■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【COVID19】政府専門家会議、「感染拡大防止は難しい」と結論!「封じ込め失敗」を事実上認める!国民に「人との接触避けて」とお願い!(感染した場合は”自己責任”に…)

【COVID19】政府専門家会議、「感染拡大防止は難しい」と結論!「封じ込め失敗」を事実上認める!国民に「人との接触避けて」とお願い!(感染した場合は”自己責任”に…)
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月24日、新型コロナウイルス(COVID-19)の国内感染拡大を受け、安倍政権の専門家会議が全日本国民に向けた提言を発表事実上、初期の封じ込めに失敗し、日本が本格的な拡大期に入ったことを認めた

・その上で、「拡大のスピードをいかに緩やかにし、重傷者と死亡者を少なく抑えるかが最大の目標である」との見解を発表。可能な限り「多くの人が集まる場所にいかない」「人と接近しない」「風邪のような症状が出た場合、医療機関に行かず自宅療養し、4日以上続いた場合は各都道府県に設置されている『帰国者・接触者相談センター』に連絡する」ように呼び掛けたものの、あまりに「国民任せ」かつ「責任逃れ」のずさんな提言に、国民から怒りの声が上がっている。

政府専門家会議の見解全文「完全な感染防御、難しい」

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が24日に公表した見解の全文は以下の通り。

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」

1.緒言

この専門家会議は、新型コロナウイルス感染症の対策について、医学的な見地から助言等を行うため、適宜、政府に助言をしてきました。

我々は、現在、感染の完全な防御が極めて難しいウイルスと闘っています。このウイルスの特徴上、一人一人の感染を完全に防止することは不可能です。

ただし、感染の拡大のスピードを抑制することは可能だと考えられます。そのためには、これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。仮に感染の拡大が急速に進むと、患者数の爆発的な増加、医療従事者への感染リスクの増大、医療提供体制の破綻が起こりかねず、社会・経済活動の混乱なども深刻化する恐れがあります。

これからとるべき対策の最大の目標は、感染の拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことです。

~省略~

2.日本国内の感染状況の評価

~省略~

このウイルスの特徴として、現在、感染を拡大させるリスクが高いのは、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられます。我々が最も懸念していることは、こうした環境での感染を通じ、一人の人から多数の人に感染するような事態が、様々な場所で、続けて起きることです。

3.これまでに判明してきた事実

(1)感染者の状況

~省略~

(2)感染経路などについて

~省略~

(3)PCR検査について

PCR検査は、現状では、新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法であり、必要とされる場合に適切に実施する必要があります。

国内で感染が進行している現在、感染症を予防する政策の観点からは、全ての人にPCR検査をすることは、このウイルスの対策として有効ではありません。また、既に産官学が懸命に努力していますが、設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできません。急激な感染拡大に備え、限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要があると考えます。

なお、迅速診断キットの開発も、現在、鋭意、進められています。

(4)医療機関の状況

首都圏を中心とした医療機関の多くの感染症病床は、ダイヤモンド・プリンセス号の状況を受けて、既に利用されている状況にあります。感染を心配した多くの人々が医療機関に殺到すると、医療提供体制がさらに混乱する恐れがあります。また、医療機関が感染を急速に拡大させる場所になりかねません。

4.みなさまにお願いしたいこと

この1~2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際であると考えています。そのため、我々市民がそれぞれできることを実践していかねばなりません。

特に、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。ただし、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご相談下さい。

●風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

また、症状のない人も、それぞれが一日の行動パターンを見直し、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされるような環境に行くことをできる限り、回避して下さい。症状がなくても感染している可能性がありますが、心配だからといって、すぐに医療機関を受診しないで下さい。医療従事者や患者に感染を拡大させないよう、また医療機関に過重な負担とならないよう、ご留意ください。

教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。それぞれの活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください。

以上

【日経新聞 2020.2.24.】

専門家会議からの提言の要点「丁寧なウイルス検査はできない」「熱が出たら病院行かずに自宅にこもって」「国民みんなで努力して爆発的感染抑えよう」

出典:NHK NEWS WEB

ついに、日本政府の専門家会議が、事実上、安倍政権が初期のウイルス封じ込めに失敗したことを認めたけど、一体何なの?このあまりにも「国民任せ」のいい加減な提言は!?
新型コロナの正確な感染状況を把握することすら完全に放棄したも同然ですし、つまりは、こうした「お願い」を十分に守らなかった「国民の自己責任」っていう方向にもっていこうとしてるってことねっ!!

さすが、棄民性”1000%”の安倍政権だ。
自分たちがわざとウイルスを日本国内に拡散させたも同然なのに、その責任を全く負わないどころか、後の残りはもっぱら「国民任せ」ってことか。
確かに、こういった形で「お願い」だけにとどめておけば、万一爆発的感染になっても「お願いを守らなかった国民のせい」ってことにできるし、さらには、正確な感染者数を闇に葬ることもできるし、まさに安倍政権にとっては「一石二鳥」だ。

「今こそが、爆発的感染を防ぐかどうかの瀬戸際」と言っておきながら、相変わらずこんなユルユル対応をしていては、感染スピードを出来るだけ遅くすることなんて不可能だし、万一おびただしい数の国民が新型コロナに感染し、重傷者・死亡者が大量に発生した暁には、徹底した隠蔽や捏造工作が行われることだろう。
そして、本当に「第二の武漢」になった場合には、それこそ、完全なる医療崩壊と経済活動の停止に見舞われ、これまでズルズルと進行していた日本の衰退・劣化が一気に急加速、完全なる「日本沈没」となるだろう。

すでに、甚大な経済打撃を免れるのは100%不可能となっている中で、もちろん、中国からの渡航者は完全ストップ、その上で、一定程度の痛みを覚悟してでも、学校から企業・交通機関に至るまで、あらゆる人の移動や集会をストップさせる段階になっているのではないかな。

まさか、こんなあっという間に日本壊滅の危機がやってきてしまうなんて…。
あと1年でも早くに安倍政権を終わらせることが出来ていれば…ここまでとんでもない状況にはならなかった可能性が高かったんじゃないかしら!?

まさに、文字通り、日本国民が安倍総理と心中してしまいそうな展開になってきたね。
この期に及んで、「国民の命よりも経済」を優先してしまうこの国の冷血さと、やはり、あくまで「自分の命よりも会社・権力者の利益」を優先してしまう、恐ろしいまでの日本国民に根付く奴隷洗脳と、まさに、パンデミックに襲われる悪条件が全て揃ってしまっている感じだし、いやはや、この先一体どうなってしまうのか。

とにかく、一人でも多くの国民がこの危機的事態に気がつき、「自らの命を守る行動」を徹底してもらうことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事