【これが安倍政権】茂木敏充人づくり革命相、教育無償化の学生を政権側で”選別”する考えを示す!「実社会で評価されている大学に限定すべき」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月27日に開かれた「人生100年時代構想会議」の中で、茂木人づくり革命相は、安倍政権が公約に掲げていた教育無償化について、「産業界から人材を受け入れるなど実社会で評価されている大学に限定すべきだ」などと話し、実質的に教育無償化の恩恵を受けさせる学生を”選別”していく考えがあることを示した。

茂木担当相
無償化「大学を限定」 対象基準を検討

大学側は反発も

この日開かれた「人生100年時代構想会議」第2回会合の後の記者会見で茂木氏は、高等教育無償化の具体策である授業料免除や給付型奨学金の拡充の対象となる学生の進学先について「産業界から人材を受け入れるなど実社会で評価されている大学に限定すべきだ」と述べた。政府の担当者によると、講義の内容やガバナンス(統治)などが一定の基準に達していることなども考慮される可能性があるという。

会合では、高等教育無償化の対象を低所得層に限定し、勉学に集中させるため生活費を支援することも確認したが、具体的な金額や基準などは今後、議論するという。

一方、在学中は政府が授業料を全額負担し、卒業後に収入に応じて返済してもらうオーストラリアの高等教育拠出金制度「HECS(ヘックス)」をモデルとした「出世払い」方式の導入については、返済型奨学金の制度を見直す際に検討する。公明党が衆院選の公約に掲げ、安倍晋三首相が検討を表明した「私立高校の無償化」は議論されなかった。

【毎日新聞 2017.10.28.】

安倍政権が早速実質的に公約を反故に!政権の意向に沿った大学のみに無償化を導入させ、「安倍政権のためだけに動く”ロボット”」を大量製造!

出典:Wikipedia

選挙に大勝したのをいいことに、早速(予想通りに)安倍政権が約束を大々的に破り始めたみたいね!
これって結局、「安倍政権が求めるままに手足となって奉仕する学生以外は、教育無償化させないぞ」って言ってるようなものじゃないのよ!!

こりゃ早速、非常にマズイ状況になってきたね。
このように、教育無償化を導入する大学を限定させる動きを進めていけばいくほど、大学側は、深刻な少子化が進む中で何とか学生を集めるためにも、安倍政権の求めるままの教育カリキュラムや思想教育を導入せざるを得なくなっていくことは想像するに難くない。

そこから先は言うまでもないと思うけど、(大学側が強くこれに抵抗しない限りは)やがて大学側は安倍政権にひたすらひれ伏し、政権が求めるままの「ひたすら政権に尽くすロボット人間育成教育」を導入することとなり、最終的には、人間として当たり前のように持っている自立的思考や想像力、危機管理能力を徹底的に欠如させられた「ロボット人間」が日本中に大量に溢れかえることとなる。
こうなってしまうと、日本は近代民主国家としての体が破壊され、最後は文字通りに破滅に向かっていくことになるだろう。

これこそ、まさしく”悪魔的”な思想だし、すでに、かつての大日本帝国の悲劇の再来が着実に始まってきているとも言えるだろう。

し、しかも、こんなとんでもない思想を持つ政権に対して、10代や20代の若い人たちから70%近くもの支持率があるとの話もあるわ。
一体この世の中はどうなってしまっているのよ!?

「肉屋を支持する豚」やら「自殺に向かい続ける日本人」なんていう声もあったりするけど、このデータが本当なのだとしたら、すでに日本国内で思考力や想像力、危機管理能力を徹底的に奪われてしまった若者たちが大勢溢れかえっているということが言えるだろう。

つまり、安倍政権(とそれを操っているグローバリスト)が求めている「使い捨て型ロボット人間」は、すでに確実に生産されつつある状況であり、テレビやネットなど、無意識に開くと至る所に乱立している思考停止に導くための”有害情報”を何の躊躇もなく無防備に受け入れてしまっている人が続出しており、日々自らの脳を破壊し続けている若者たちが安倍政権の餌食にされつつあるということなのだろう。

全く恐ろしいことだけど、自らが進んで自民党に投票してしまったのなら、これはある程度どうしようもないことだし、今からでもようやく危機感を感じたのなら、全力で思考や行動を転換させて、この政権を終わらせるためのあらゆる方策を考えなければならないね。

と、とにかく、すでに教育問題をはじめとして、かつての「大日本帝国の悲劇の再来」が確実にスタートしてきていることは理解したわ…!
本当に恐ろしいことだけど、そんな自らを地獄に導いていくような安倍政権を若い人たちが強く支持していることが、何よりも恐ろしいことなのかもしれないわね…。

おススメ記事&広告

 
Pocket