【キモすぎ】総裁選集会で高市早苗氏「ファイト・オン・シンゾー!!(3回)」→安倍総理本人はご満悦も、ネット上で吐き気を催す人続出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月3日、安倍総理の総裁3選に向けての決起集会が開かれたものの、その中で発生した高市早苗議員による「ファイ・オン・シンゾー!!(3回)」の結束を呼びかけるかけ声のパフォーマンスに対し、「気持ち悪すぎる」「ほとんどカルト」と、ネット上で嫌悪感を訴える声が続出している。

自民総裁選、安倍首相陣営が決起集会 代理出席含め346人

安倍総理と石破元幹事長の一騎打ちとなる自民党の総裁選に向けて、安倍総理の陣営が選挙対策本部を立ち上げました。決起集会には政権を支える大物議員がずらりと並び、結束をアピールしました。

「ファイト・オン・シンゾウ!ファイト・オン・シンゾウ!ファイト・オン・シンゾウ!」

都内のホテルで開かれた安倍総理陣営の決起集会。目指しているのは総裁選での「圧勝」です。

「選挙に楽な選挙はありません。最後の最後で大きく変わる場合もある。皆さん共に頑張ってまいりましょう」(安倍首相)

3日の集会には秘書などの代理出席を含め346人の出席があったということです。自民党の国会議員の8割以上にあたります。

「地元でも安倍さん支持が広がっている感じがする。この選挙戦、勝負はついたよ」(安倍陣営の幹部)

【TBS News 2018.9.3.】

高市氏による、カルト臭全開の”安倍賛美”!あまりの気持ち悪さに、言葉を失うネットユーザーが続出!

出典:TBS News

うわぁ…!!なんなのこれは…。
これはどう見ても、ほとんどカルト集団の領域だわ…。

こ、これはぁ…さすがの私もこれにはドン引きですぅ…。。。

ね、ボクもこの記事で「自民党はすでに正気を失っている」って言ったでしょ?

この画の何が醜悪かというと、前面に出てきて音頭を取る高市氏を筆頭に、安倍総理を取り囲む議員連中が、こうやって安倍総理をやんややんやと賛美さえし続けていれば、自分たちにやがて美味しいポストが回ってくることを知っていて我先にと安倍総理をこぞっておだてている「よこしまな考え」が見え見えだというところだ。

どうやら自民党支持層において、安倍総理の支持がどんどん伸びてきているみたいだけど、これも、そもそも自民党の支持層は大企業、資本家、既得権層などの「お金持ち」「社会強者」が圧倒的に多く石破氏が、思っていた以上に庶民に優しい政策を打ち出したことに嫌気を感じた自民支持層が、揃って安倍支持に回り始めてきた可能性が高い。

つまり、自民党の支持層は、元々一般庶民と利害関係が対立する立場にある人間が多く、さらには「自分さえ美味しい思いが出来れば、弱い人などどうなってもいい」という、社会貢献や福祉の観点が薄い人間が多いことが考えられる。

こうなると、世の中は必然的に「社会的に弱い人が一方的に虐げられるシステム」がどんどん加速していくし、まさに「お金持ちと貧困層」が強烈に分断される社会がかつてないまでに進んできていることを示しているね。

もう、安倍政権によって、この国が目に見えるように正気を失って、根底から全てのモラルが壊れてきているのを肌で感じるわ…。

ほんとに、日本そのものが気持ちの悪い宗教みたいになってきていますですぅ…。
ほんとに、どうすればいいのでしょうかぁ…?

とにかく、まともで正常な精神や社会的モラルを持っている人が地道に行動を続けて、一人でも多くの国民にこうした現実を認識してもらって、安倍政権の暴走を止めるしかないね。
絶対数からすれば、自民党支持者の「社会強者」と比べて、一般庶民の方が圧倒的に数が多いんだから、こうした、昨今の自民党の「異様なカルト性」に少しでも嫌悪感を感じた人は、ネットでもリアルの世界でも、怒りと抗議の意志をどんどん示して、(このサイトでも日頃から紹介しているけど)より多くの国民が、「いかに安倍政権が危険な存在なのか」をあらゆる側面から理解していくことが必要だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket