【狂気】新宿駅で、人身事故で死亡の全盲男性を撮影する人が続出!ブルーシートの中にスマホを差し込む輩も!→撮影しないよう駅員がアナウンス!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月2日、JR新宿駅で全盲の男性が死亡する人身事故が発生した中で、この模様をスマートフォンで撮影しようとする人間が続出。撮影しないように駅員がアナウンスする事態が発生した。

・中には、ブルーシートの内側にスマホを差し込み、内部の様子を撮影する利用客も複数いたとのことで、ネット上では、日本の人々の「モラルの崩壊」を悲嘆する声が続出している。

新宿駅人身事故でスマホ撮影 ネット上で批判「いつからこんなにモラル低く」

JR新宿駅(東京都新宿区)で2日夜に起きた人身事故。視覚障害者の男性が死亡した現場そばのホームでは、スマートフォンで写真を撮影しようとする利用客がいて、駅員がアナウンスで撮影をやめるよう呼びかけたという。こうした事態にネット上では「いつからこんなにモラルが低くなったのか」などと批判が相次いだ。

死亡した男性は全盲の視覚障害者。現場では、救出作業のために覆ったブルーシートの内側にスマートフォンを差し込み、撮影する利用客が複数いたという。

~省略~

【毎日新聞 2019.10.3.】

SNSでバズるため!?ルールやモラルも無視して人の命や尊厳を踏みにじる人々が続出!

こ、これはあまりにも悲しくなってきてしまうニュースですぅ…。
人身事故で亡くなった方をスマホで撮影しようとすること自体信じられないような話ですけどぉ、しかも、わざわざブルーシートの中にスマホを差し込んで内部を撮影しようとする人まで続出してしまうなんてぇ。

ボク自身は今まで人身事故の現場に居合わせたことはないけど、最近は、事故現場の遺体の写真を面白おかしく撮影するような人間までいるのか
当サイトでも、昨今の「モラルが崩壊しつつある社会風潮」に警鐘を鳴らし続けてきたけど、まさしく、暗黙のルールやモラルも無視しつつ、人の命や尊厳をも軽視し、あらゆるものをゲーム・エンタメ感覚で捉えてしまうような、感性や想像力の劣化がかなりのレベルにまで進んできてしまっているように思える。

また、ネット上でも指摘する声があるけど、近年、動画サイトやSNSがかなり普及したことで、「バズりたい」「注目されたい」などの欲求が高まることで、反社会的な行動に走ってしまうケースも増えてきているように感じる。
例えば、誰でもどこでも簡単にカメラ・ビデオ撮影が出来るようになったことから、「リベンジポルノ」の問題も多発するようになったし、何かと便利な世の中になった分、これらの便利さと引き換えに、(電磁波の問題などもそうだけど)今までは存在しなかったような(「人間のネガティブな感情」が引き金となる)新たな問題が多く浮かび上がってきているね。

なるほどですぅ。
私たちの身の回りに様々な便利なデジタルツールが当たり前のように存在するようになったことで、本来私たちが持っているはずの理性やモラルなどの「ガード」が外れやすいような環境になったのかもしれないですねぇ。

大量のアクセスや社会の注目を集めることで、ネット上でお金儲けができるようなシステムが出来たことも、こうした「反モラルの行為」に拍車をかけてしまっているかもしれないね。
こうした時代こそ、より高い知性や良識を持ちながら、自らを制御し律していくことが大事だと思うけど、今や、人身事故の現場すら「エンタメ感覚」で捉えては、気軽に動画撮影をしてしまうような価値観を伴った社会になりつつあることに強い危機感を抱いているよ。

Pocket