【やはり】「即位パレード延期」は天皇陛下による強い意向!→安倍官邸は予定通り強行しようとするも、延期を決めた途端に「安倍総理の英断」にすり替え!

Pocket

どんなにゅーす?

・台風19号による被害が各地で深刻化していることに伴い、天皇陛下の即位パレード「祝賀御列の儀」が10月22日から11月10日に延期になった中で、安倍官邸は予定通りにパレードを強行させようとしていた中で、台風災害に深く心を痛めていた天皇陛下が延期を強く希望していたことが一部メディアで報じられた。

・そんな中、菅官房長官は、「首相から延期の方向で検討するよう指示があった。宮内庁と相談し、あくまで内閣として判断した」と説明し、安倍総理の英断で延期が決定したかのような情報を流布天皇陛下の意向を自らの英断にすり替えることで、自らの支持アップを画策する安倍官邸の”黒い思惑”が透けて見えている。

即位に伴う祝賀パレードは来月10日に延期へ

~省略~

政府は、憲法で定める国事行為として、今月22日に、天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」を行うとともに、祝賀パレードの「祝賀御列の儀」や、祝宴にあたる「饗宴の儀」を予定していました。

しかし、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことを受けて、政府は、被災地の復興・復旧対応に万全を期すなどとして、このうちの「祝賀御列の儀」について、およそ3週間延期し、来月10日に実施する方針を固めました。

一方、「即位礼正殿の儀」や22日から4回に分けて開く「饗宴の儀」については、予定どおり行うことにしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.17.】

即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPR

~省略~

宮内庁担当記者が語る。

「天皇陛下は台風19号の被害が明らかになった直後から、パレードの延期を主張されていたようで、15日の段階で宮内庁から官邸の皇室担当である杉田和博官房副長官に、陛下の意向が伝えられた。ところが、首相官邸は準備が進んでいることを理由にこの要望を一蹴、逆に陛下を説得するよう宮内庁に命じたんです」

実際、菅官房長官は15日の記者会見で、パレードの準備を「淡々と進めていきたい」と延期するつもりがないことを明言。翌16日の会見でも、開催の是非を問われて「昨日、私が申し上げた通り」と答えた。

~省略~

しかも、姑息なのは、17日、この延期決定を公表した際の安倍首相のやり口だった。まず、安倍首相が被災地訪問した際、同行記者団に「今回の被災状況を踏まえて延期する方向で検討している」と発言、これを受けて、菅官房長官が会見で「首相から延期の方向で検討するよう指示があった。宮内庁と相談し、あくまで内閣として判断した」と説明し、まるで安倍首相の「英断」のようなストーリに仕立ててしまったのだ。

~省略~

【リテラ 2019.10.19.】

突然のパレード延期の背景は、「天皇陛下による強い意向」に加え、台風災害による「警備役の警官不足」か?

天皇陛下の即位パレードについて、これまで「何が何でも強行開催」の姿勢を見せていた安倍政権が、突如11月10日に開催を延期する方針を決めました。
どうやら、天皇陛下ご自身が、予定通りのパレード強行について強い反対の意向を示されたようで、これを受けて仕方なく安倍政権が延期を決めた上に、「被災者に寄り添っている安倍総理の英断」と実態を捻じ曲げたうえで、国民に向けて安倍政権のプラスのイメージを流布している動きが出ているようです。

(安倍総理と違って)まっとうな良識を持ち合わせている天皇陛下が、今回の台風災害に激しく心を痛めていることは容易に想像がつくし、本来であれば、官邸と天皇陛下、宮内庁関係者がそれぞれで22日のパレードの中止を提案し合い、素早く決定させていくのが「あるべき姿」だと思うんだけど…パレードの中止を望む天皇陛下を安倍官邸がどうにかして説き伏せようとしている時点で、いかに安倍政権の連中が、国民の痛みや苦しみを理解しようとする気すらない「非常識かつ異常な感覚の持ち主」なのかがよく分かるね。

ちなみに、安倍政権が22日のパレード中止を決定した背景には、天皇陛下による強い意向があったのに加えて、各地の警察が台風災害の対応に追われている中で、予定通りに警備の人員を集めることが困難になっていることもあるようだ。
つまり、警備役の警官が不足するような事態がなければ、安倍官邸は、天皇陛下の意向を完全に無視した上で、あくまでパレードを強行していた可能性もあったということだろうし、やはり安倍政権は、台風災害によってたくさんの国民が困窮している実情や多くの国民の命が犠牲になっている事実すらも、まったく何とも思っていないということだろう。

こうやって、天皇陛下のご意向すらも簡単に踏みにじっては、「自らの英断」として国民に向けてPRしている始末ですからね。
これでもかというほどに、安倍政権の棄民性が露骨に表れてきていますし、すでに「大日本帝国の亡霊」が安倍政権の背後にはっきりと姿を見せてきているような事態になってきています。

安倍総理本人も「長州大日本帝国の末裔」そのものだし、この政権を強力に支えている支持母体(日本会議や統一教会をはじめとした「長州礼賛カルト宗教ネットワーク」)をみても、この政権は、日本国民を大量に虐殺することも厭わない「(長州テロリスト一族による)大日本帝国の亡霊政権」といって差し支えないだろう。

Pocket

 

 関連記事