【一体なぜ…】西部邁氏の自殺を手助け(幇助)した疑いで東京MX関係者ら2人を逮捕!「先生の死生観を尊重して力になりたかった」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月5日、テレビなどにも度々出演していた評論家・西部邁氏の自殺を手助けした疑いで、警視庁捜査一課は東京MXテレビの子会社のディレクターを務めていた窪田哲学容疑者(45)と、西部氏が主催していた塾の塾頭を務めていた青山忠司容疑者(54)を逮捕した。

・両容疑者は容疑を認めており、「西部先生の死生観を尊重して力になりたいと思った」などと供述しているという。

警視庁
西部邁さん自殺ほう助容疑で2人逮捕 MX関係者

今年1月に自殺した評論家、西部邁(すすむ)さん(当時78歳)の自殺を手助けしたとして、警視庁捜査1課は5日、埼玉県上尾市富士見2、会社員、青山忠司(54)と東京都江東区福住1、会社員、窪田哲学(45)の両容疑者を自殺ほう助容疑で逮捕した。両容疑者は容疑を認めており、窪田容疑者は「先生の死生観を尊重して力になりたかった」と供述しているという。

同課によると、青山容疑者は西部さんが主宰する塾の塾頭をしていたことがあり、窪田容疑者は西部さんが出演していた東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の子会社の番組担当者だった。

逮捕容疑は1月21日未明、東京都大田区田園調布5の多摩川に西部さんを連れて行き、体にハーネスを装着させるなどして自殺を手助けしたとしている。

同課によると、遺体発見時、西部さんの体のハーネスと川岸の木がロープで結び付けられていた。西部さんは病気の影響で両手が不自由だったことから、何者かが手助けしたとみて捜査。同日未明に新宿区内で西部さんと一緒に歩く窪田容疑者の姿が防犯カメラに映っていた。

西部さんの遺書のうち1通は捜査関係者に宛てて「自分の意志による自殺です」という趣旨のことが書かれていたという。西部さんは4年前に妻を亡くし、自殺を口にするようになっていた。

【毎日新聞 2018.4.5.】

西部氏と深く交流していた関係者2名の逮捕に、ネット上でも衝撃と戸惑いの声

出典:YouTube

「事件性がある疑いがある」として警察が再捜査していた西部邁さんの自殺をめぐる一件ですが、なんと、彼の番組を担当していたディレクターと西部さんの塾頭を務めていた人物が逮捕される事態となってしまいました。

当サイトでも、他殺の可能性も見ながらこの事件を見守っていましたが…まさかこんな結末になってしまうとは

報道されている件が全て事実であれば、この事件は「内輪による自殺幇助の事件」だったということになるし、(西部氏を敵視していたであろう)安倍一派は関係なかったということになるね。
それにしても、素直に理解出来ない部分もあるし、どうしても首を傾げてしまうような不可解な点も多くあるのも確かだ。

もし、報道の内容や彼らの供述が全て事実なのであれば、懲役刑にかけられるような重い罪である自殺幇助の行為を信頼する仲間に頼み込む、西部氏の行動はボクには全く感心できない
逮捕された2人に対し、西部氏の長女が謝罪と後悔の念を表しているようだけど、西部氏の思想や死生観はやや前時代的なところがあり、ともすれば彼の支持者を含めて「宗教的な空気」を形作っていたように見受けられる。

彼らの供述を聞いてもそうした雰囲気を感じるし、こうした一種独特の思想や意識が、一般社会とはややかけ離れた行動を生み出してしまい、ボクたちも含めて、全く予測も理解もできない事態を引き起こしてしまったと見る。

どちらにしても、その自殺の方法もやや異様な感じがするし、メディア関係者が絡んでいた事件だけに、業界内でもかなりの衝撃が走っているのではないだろうか。

どちらにしても、非常に後味の悪い展開となってしまいましたね…。
西部さんは、国内の中では稀少なほどに、保守思想の観点から日本会議や安倍政権に強く警鐘を鳴らしていたお一人でしたので、そのような意味でもとても残念な思いです。

人知れず精神的にかなり深く病んでいたのかもしれないね…。
いずれにしても、ボクのような凡人にはおおよそ理解できない事件であるのは確かだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket