福島原発事故直後の首都圏で高い放射線量が計測されていた!福島の帰還困難地域の年間線量を大幅に上回る数値も!米政府が国内2万地点以上で計測!

Pocket

どんなにゅーす?

・2011年3月に発生した福島第一原発事故について、事故当時に米国政府が収集した2万地点を超える日本各地の放射線量の計測データをNPO「ニュースのタネ」が入手。これによると、首都圏において、事故直後において高い線量の放射線が計測されていたことが判明したという。

・中には、横田基地における4.9マイクロシーベルト/時など、現在でも立ち入りが制限されている福島県内の「帰還困難地域」における基準値・年間20ミリシーベルトを大幅に上回る線量が計測された地点もあり、改めて、福島原発事故で関東地方においても深刻な影響が及んでいたことが伝えられている。

福島第一原発事故で新たな事実 事故直後の首都圏で高レベルの放射線量が計測されていた

東京電力福島第一原発事故から7年半。事故直後からアメリカ政府が日本各地の2万件を上回る地点で放射線量を計測したデータがある。調査報道を専門にするNPO「ニュースのタネ」は、このデータを入手して分析に着手。その結果、事故直後の首都圏で極めて高い放射線量が計測されていたことがわかった。(鈴木祐太、山崎秀夫、立岩陽一郎)

データは、アメリカ軍とアメリカ・エネルギー省が日本の各地で行った調査の結果を記載したもので、現在も一部はアメリカ政府のウエブサイトに掲載されている。

そのデータによると、アメリカ政府は、事故発生直後の2011年3月12日から5月11日までの2か月間にわたってのべ22000か所で放射線量の調査を行っている。その場所は福島県や宮城県、茨城県にとどまらず、東京都や神奈川県などの首都圏一帯を含む広い地域だった。

調査対象は、土壌や大気中の放射性物質に由来する地上での空間線量や放射能濃度の他、航空機を使った浮遊粉じんの放射能濃度や核種分析などだ。

今回「NPOニュースのタネ」が分析したのは、3月12日から4月1日までについてのガンマ線についての約1万か所の数値だ。

その結果、政府が、被ばくの許容量としている0.23マイクロシーベルト/時を超える数値を示した場所は、6698件にのぼった。何れも空間の線量だ。

この0.23マイクロシーベルト/時は、国際放射線防護委員会(ICRP)が推奨している一般人の許容被曝線量である年間1ミリシーベルトを時間あたりに換算したものだ。

驚かされるのは、こうした許容量を超えた地点に、東京の中心部である東京港区のアメリカ大使館や東京都福生市のアメリカ軍横田基地、神奈川県の厚木基地などが多数含まれていたことだ。

特に横田基地では、3月14日に、4.9マイクロシーベルト/時の数値を計測していた。上記許容量の実に21倍だ。仮に、この数値を年間で浴び続あけた場合の被ばく量は42.9ミリシーベルトを越える極めて高いものとなる。ちなみに、福島県内で今も立ち入りが禁止されている帰還困難区域は年間20ミリシーベルト以上となっている。

勿論、これは一時的な数値であり、現在もこれだけ高い放射線量が計測されているということではない。また、この計測後の数日間に雨は観測されておらず、これらの放射線を発する物質が地上に蓄積されたとは考えにくい。アメリカ大使館は勿論だが、極めて高い数値が計測された横田基地でも、今は通常の活動に戻っている。

ただ、一時的なものでも懸念は残る。

このデータをダウンロードして保管していた元近畿大学教授の山崎秀夫氏は、次の様に指摘する。

「懸念されるのは放射性ヨウ素だ。これは子どもの甲状腺がんの原因となる。現在、福島県内では継続して調査が行われているが、このアメリカ政府のデータから考えると、同じ状況が首都圏でも起きていると考えられる。首都圏の子供は検査をしなくて良いとは考えにくい」

~省略~

【Yahoo!ニュース(立岩陽一郎) 2018.10.9.】

改めて、首都圏に高線量の放射線が計測されていたことが報じられる!ネット上では「何を今更」との声も…

出典:Wikipedia

2011年3月に発生した福島原発事故について、改めて、事故発生直後に首都圏にも高線量の放射線が計測されていたことが伝えられています
上記のYahoo!ニュースの記事によると、例えば東京・横田基地において、福島県の機関困難地域で定められている年間20ミリシーベルトをゆうに上回る、毎時4.9マイクロシーベルトが一時計測されたりなど、被ばくの許容量としている毎時0.23マイクロシーベルトを超える空間線量を示した場所は、6698件にものぼったとのことです。

まあ、あれだけ複数の原子炉で爆発が発生し、格納容器が破壊されたのだから、そりゃ首都圏にもそれなりの影響が及ぶのは想像に難くないことだよね。

ちなみに、ボク自身は、事故発生当時関東地方にいたんだけど、原発事故からおよそ1ヶ月程度経過したある日(11年4月20日頃)久々に車で都内に向かっていた途中に、妙に目が疲れ、運転が非常にし辛いことに気がつき、危うく目の前の信号を見落としそうになったことで、視野が異常に狭くなっていること、日の光や夜のライトが異常に眩しく感じられることに気がついた
その後1週間以上も同様の状態(車の運転に支障が出るほどに、視野狭窄や光の眩しさを感じる)が続き、眼科に行き一通りの検査を受けたところ、「原因不明」とのことで「疲れ目用」の点眼薬で様子を見るようにといわれ、言われたとおりに車の運転を控えてしばらく様子をみていたところ、徐々に症状が軽減し、1ヶ月半ほどで元の状態に戻った

当時はその「原因」について懸命に考えをめぐらせていたけど、恐らく、大気中に飛散した放射性物質が眼球の表面に付着したことで、一時的に何らかの異常が発生していたのではと考えているよ。

下記の公益財団法人・日本眼科医会のページによると、「眼の粘膜は皮膚よりも放射性物質を吸収しやすい」と書かれており、被曝によって白内障を発症する場合があると書かれていますね。

眼の粘膜は皮膚よりも放射性物質を吸収しやすいとされています。

生理的食塩水または水道水で、眼が傷つかないようにやさしく洗浄してください。

※その際、目頭を押さえて、鼻涙管から汚染水が鼻の中に入らないように注意します。
・まぶたに関しては皮膚への汚染と同様に扱ってください。
※中性洗剤と濡れガーゼでやさしく拭き取り、水で洗浄。
※あまり強くこすると皮膚のバリアが破壊され、むしろ皮膚内部に入り込む可能性があります。

時間が経過してから起こる影響として、線量が高い場合には数ヶ月、低い場合には数年の潜伏期を経て白内障が発症することがあります。

被曝した集団の1~5%において白内障が発症する最低線量(閾値)は急性被曝で2~10Gy、慢性被曝で0.15Gy/年程度といわれています。

~省略~

【目の健康(日本眼科医会)】

したがって、症状が発症した時期を考慮しても、やはり管理人さんを襲った原因不明の目の異常は、当時関東地方に降り注いでいた放射性物質が影響した可能性がありそうですね。

ボク自身が体験した症状を思い返しても、やはり、当時に首都圏にもそれなりの高レベルの放射性物質が飛散・蓄積されていたことを感じるし、ボクたちは、この先にこれらの放射性物質が影響する様々な健康問題について、一定の想定や考慮をしておく必要があるだろう。

どうも、ボクたち日本人は、色々なことをすぐに忘れてしまいやすい傾向が見られるけど、「3.11の悲劇」は現在進行形で確実に続いているし、福島のみならず、少なからず「ある程度の低線量被曝」をしている多くの日本国民も、自分たちの健康を守り、出来る限り様々な病気を防いでいくために、一人一人がより多くの被曝をしないための対策や対処を行なうことが大切なんじゃないかな。

政府やそこに繋がる勢力は、事故の矮小化とグローバル経済の維持のために「食べて応援」「風評被害」などのプロパガンダを全開にさせていますからね。
こうした権力側の様々な情報操作や世論誘導を盲信せずに、各自の想像力や感性を働かせることで、自分自身で自らの身を守っていく感覚を持っていくことがより一層求められるような、私たちにとってはますます厳しい時代になっていることを肌で感じています。

おススメ記事&広告

 
Pocket