■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東京五輪の人件費、パソナが「大量中抜き」か!?人件費は「1日1人あたり30万円」なのに、本人には「日当1万2千円」しか支払われず!→丸川五輪相「守秘義務で見られない資料がある(よく知らない)」

東京五輪の人件費、パソナが「大量中抜き」か!?人件費は「1日1人あたり30万円」なのに、本人には「日当1万2千円」しか支払われず!→丸川五輪相「守秘義務で見られない資料がある(よく知らない)」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月19日、立憲民主の斉木武志議員が東京五輪の人件費問題を追及「1日1人あたり最大30万円」との組織委の内部資料が存在しているにもかかわらず人材派遣会社のサイトで日当1万2000円程度でスタッフを募集していることを取り上げたうえで、「大量に中抜きが行なわれているのではないか」と批判した。

・斉木議員の追及に対し、丸川五輪相は「守秘義務で見せてもらえない資料がある」などと答弁し、官僚も実態をよく把握していないなどと主張。いつものように、竹中平蔵氏のパソナなどが不当な権限を振るっては、国民に隠された形で莫大な利益を搾取している疑いが強まっている。

「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が企業に業務委託する際の人件費単価について、丸川珠代五輪担当相は19日の衆院決算行政監視委員会で、「守秘義務で見せてもらえない資料がある」と述べ、担当閣僚でさえ詳細を把握できていない実態が明らかになった。立憲民主党の斉木武志氏が「見えない予算ではないか」と追及した。

~省略~

斉木氏は独自に入手した資料に基づき、「ディレクター」について、人材派遣会社のホームページで日当1万2000円程度で募集している一方、委託先への支払いの算出根拠となる人件費単価が最大20万円に上ると指摘。「95%も中抜きして業者に渡すのは放漫だ」などと質問した。これに対し、丸川氏は「国民に歓迎される五輪でないといけないので、組織委には透明性を高めるための説明を尽くしてもらいたい」と答え、組織委に説明責任を果たすよう求めた。

【毎日新聞 2021.4.19.】

↓求人サイトの中で、パソナが「時給1650円」で東京五輪のスタッフを募集。

出典:タウンワーク

(疑っていた通り)竹中パソナによる「東京五輪人権費大量中抜き」の実態が明らかに!丸川五輪相は「守秘義務」を盾にして情報公開を拒絶!

やっぱり、「そういうこと」だったみたいねっ!!
さすがに「日給30万円」なんて有り得ないと思ってたけど、なんと、その9割以上を竹中パソナが”ピンハネ”しようとしてた疑いが浮上してきたし、これ、むしろ暴力団よりもタチが悪いくらいだわっ!!

しかも、野党議員がその内情を追及したところ、丸川五輪相は「守秘義務がある」などと言い出しては、「自分たちもよく知らない」とばかりに詳しい情報公開を拒絶する有様だ。
あおいちゃんが言うように、これは暴力団よりもタチが悪い商売だし、言ってみれば、国民には「福島の復興」「きずなの証」などと美辞麗句を吹き込み、これらを口実に巨額の血税を吸い上げては、そのなけなしの血税の多くを竹中パソナに”上納”するという、史上最悪とも言える「詐欺ビジネス」とも言えるだろう。

おまけに、こうした詐欺の実態がバレそうになってきたら、「守秘義務」を盾に全てを隠蔽しようとしているのだから、この時点で、民主主義から最もかけ離れた「5流悪徳ペテン国家」としか言いようがないわっ!

言ってみれば、竹中パソナが自民党政権の”上”に君臨しては、ありとあらゆる公共の事業やイベントを通じてことごとくピンハネ・搾取しているという構図であり、さらにいえば、この腐った構図が大阪などの地方行政にまで着実に及んできているのが現状だ。
こんなトンデモな”詐欺スキーム”が横行する限り、国民が豊かになることなんて有り得ないし、一人でも多くの国民が「東京シロアリンピック」の実態をよく理解することに加えて、東京五輪やコロナ危機などを通じて「既存の民主主義システムが完全に終わる」ことを知り、全力で反対・抗議の声を上げていくしかないんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事