【なぜ?】NHKが「北朝鮮のミサイル、襟裳岬の東約2千キロ、海に落下と推定」と速報!→直後に”誤報”だったと謝罪!NHKは18年にも「北ミサイル誤報」の”前科”が…

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月27日午前0時22分頃、NHKが「北朝鮮のミサイル、襟裳岬の東約2千キロ、海に落下と推定」を速報を出したものの、そのおよそ20分後に「誤報」だったと謝罪。年末にかけて北朝鮮のミサイル発射が警戒されていた中での「壮大な誤報」に対し、ネット上が騒然としている。

↓金融系情報配信会社のフィスコも、NHKの速報に倣い「ミサイル発射情報」を発信。

2019年12月27日(金)00時32分
[NEW!]北朝鮮のミサイル、襟裳岬の東約2千キロ、海に落下と推定=報道

北朝鮮のミサイル、襟裳岬の東約2千キロ、海に落下と推定=報道
Powered by フィスコ

【ザイFX! 2019.12.27.】

↓後にNHKが速報で「誤報」だったことを報じる。

出典:NHK NEWS WEB

NHK、「北朝鮮ミサイル発射」と誤報 ネットのニュース速報で

NHKは27日午前0時22分、インターネットサイトなどのニュース速報で、「北朝鮮がミサイルを発射した」などとする誤報を出し、その後、テレビ放送で訂正・謝罪した。

~省略~

北朝鮮は、「クリスマスプレゼント」と称して、新たな挑発行為を示唆していたこともあり、ネットでは「プレゼント飛びすぎだろ」などという声が上がっていた。

【毎日新聞 2019.12.27.】

NHKが2018年1月に続き、またも、「北朝鮮ミサイル発射」を誤報!

↓2018年1月16日の朝日新聞の記事。

NHKが「北朝鮮ミサイル発射」と誤報 番組で謝罪

NHKは16日午後6時55分ごろ、「北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府“建物の中や地下に避難を”」という誤った速報を出した。

~省略~

全国瞬時警報システム(Jアラート)は出ておらず、テレビ画面での速報通知はなかった。NHKは5分後にアプリなどで「速報は誤りでした」「Jアラートは出ていません」などと訂正。午後7時のニュース番組でも、アナウンサーが誤報を謝罪した。

NHKによると、報道局の担当者が、別の速報ニュース項目を配信しようとしたが、「ミサイル発射」に備えて準備していた項目を選んでしまったという。

【朝日新聞 2018.1.16.】

あらあら。
年末にかけて北朝鮮の動きが強く警戒されている中で、NHKさんが特大の誤報をやってしまったわね。
「襟裳岬の東約2千キロ、海に落下と推定」って、(いろんな意味で)ずいぶんと遠くに「飛ばしてしまった」わね。

しかも、上の記事に出ているように、NHKは2018年の1月にも「北朝鮮がミサイル発射」との誤報を流しており、その後に謝罪する事態を引き起こしている。

当時のことを伝えている日経新聞の記事によると、「NHKによると、報道局の職員が別のニュース速報を配信しようとした際、誤って緊急時用に用意していたミサイル発射のニュースを流してしまったという」とのことだけど、どうやら、NHKは「何もない時」から、常時「北朝鮮がミサイル発射」とのニュース速報を用意しているらしい。

今回の誤報も、その「常時用意していた速報の一つ」なのかどうかは知らないけど、これまでも、「本当に北朝鮮はミサイルを発射しているのか?」とか「安倍政権と北との”茶番劇”では?」などの疑いの声が上がっていた中で、微妙に気になる情報だといえるだろう。
(それに、普通に考えれば、速報を発表する前に何かしらの「確認作業」があるはずなのでは思うけど…なんでこんな間違いが繰り返し起こってしまうのかも全く不思議だ。)

確かに、最近の安倍政権の「ズタボロ具合」を見ても、そろそろジョンウンさんが”助け舟”を出してもおかしくないような状況のような気がするわね。
今回は「訓練用の文章を誤って発信してしまった」って説明しているみたいだけど、NHKさんは、北朝鮮のミサイルネタに限って「何種類もストックを持っている」ということでいいのかしら?

これまでも、北朝鮮のミサイル発射のタイミングと安倍政権の不祥事発覚のタイミングが妙に一致しているとの声が多く上がってきた中で、ますます色々な疑いや憶測が飛び交うことになるかもしれないわね…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。