■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【人殺し行政】東京都が「野戦病院(コロナ専門施設)設置」を今も全力で拒絶!在宅療養者がすでに3万人超、この先大量の「在宅死亡者」が発生するのが確実の中で!

【人殺し行政】東京都が「野戦病院(コロナ専門施設)設置」を今も全力で拒絶!在宅療養者がすでに3万人超、この先大量の「在宅死亡者」が発生するのが確実の中で!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京都の在宅療養者が3万人を超え、多くの専門家が「野戦病院(コロナ専門療養施設)」の設置を強く求めている中、都がこれらの要求を全力で拒絶している。

・このままでは大量の「在宅死亡者」が発生するのが確実の中、都の担当者は「医療資源があるのに、わざわざ、医療的に環境の悪い体育館に臨時病床をつくる必要性はない。検討する予定もありません」などとコメント”在宅療養”(患者の放置)に異常なまでにこだわる東京都の”不可解”な対応に、多くの批判や疑いの声が上がっている。

日医会も提案「野戦病院」なぜ設置しない? 東京都からの返答は“意味不明”だった

~省略~

■コロナ在宅患者3万人超

日本医師会の中川俊男会長は18日の会見で「大規模イベント会場、体育館、ドーム型の運動施設を臨時の医療施設として、集中的に医療を提供する場所を確保することを提案する」と語った。

西村経済再生相も17日の国会審議で「プレハブでもテントででも対応していくよう関係自治体の知事と取り組んでいきたい」と答弁している。

いますぐにでも臨時病床が必要なのが東京だ。在宅患者(自宅療養と入院等調整中)は3万人を超える。第5波で自宅療養中に死亡した人は7人。親子3人全員が感染して、40代の母親が死亡する悲劇も起きている。

■酸素ステーションは治療できない

都は「酸素ステーション」の体制整備を進めているが、酸素ステーションは医師や看護師はいるものの、投薬など治療は行われない。インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長はツイッターで〈酸素ステーション 残念だが意味がない。その前に投薬が必要。未治療で酸素だけをもらい、苦しむ場所にしかならない〉と疑問を呈している。

やはり、これ以上、自宅療養中の死者を出さないために「野戦病院」をつくるべきなのではないか。都に聞いた。

「東京都には豊富な医療資源があります。役割分担をして、必要な施設を整備しながら体制をつくってきました。宿泊療養施設での抗体カクテル療法をできるようにしたり、酸素ステーションの整備も進めています。いわゆる野戦病院のように患者を1カ所に集めてオペレーションするのが効率的との考え方があるのは承知しています。しかし、医療資源があるのに、わざわざ、医療的に環境の悪い体育館に臨時病床をつくる必要性はない。検討する予定もありません」(感染症対策部)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.8.19.】

やはり、「都民を大量に殺そうとしている」ようにしか見えない東京都の小池知事!(最も効率的で感染症対策の基本のキである)「野戦病院の設置」を今も全力で拒絶!

↓ジャパンハンドラーのグローバリストから強力な支援を受けていることで現在の地位に就くことが出来ている小池都知事。

出典:Twitter(@_yanocchi0519)

やはりこれは、東京都の感染大爆発は「起こるべくして起こった」とみるべきでしょう。
私たちも、安倍政権時の頃から「コロナ患者専門の医療(隔離・療養)施設を大至急出来る限り多く建設すべき」と一貫して指摘し続けてきましたが、ここまで自宅療養者が大量に溢れ返っている現在でもなお、ここまで全力で拒絶し続けているとは…

おまけに、東京都の担当者による「東京都には豊富な医療資源があります(だから必要ない)」との説明も完全に意味不明だし、要は、専門施設を全く建設しようとしないことに対する合理的な説明をすることがどうしても出来ないのだろう。
とても簡単に言ってしまうと、「東京都は、グローバル資本勢力による『日本国民大量虐殺政策』に全面的に協力している」ということであり、小池都知事にも(大親分である)ジョージ・ソロスやマイケル・グリーンらから相当強い圧力を受けているのだろう。

海外では、コロナ危機が勃発した当初から、各国で「野戦病院」を建設し、患者の隔離と効率的な治療などを徹底してきましたが、ここまで、専門施設の建設を全力で拒絶しては、意図的に自宅療養者を溢れ返らせ、わざと医療崩壊を引き起こしているのは、世界的に見ても日本くらいではないでしょうか?

「自宅療養」というのは、必然的に家族内感染を大きく促し、さらには重症化した際にも迅速な処置を受けることが限りなく難しいことから、本来「(感染症対応において)最もやってはいけない方法」であるはずだ。
しかし、現在この国がやっていることは、どんどん率先してコロナ感染症患者を自宅に閉じ込め、それにより家族内感染をどんどん後押しさせては、多くの国民の重症化や死亡を大きく促進させている状況だ。
この状況を見る限り、この国の行政(政府も自治体も)は「(グローバリストからの強い圧力により)『国民大量虐殺政策』を全力で推し進めている」という以外に適切な言葉が思い浮かばないし、まあ…実際その通りなんだろうね。

何から何までが、当初から私たちが一貫して警鐘を鳴らしてきた通りのことが起きてしまっているということですね…。
今回のニュースの件と言い、イベルメクチン投与の全力妨害と言い、全てが「(グローバリズムによる)国民大量虐殺政策」以外に説明が全くつかない状況ですし、このままでは、(グローバリストの狙い通りに)10万人単位の自宅療養者が市中に溢れ返り、かつてなかったような「悲劇的な事態」が起こってしまう可能性が非常に高いといえそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事