■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【どす黒国葬】安倍氏の国葬に「不正入札疑惑」!政府が「ムラヤマありき」で意図的に厳しい条件を設定した疑い!ムラヤマは安倍氏の「桜を見る会」でも入札前に内閣府と打ち合わせ!

【どす黒国葬】安倍氏の国葬に「不正入札疑惑」!政府が「ムラヤマありき」で意図的に厳しい条件を設定した疑い!ムラヤマは安倍氏の「桜を見る会」でも入札前に内閣府と打ち合わせ!
Pocket

どんなにゅーす?

安倍元総理の国葬について「不正な入札」が行なわれた疑いが浮上している。

・国葬の企画演出業務について「ムラヤマ」1社のみが入札し落札された中、事実上「ムラヤマ」しか入札できない厳しい条件を政府が設定したことが指摘されており、安倍氏の「桜を見る会」に続き、自民党が同社と癒着し不正な利益誘導を行なっていることを疑う声が上がっている。

【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明

国民の批判が鳴り止まぬ中、9月27日に安倍晋三・元首相の国葬が営まれる。この国葬の企画演出を受注したのが大手イベント会社「ムラヤマ」(本社・東京都江東区)だ。落札価格は1億7600万円。政府が概算総額16億6000万円と公表した国葬予算のうち、会場設営費(約2億5000万円)の大部分が企画演出などに使われる。

ちなみに同社は今年3月に日本テレビホールディングスに買収され、現在は日本テレビHDの100%子会社だ。このムラヤマの国葬受注については政治問題化した。

同社は安倍内閣時代に首相主催の「桜を見る会」を5年連続で落札、2017~2019年の会では、入札前に同社と内閣府の担当者が打ち合わせしていたことが発覚し、野党から「官製談合」と追及された経緯があるからだ。しかも、9月2日に行なわれた国葬の業者選定では、一般競争入札だったにもかかわらず、応募したのがムラヤマ1社だったことから、野党側は「事実上の随意契約」「政府が便宜を図ったのではないか」と批判した。

~省略~

ところが、週刊ポストの独自取材で、国葬の入札に重大な疑義があることが判明した。

~省略~

事実上「ムラヤマ」しか入札できなかった条件

具体的に見ていこう。内閣府の大臣官房会計課が行なった国葬の入札説明書の〈競争に参加する者に必要な資格に関する事項〉(入札資格)には、5項目が書かれている。

~省略~

ここまでは一般的な資格要件だ。問題は次の項目だ。

(5) 履行体制証明書を提出し、審査の結果入札参加を認められた者であること。

つまり、国葬の入札を希望しても、事前の「履行体制証明書」の審査にパスしなければ応募できないという規程である。入札説明書には、この「履行体制証明書」を8月29日正午までに内閣府の「故安倍晋三国葬儀事務局」に提出するように定めていた。

では、「履行体制証明書」とは何か。国葬の仕様書には式壇など会場の設営から、折りたたみ椅子や車椅子、急患用の簡易ベッド、布団セットなどの必要な備品と数量、要人のセキュリティ確保、国葬儀の企画演出、ビデオなどの記録作成についての要件が細かく決められている。

「履行体制証明書」はそうした国葬を準備し、履行できることを証明するもので、入札説明書に添付された「履行体制証明書」のフォーマットには、〈日本武道館内の設備等を速やかに確認できる指定業者のスタッフを確保し得ること〉〈警備業法第4条の規定による警備業の認可を受けていることの証明〉などと並んで、次のような過去の実績を書き込むように定めている。

〈過去5年以内に、皇族、内閣総理大臣、衆・参両院議長及び最高裁判所長官の全て又はこれと同等の出席があった式典等(要人等を含む1,000人以上が出席)における当該業務に類似する業務(企画・演出及び警備)を行った実績(1回以上)について〉

そのうえで念を押すようにこう書かれている。

〈内閣府は提出された履行体制証明書の確認を行い、その結果、確実な履行ができないと判断される場合、または履行体制証明書について虚偽の実績があった場合には、不合格とする〉

