【警戒】西日本の豪雨、全国141万人に避難指示や勧告!九州や近畿の各地で氾濫や土砂崩れ、浸水相次ぐ!複数の死者や行方不明者も

Pocket

どんなにゅーす?

・梅雨前線の活発化に伴う西日本を中心とした大雨による被害が拡大しており、全国17府県141万人もの住民に避難指示や勧告が出される事態に発展している。

・すでに各地で氾濫や土砂崩れ、浸水が相次いでおり、複数の死者や行方不明者が出ていることが報じられている。

西日本で記録的大雨 141万人に避難勧告や指示

梅雨前線の活発化で6日も西日本の各地で記録的な大雨が降り続き、被害が相次いだ。午前5時半時点で、避難勧告や指示が全国17府県計約141万人に出された。西日本では新たに広島県安芸高田市で男性1人が死亡、京都府亀岡市と高知県香南市で計2人が行方不明になった。高知県では安芸川が氾濫(はんらん)。鉄道は多くの路線で始発から運転を見合わせた。

気象庁によると、6日朝までの24時間雨量は高知県の馬路村で629ミリ、香美市で7月の最多となる476ミリ。和歌山市では326ミリを記録した。滋賀県の長浜市、高島市、京都市右京区、大阪府八尾市などで観測史上最多を記録した。

広島県安芸高田市では増水した川に宮根和彦さん(59)が流され、6日午前5時50分ごろに見つかったが死亡が確認された。

京都府亀岡市の大路次(おおろじ)川では同日午前2時40分ごろ、軽乗用車が水没しているのが見つかり、50代の女性の行方が分からなくなっている。高知県香南市の香宗川でも午前5時ごろ、牛乳配達中だった男性が行方不明になっている。

総務省消防庁の6日午前7時時点のまとめでは、大阪府、兵庫県などで計38人が重軽傷を負い、床上浸水17棟、床下浸水200棟。

避難指示が出されているのは9府県の計約16万8千人で、うち京都、大阪、兵庫、奈良の4府県は計約15万8千人。避難勧告は16府県の計124万5千人。

高知県によると安芸市で安芸川が氾濫。栃ノ木東地地区の11世帯計24人が2階や屋根の上に避難し、自衛隊に災害派遣を要請した。

【朝日新聞 2018.7.6.】

命にかかわる危険な大雨 土日も続く

福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報

6日(金)午後6時半現在、福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報が発表中です。命にかかわるような災害がいつ起こってもおかしくない状況です。ただちに身の安全を守ってください。

そのほかの九州や中国、四国から甲信地方にかけても広い範囲で記録的な大雨となっています。降り続く大雨により、あちらこちらの川が氾濫危険水位を超えており、土砂災害の危険が高まっている所が多くあります。
日曜にかけて猛烈な雨のおそれ

8日(日)にかけても九州から関東甲信は断続的に激しい雨が降るでしょう。特に九州から近畿では猛烈な雨が降り、過去の大雨を大きく上回る大雨となるおそれがあります。川の水位がかなり上昇している所へ、また、地盤がたっぷり水を含んでいる所へ、さらに雨が大量に降るため、氾濫や土砂災害の危険度が増すでしょう。

【tenki.jp】

西日本各地に大雨特別警報が発令!かつてないまでの猛烈な豪雨による甚大な被害が各地で発生!

↓京都市左京区では、一頭の鹿が川に取り残されてしまう事態に…。

出典:京都新聞

西日本を中心とした大雨の被害が、かつてないまでに拡大しそうな勢いとなっています。
全国各地で17府県141万人もの住民に避難指示と勧告が出た上に、九州や中国、近畿地方の各地に大雨特別警報が発令された状況です。

すでに各地で甚大な被害が発生しているけど、京都の鴨川などをはじめ、各地の河川でかなり危険な水位に達しているようで、場合によってはさらなる大災害に発展する危険性が出てきている。
ボクの自宅周辺もにわかに雨が強くなってきているけど、また今年も、西日本を中心に深刻な水害と多くの被害者が発生してしまう可能性が高まってきているね。

大阪府はついこの前に震度6弱の巨大地震が襲ったばかりだし、深刻な天災が続いている状況だけど、どうか、特別警報が出されている現地の人々は、命を守ることを第一に、早めの避難や行動を取ることをお願いしたいと思うよ。

この先、8日日曜日にかけてまで断続的に大雨が降る見込みで、九州や近畿地方は、かつてないまでの猛烈な雨量を記録する予想も出ていますので、この先も最上級の警戒をお願いしたいと思います

おススメ記事&広告

 
Pocket