■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【うわぁ】N党立花孝志党首が、次期参院選で「山本太郎氏」を比例出馬させることを表明!太郎氏出馬の選挙区でも「2人目の山本太郎」を用意することも示唆!

【うわぁ】N党立花孝志党首が、次期参院選で「山本太郎氏」を比例出馬させることを表明!太郎氏出馬の選挙区でも「2人目の山本太郎」を用意することも示唆!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年4月15日、「NHK受信料を支払わない国民を守る党」(N党)の立花孝志党首が、今夏の参院選の比例代表に、れいわ新選組の山本太郎代表と同姓同名の山本太郎氏(47)を出馬させる方針を明らかにした。

・さらに、立花氏は、「私やNHK党の山本太郎に対して、れいわ新選組支持者からの攻撃が続くようなら、れいわ新選組の山本太郎さんと同じ選挙区でも2人目の山本太郎を公認する」とも宣言。立花氏が「複数の山本太郎氏」を用意することを示唆していることに、危機感を唱える声が上がっている。

NHK党が参院選で“山本太郎”擁立へ 立花孝志党首が「同姓同名」作戦を発動

NHK受信料を支払わない国民を守る党」(NHK党)の立花孝志党首(54)は15日、今夏の参院選の比例代表に山本太郎氏(47)の擁立する方針を固めた。この日、議員辞職を表明したれいわ新選組の山本太郎代表(47)とは同姓同名の別人となる。

~省略~

この会見を開いていた時点で山本氏が比例代表で立候補するとみていた立花氏は「参院選で山本太郎という人を出そうと思っていた。前回の参院選で山本太郎と書いたのは99万票もある。山本太郎の名前はめちゃ覚えやすい。太郎さんが辞職せずに参院選に突入したら〝山本太郎〟と間違って書く人が出てくる。ウチが(候補を)入れちゃえば全票来る」と秘密裏に〝山本太郎擁立プラン〟を温めていたことを明かした。

ただ、山本氏が比例代表から立候補すれば、同姓同名候補を擁立しても按分票となるためにメリットは少なく、幻プランとなるハズだった。ところが、山本氏は意外にも比例代表ではなく選挙区からの立候補で、同姓同名プランが復活した。

~省略~

【東スポWeb 2022.4.15.】

幸福の科学から資金援助を受けていることを明かしたこともあるN党立花氏が、早速れいわの躍進を妨害するための謀略をスタートか!?

出典:Twitter(@tachibanat)

れいわ・山本太郎さんが、多大なリスクを冒しながら衆院議員を辞職し参院選出馬を表明した中、早速これを妨害するための動きが激しくなっています
過去には(グローバルカルトの一つである)幸福の科学から資金援助を受けていることを明かしたこともあるN党立花氏ですが、今回の動きをみても、自公や維新と同じくグローバル資本勢力の傀儡組織の実態が強く疑われます

一見すると、与野党問わずにケンカを売りながら党勢拡大のための奇策を繰り返しているかにみえるN党だけど、やってることは結局のところ(「政治」そのものを面白おかしく茶化したりエンタメ化させながら)まっとうな野党の躍進を妨害したり、自公維新を利するための援護射撃を繰り返しているようにしか見えないね。

今回の「複数の山本太郎氏の擁立」パフォーマンスを通じて起こっていることは、れいわとN党を比較させながら「どっちもいかがわしい『構ってちゃん』泡沫政党」との印象を多くの国民に刷り込むことで、れいわのこれ以上の躍進を妨害する狙いがちらついており、これは、グローバル資本勢力や自公維新はもとより、旧態依然の野党にとっても非常に都合がいい流れだ。

やはり、予想していた通り、旧態依然の野党(やはりバックには既得権勢力やグローバリストの影)の支持者からも太郎さんの動きに対して非難や軽蔑の声が上がっていますし、今回の立花氏のパフォーマンスは、(「どっちもどっち論」など)彼らにとってもれいわを非難する上で恰好のネタになっていますね。

表面的には「既得権(NHK)をぶっ壊す」などと叫びながら与野党に対峙する姿勢を装っているものの、実際には日本の政治や社会秩序を破壊する行為を繰り返しているようにしか見えないし、「やはり今回も出てきたか」といった感じだ。
なんせ、このように、「複数の山本太郎氏」を擁立させて参院選を引っ掻き回せば、”不正な操作”を通じて本物の太郎氏を落選させても「N党の作戦が上手くいった」ということに出来てしまうし、不自然さをある程度誤魔化すことが出来るからね。
とにかくも、次の参院選においても(いつものように)不正な票操作が行なわれる可能性が非常に高いし、すでに「その布石」がしっかりと撒かれ始めているといえそうだ。

もはや「日本を徹底的に破壊するためには何でもあり」といった雰囲気になってきましたし、れいわのこれ以上の躍進を何としても防ぐために、(グローバリストによって)ありとあらゆる工作がこの先ますます激化していくことは言うまでもなさそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事