中曽根康弘元総理が死去 日航機事故など「日本の深い闇を知る男」が、その真相を語らずに永眠!ジャニー喜多川氏との”関係”も

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年11月29日、戦後の自民党政治における重鎮の一人だった、中曽根康弘元総理が101歳でこの世を去った

・中曽根氏は、太平洋戦争中に海軍の士官を務めた後、自民党の結成に参加し、20回連続で当選。国鉄や電電公社の民営化や、原発政策の推進、日米同盟の強化などに取り組み、戦後5番目の長期政権を築くことに。

・一方で、多くの謎や闇に包まれた「日航機123便墜落事故」の真相を握っている男としてもネット上などで多く取り沙汰されてきたものの、その真相を自ら語ることなく、ついにこの世を去った。

中曽根康弘元首相が死去 101歳

~省略~

中曽根・元総理大臣は、大正7年に、群馬県高崎市で生まれ、昭和16年に旧東京帝国大学を卒業し、当時の内務省に入ったあと、太平洋戦争中は海軍の士官を務めました。

そして、昭和22年の衆議院選挙で、旧群馬3区に、当時の民主党から立候補して初当選し、その後、自民党の結成に参加して、20回連続で当選しました。

この間、昭和34年に第2次岸改造内閣の科学技術庁長官として初入閣し、防衛庁長官、運輸大臣、通産大臣のほか、自民党の幹事長や総務会長などを務めました。

また、改進党に所属していた当時、被爆国の日本でも、原子力発電に向けた研究開発が不可欠だとして、原子力関係の予算案の提出を主導したことでも知られました。

中曽根氏は、当時の佐藤栄作総理大臣の長期政権のもと、三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫と並んで、いわゆる「三角大福中」の一角をなし、「ポスト佐藤」の候補として、党内の実力者のひとりに数えられるようになりました。

~省略~

中曽根氏は、行政改革などに尽力し、第2次臨時行政調査会、いわゆる「土光臨調」の土光敏夫氏と二人三脚で、「増税なき財政再建」に取り組み、当時の「国鉄」、「電電公社」、「専売公社」の民営化に取り組みました。

~省略~

中曽根氏は、政界引退後も、安全保障や国際交流のシンクタンクの会長を務め、内政や外交をめぐって積極的な発言を続け、みずからの心境を、「くれてなお命の限り蝉しぐれ」と詠んでいます。

とりわけ、憲法改正には強い意欲を示し、新しい憲法の制定を目指す、超党派の国会議員らでつくる団体の会長を務めてきたほか、おととし5月に出版した著書では、戦力の不保持などを定めた9条2項を改正し、自衛隊の存在を憲法に位置づけるべきだなどと提案しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.11.29.】

日航機墜落事故からジャニー喜多川氏との関係まで、戦後日本の多くの闇を知る男、中曽根康弘元総理が、ついに何も語らぬままこの世を去る!

戦後日本の自民党の重鎮として、かつての日本で強大な権力を誇った中曽根康弘さんが101歳でこの世を去ったわ。
中曽根さんと言えば、私の中ではなんといっても、(数多くの謎や闇に包まれた)日航機墜落事故のイメージが強いけど、ついにその真相を語ることなく亡くなってしまったわね。

日航機墜落事故については、これまで、様々な仮説や推論が語られては、その一方で、(ケネディ暗殺事件と同じように)様々な推論に対して「陰謀論」などと罵ったり嘲笑する動きが活発に行なわれてきたけど…数少ない生存者だった事故機の客室乗務員・落合由美さんの同僚で、日航機の元搭乗員の青山透子氏が、事故以降長きにわたって取材を重ねては断片的な情報を集め、2017年に「日航123便墜落の新事実」を上梓
これにより、現在は、「自衛隊による日航機への誤射&証拠隠滅のために自衛隊が生存者を殺害」の説が多く取り沙汰されるようになり、ボク自身もこの推論を基本的に支持している。

森永卓郎さんも、ラジオ番組でこの青山さんによる著書を支持した上で、中曽根さんが多くの真相を握っていることについてラジオで言及していたみたいね。
この他にも、中曽根さんは、当時の大日本帝国軍が従軍慰安婦の制度に基づく慰安所を作っていたことについて、自身の体験をもとに、「原住民の女を襲う」部下のために「苦心して、慰安所をつくってやった」との証言をしていたことも、私たちが忘れてはいけないファクターよね。

そして、中曽根氏と言えば、もう一つ、アンダーグラウンドなフィールドで語られてきたのが、ジャニー喜多川氏との関係だ。
当時、ジャニー喜多川氏による度重なるジャニーズ事務所に所属する少年への性的虐待についての告発が相次ぎ、国会でもこの問題が取り上げられたものの、これらの追及や告発を握り潰したのが、当時喜多川氏と濃厚な関係を持っていた中曽根氏だったといわれている。

つまり、日米同盟の強化や原発政策の推進、民営化推進の”はしり”など、”表向き”の日本の経済や安保において大きな影響力を発揮した以外にも、日本の”裏側”においても、様々な(負の)影響を及ぼし、現在の「超権力」を持つジャニーズ帝国の独裁化や、前例のない「国家的犯罪」を隠蔽することと引き換えにしたさらなる隷米主義の深化など、日本の「グローバリズムの深化」や「エセ民主主義システムの強化」などに大きく貢献した、(あまり良くない意味で)戦後日本において、永遠に語り継いでいくべき「非常に重要な人物」ということだ。

中曽根氏が行なった当時の政策は、安倍政権によって着実に引き継がれては、より「隷米主義」が急進的に深化してきてしまっているし、いずれにしても、彼が多くのことを語らないまま、この世を去ってしまったのはとても残念なことだといえるだろう。

改めて、明治以降から戦後に至るまで、「深く大きな闇」にまみれた日本の歴史を痛感してしまうけど…いつか、彼が墓場まで持って行ってしまった「多くの謎」が明らかにされることを願っているわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket