における隷米体制(麻薬のような激しい米国依存)を終わらせようとしているように見えるし、これまでも当サイトではそのような見立てをしてきた。

トランプは、(安倍総理と同類のような)「狂人」「おバカ」を演じつつ、かなりトリッキーな仕掛けを施しながら、(欧州貴族のネットワークによる)世界の既得権を壊す動きを繰り返しているし、複数の勢力による暗闘が水面下で繰り返されている中で、今後の日米の動きについて、より注意深く観ていく必要がありそうだね。

Pocket