【こりゃアカン】安倍政権が通話アプリ「LINE」とマイナンバーを連携させる方針!ネット上では批判が殺到!情報漏えいが進む危険も

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、通話アプリLINEとマイナンバーを連携させて、行政手続きが出来るサービスを開始することが分かった。

LINEは韓国企業による通話アプリで、セキュリティ機能の脆弱さなどから以前より通話内容などが漏洩している可能性が指摘されており、安倍政権の今回の政策に対して多くの批判が殺到している。

独自:LINE 政府と行政サービス連携へ

無料通信アプリを展開するLINEが政府のオンライン行政サービスと連携することが日本テレビの取材でわかった。LINEの画面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようになる。

関係者によると、LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するという。LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスすることができる。LINEのユーザーがスマートフォンなどに読み取り機能をつけてマイナンバーカードをかざせば一部の行政手続きができるという。LINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込み。

マイナンバーカードはこれまで国民の1割程度の普及にとどまっており、政府はSNSとの連携で若者などにマイナンバーカードを広げたい考え。

【日テレNEWS24 2017.6.2.】

以前から多くのセキュリティ問題が指摘されてきたLINEとマイナンバーを連携!”嫌韓”安倍工作員は沈黙し、大量の批判が殺到!

えええ~~!?
あの、前から色んな問題が指摘されてきたLINEとマイナンバーが連携、ですかぁ?

確か、情報漏洩問題とか、色々言われていたような記憶があるんですけどぉ…。

うちのサイトでもだいぶ前にLINEの情報漏えい問題について紹介したけど、よく覚えていたね!

その通りで、LINEは韓国企業が開発したアプリで、実際にLINEでの通話やデータを韓国の国家情報院(前KCIA)が収集し、欧州で保管・分析されていたことが分かったというニュースも出ているくらいに、LINEはかなりセキュリティに危険な側面を持っているアプリであるといわれている。

ボクは、韓国の諜報機関が米CIAと直通しており、最終的にはLINEで得られたデータはCIAに横流しされていることを以前より疑っているけど、こう考えると、今回安倍政権がLINEとマイナンバーを紐付けようとしている背景が何となく見えてくるような感じがする。

ツイッターでも指摘している人がいるけど、これは共謀罪に備えた国民のパーソナリティーに関するデータ収集やネット監視社会への「下地作り」の可能性もあるし、この記事でも指摘したように、共謀罪は、やはりCIAとその上にいるネオコンや世界支配層が、安倍政権に導入を急がせているものである疑いがあるということだ。

うわぁ…てことは、マイナンバーも、共謀罪も、そして今回のLINEとマイナンバーが関連付けられる動きも、全ては一つに繋がっている可能性があるってことですねぇ。

その通り。つまりは、これら全ては国際金融資本を頂点とする世界支配層が、「地球規模の超監視社会」の実現のために、各国のグローバリスト政権にやらせている政策の一環である可能性があるってことだ。

特に、LINEなどの無料で便利な機能が利用できるアプリなどは要注意で、利便さやお得さ、流行などを謳いながら、不特定多数の市民に利用させることで、多くの市民のパーソナルデータを収集し、数々の分析や監視に利用している疑いがある。
ウィキリークスが暴露した「Vault7」でも、サムスンなどの韓国企業の製品にCIAによる録音や傍受などのスパイシステムが組み込まれていることが暴露されているし、今回の安倍政権によるマイナンバー普及に向けてのLINEとの連携の動きも、かなり怪しいものであると言わざるを得ないだろう。

なんだか、どんどん安倍政権が変な方向に向かってきている気がしまうですぅ…。
私たちが強く反対をしない限りは、いよいよ私たちのプライバシーが完全に筒抜けになるような世界がやってきてしまうような予感がしますねぇ…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事