「デマカルト演説」の自民・三原じゅん子氏、街頭演説で大ブーイング!「恥を知れ」「社会を汚すな」「帰れ」など、有権者から怒りの声噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月2日、安倍総理への問責決議案提出の際、野党に向けて「愚か者」「恥を知りなさい」などと罵倒する”カルト調演説”を行ない批判が集まっている自民・三原じゅん子議員が、東京・新宿での自民党の街頭演説に参加有権者から大ブーイングが飛び交う事態に見舞われた。

・三原議員は満を持して大トリで登場したものの、しばらくすると有権者から「恥を知れ」「社会を汚すな」「帰れ」などの怒りの声が噴出。デマを交えながら安倍総理をしきりに賛美した三原氏の演説が、党全体のイメージダウンに繋がる事態になっている。

三原じゅん子氏、街頭演説で「恥を知れ」ブーイング

~省略~

三原議員は大トリで登場したが、演説を始めて40秒が過ぎたあたりで、歩道から「恥を知れ」と大ブーイングが飛びかった。

~省略~

それが、逆に一部の聴衆の怒りの火に油を注いだのか「社会を汚すな」「新宿を汚すな」「帰れよ!」と怒号は強くなった。その中、三原議員は「いろいろな考えを聞かせていただく…これこそ、私たちが求めている民主主義であり、最高の場面を作っていただいていることに、本当に心からありがとうと申し上げたい」「もちろん、いろいろな意見があっていいんですよ」などと、やや声を大にして訴えたが「消えろ、消えろ」などと怒号は飛びかい続けた。

三原議員は7分弱、演説を続けたが、終盤には「恥を知れ。」と書かれたのぼり旗やボードまで突きつけられた。それでも、最後まで冷静に、笑顔で演説を終え、その場を後にした。【村上幸将】

【日刊スポーツ 2019.7.2.】

出典:Twitter(@miharajunco)

社会に大きな害を与えた「デマカルト演説」の三原じゅん子議員、国民から「恥を知れ」「帰れ」の手痛いブーイング!

私たちの日本社会に大きな害を与えた、悪質な「デマカルト演説」を披露した三原じゅん子議員(しかも、デマ拡散について、「多忙」を理由にここまで何の説明もなしとのこと)が、街頭演説で国民から「恥を知れ」「帰れ」の大ブーイングを受けたのが話題になってるわ!
ほんと、”あれ”は今まで見たことがなかったくらいの最悪な演説だったし、安倍総理へのゴマすりと自分自身の出世しか頭にないような三原じゅん子議員に、国民が本気で怒るのも当然だわ!

こりゃ、聴衆のみにゃさんGJだにゃ!
にゃこも、みんなと一緒に「かえれかえれ~~!」って叫びたかったにゃ~!

ほんとだったら、(自民党の利権に染まっていない)一般の庶民みんなで、一斉に「恥を知れ!」「二度と出てくるな」って声を上げるような事態だし、ほんとに自業自得としか言いようがないね。
(しかも、この演説会、動画を観るとあの青山繁晴議員の顔も見えるし、なかなかしょっぱい面々が集結してるね。)

今や、安倍政権下の自民党議員は、まさしく、安倍総理へのおべんちゃらと自分自身の出世・金儲けしか頭にないような、史上最低レベルの議員ばかりになってしまったし、これというのも、ボクたち一般国民が(1%のグローバリストによる長年の洗脳によって)政治への関心や興味を失っては、権力の不正や腐敗をチェックする意識を完全に忘れてしまったことのツケだ。

ネット上では、三原じゅん子議員に対する怒りの声が噴出しているけど、国民全体でみると、まだまだ現在の日本の危機的状況をよくよく理解できていない人が多数のように見えるし、「権力の不正や腐敗をチェックする」「おかしなことに対しておかしいと声を上げる」「選挙に足を運ぶ」といった、近代の民主主義社会に生きる国民として「ごくごく当たり前のこと」を思い出してもらうように、ボクたちももっと頑張っていかないといけないね。

ほんとに、この現状に気がついている人たちは「まだまだ」って感じよね…。
これまで起こってきた戦争だって、「気がついたときには手遅れの段階になっていた」せいで何度も悲劇が繰り返されてきたんだし、今度こそはそんな事態にならないように、私たちが今以上に積極的に行動を起こしていかないといけないわねっ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事