【どうなる】自民党・森山裕国対委員長が「野党が内閣不信任案提出なら”解散”も選択肢」と異例発言!立憲・辻元議員「脅しか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月25日、野党の麻生財務相の更迭を求める”強硬姿勢”により国会の空転が続いている中、自民党の森山国対委員長が、「野党が内閣不信任案提出なら”衆院解散”も選択肢の一つだろう」と異例の発言を行なった。

・これに対して野党議員は猛反発立憲民主党の辻元国対委員長は「脅しか」と強い不快感を示した上で、麻生大臣の辞任や内閣総辞職が国会正常化のための条件であることを示した。

主な野党欠席のまま法案採決、自民から「解散」の言葉も

福田前財務次官のセクハラ疑惑などを受け、この1週間、野党側が審議に応じてこなかったことから、法案は実質的な議論がほとんど行われることなく、自民・公明などの賛成多数で可決しました。与党側が採決を急ぐ背景には、安倍政権が今の国会の最重要法案と位置づける「働き方改革関連法案」の審議入りを急ぎたいとの考えがあります。これに対し、野党側からは反発の声が上がっています。

「国会ではなくて、財務省と安倍政権が異常事態なんです。きちんとリセットしていただくと、それが審議を促進していくことにつながると思います」(立憲民主党 辻元清美 国対委員長)

与野党の対立が深まる中、自民・公明の幹部は25日朝、今後の国会運営について協議しました。審議に応じない野党側に対し、「解散」という言葉が出るなどいら立ちの様子も見せています。

「内閣不信任が出されれば、解散もひとつの内閣の選択肢なんだろうと」(自民党 森山 裕 国対委員長)

【TBS News 2018.4.25.】

自民・森山氏「不信任提出なら解散も」異例言及

自民党の森山裕国会対策委員長は25日午前、「(野党から)内閣不信任決議案が出されれば、衆院解散も内閣の一つの選択肢だ」と述べた。

国会での与野党対立が長引くなか、野党をけん制する狙いがあるとみられる。自民、公明両党の幹事長、国対委員長会談後、記者団に語った。

衆院解散は「首相の専権事項」とされ、国対委員長が言及するのは異例だ。別の自民党幹部は25日、「うちはいつ解散があってもいい」と強調した。

森山氏の発言について、立憲民主党の辻元清美国対委員長は25日午前、記者団に「脅しか」と不快感を示した。その上で、「不信任案は本当に必要な時に出す。今は政府・与党が(野党が審議拒否している)異常事態を正常にする努力を見ている」と述べた。

【読売新聞 2018.4.25.】

ついに、表立って自民党の有力議員から「解散」の二文字が…「安倍シンパ」と「反安倍」の思惑が党内で激しく交錯!

陰に陽に安倍政権による解散総選挙が噂されている中、ついに森山国対委員長から「解散」の二文字が発せられました

国会審議を実力行使で拒否し続けている野党に対するブラフの意味もありそうですが、何とも気になる動きですね。

政治評論家や有識者の間でも、「解散大いにあり得る」「いやいや絶対に有り得ない」と大きく二分化している印象があるけど、果たしてどうなのかな
現在のところ、ボクは「無し」の方向で予測しているけど、なんせ、憲法改悪に異様なまでに取り憑かれている安倍総理のことだからね…。

現実問題、北朝鮮情勢の歴史的な大激変をめぐって、米韓中露が外交に全力を傾けている中で、もし、日本だけが不祥事続きの安倍政権の「自己都合のためだけ」の解散総選挙をやらかせば、文字通りに日本の国際的なイメージが地の底まで墜ちては、いよいよ日本は世界から本格的に馬鹿にされ、ことごとく孤立する流れになるのは間違いない。

日本を徹底的に破壊し、国際社会から没落させる”もう一つの目的”があるのなら、安倍政権は「最大級の禁じ手」を繰り出してくる可能性もあるけど、すでに自民党内で二階幹事長がポスト安倍に向けて本格的に動き出した中で、果たしてこれを許すだろうか。

いずれにしても、実際に解散を繰り出すかどうかは、現在の自民党内での安倍総理の影響力によっても左右されるともいえるし、果たしてどうなるのかしばらく様子を見るとしよう。
(もし、グローバル規模で”安倍下ろし”が起こっているのであれば、解散選挙で大きく”自爆”する可能性も?

マスコミの論調や党内の断片的な情報を見る限り、すでに安倍政権はレームダックと化しているように見えますが、この安倍総理の異様なまでの「続投への執念」には驚かされますね…
今後も様々な情報が錯綜する状況が続くかと思われますが、注意深く政情をウォッチしていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket