■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

れいわ・大石あきこ議員と橋下徹氏の裁判がスタート!橋下氏は欠席!傍聴席からは「ギャラがないから(法廷に)来ないのか」とのヤジも!

れいわ・大石あきこ議員と橋下徹氏の裁判がスタート!橋下氏は欠席!傍聴席からは「ギャラがないから(法廷に)来ないのか」とのヤジも!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年3月11日、橋下徹元大阪府知事が、れいわ新選組・大石あきこ議員と日刊ゲンダイを名誉棄損で訴えた裁判の第1回口頭弁論が開かれた

・大石議員は、「無罪請負人」との異名で知られる弘中惇一郎弁護士ら5人の弁護士とともに出廷したのに対し、橋下氏本人は欠席。弘中弁護士は「報道の自由は保障されるべきものだから、それを妨げたというなら最大の名誉棄損というのが彼の主張。橋下さんの挑発に乗って、いかに報道に対して問題ある態度を取ったかということを主張、立証していきたい」とコメントした。

橋下徹氏とれいわ・大石晃子氏の裁判がスタート 〝無罪請負人〟弘中弁護士も参戦

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が、れいわ新選組の大石晃子衆院議員(44)に対する日刊ゲンダイのインタビュー記事で名誉を傷つけられたとして、大石氏と同紙に300万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が11日、大阪地裁(菅野昌彦裁判長)で開かれた。

大石氏は〝無罪請負人〟としてしられる弘中惇一郎弁護士ら5人の弁護士とともに出廷。橋下氏は欠席した。傍聴人からは「橋下徹はテレビには出るけど、ギャラがないから(法廷には)来ないのか」といったヤジも聞かれた。

~省略~

弘中弁護士は「訴状がブラックユーモア過ぎる。報道の自由は保障されるべきものだから、それを妨げたというなら最大の名誉棄損というのが彼の主張。橋下さんの挑発に乗って、いかに報道に対して問題ある態度を取ったかということを主張、立証していきたい」と語った。

~省略~

【exciteニュース(東スポWeb) 2022.3.11.】

橋下氏による大石議員へのスラップ裁判、大手マスコミが徐々に報じ始めるも、いきなり橋下氏本人が欠席!

出典:大石あきこ

はぁ~?
大石議員を訴えた張本人がいきなり欠席なんて…一体何ごとかしら!?

弘中惇一郎弁護士をはじめとして、大石議員が予想を大きく超えるほどに優秀な弁護団を用意してきたことを受けて、急にまともにやり合う気を失ってしまったのかな?
いよいよ裁判が本格的にスタートしたことを受けて、徐々に大手マスコミがこの件を報じ始めてきたけど、橋下氏がいきなり欠席したことは、多くの人々にかなりのマイナスイメージを与えることになるだろうし、果たしてこの先どんな展開を見せていくのだろう。

こうした対応をみても、やっぱり、橋下氏本人は、本気で名誉を棄損されたなんて思っていない疑いが強いし、維新にとって邪魔なれいわを早めに潰しておく目的で、この裁判を起こした疑いが強そうだわ!

そうだね。
しかし、マスコミ報道によって国民間で橋下氏の印象が悪くなっていけば、彼らの”計画”は失敗に終わる可能性が大だし、今後も出廷しないなど不誠実な対応を続けた場合、橋下氏が敗訴する可能性が高くなってくるだろう。
一方で、れいわは”絶滅寸前”ともいえるほどの真性的な野党として、国民の生活を真剣に守るための政治活動を行なっているし、この裁判を通じて、より大石議員やれいわの支持者を増やしていくことが出来れば何よりなのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事