入札を認められるためには、過去5年以内に国家的な式典の企画・演出、警備を行なった実績が必要というものだ。この規定で、国葬の入札には、事実上、ムラヤマしか参加できなくなったと見ていい。

~省略~

内閣府故安倍晋三国葬儀事務局にこの問題について問い合わせたが、締め切りまでに回答はなかった。

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2022.9.23.】

安倍氏国葬入札はムラヤマ1社のみ 過去「桜を見る会」担当 「便宜図ってない」松野官房長官

松野博一官房長官は5日の記者会見で、安倍晋三元首相の国葬の企画・演出業務を、「桜を見る会」の会場設営業務を担ったイベント会社「ムラヤマ」が落札したことを巡り、入札に参加したのは同社1社のみだったと明らかにした。

同時に「事前の個別打ち合わせを含め特定の業者に便宜を図った事実は一切無い」と強調した。

ムラヤマは安倍氏が在任中に主催した桜を見る会で、入札前に内閣府と打ち合わせしていたことが発覚し、野党から批判を受けていた。

~省略~

【日刊スポーツ(共同) 2022.9.5.】

どこまでも闇深い安倍氏の国葬!東京五輪や大阪万博などとも同じく「仲間内同士の黒いカネ儲けイベント」の実情!

出典:Wikipedia

折しもエリザベス女王よりも安倍元総理の国葬費用が高額だったことに批判の声が噴出していますが、新たなる安倍氏の国葬における腐敗の内情が報じられました
上の記事を参照する限り、最初から「ムラヤマありき」で入札が行なわれた疑いが強いですし、「ムラヤマ」については、安倍氏の「桜を見る会」においても、入札前に同社と内閣府が打ち合わせを行なっていたことが発覚し、野党が厳しく追及した”前科”があります。

「桜」においても「ムラヤマありき」で何度も不正な入札が行なわれた疑いが強い中で、(性懲りもなく)ここでもまた重大な疑惑が浮上してきたね。
どうやらこの企業と自民党は古くから「持ちつ持たれつの関係」を築いてきたみたいだし、「ムラヤマありき」で不正な入札が行なわれたというよりも、もっといえば「ムラヤマを儲けさせるために安倍氏の国葬が強行決定された」ことすらも疑わないといけない
さらにいえば、ムラヤマに限らず、電通などの複数のお友達企業に国民の血税を吸わせるために国葬の強行開催が密室的に決まったことも疑われるし、ここまであらゆる”どす黒い疑惑”にまみれた国葬というのも世界を見回してもそうそうないのではないかな。

つまるところ、安倍氏の国葬を何としても開催したがっているのは、自民のお友達企業から反日朝鮮カルトの統一教会、そして、日本の既存の民主主義システムを完全に取り壊そうとしているジャパンハンドラーのグローバル資本勢力と、「ありとあらゆる分野の腐敗集団」というわけですね。
いかにも安倍氏の国葬らしいと言えばそれまでですが、なけなしの血税をこれら腐敗集団の利益のために注ぎ込まれてしまう私たち一般国民からすれば、たまったものではありません。

村上誠一郎氏が言っているように)まさに安倍元総理が真性的な国賊であることをよく示しているし、安倍一族が古くから反日朝鮮カルトと一心同体の関係を築き、グローバル支配層からの命令のままに日本の破壊と解体が行なわれてきた「総仕上げのイベント」が今回の国葬であるといってもいいだろう。
ただでさえ、食糧不足と円安地獄で日本国民が虫の息になりつつある中、ボクたちは最後の最後までこの「日本国家の死を祝う悪魔的祝祭」に全力で反対し続ける必要があるし、野党は(モリカケ桜、アベノマスクや東京五輪、大阪万博などと同様に)国葬における不透明なカネの流れやお友達企業への不正な利益誘導の疑いについて、今後も徹底的に追及していくべきだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事